音楽プロデューサーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

音楽プロデューサーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

現場でさまざまな指揮を取り、音楽制作の責任者として活動を行っている「音楽プロデューサー」。手掛けた曲がヒットして有名になれば高収入を狙えるといわれていますが、一般的な音楽プロデューサーの場合は一体どれくらいの収入を得られる仕事なのでしょうか?本記事では、そんな音楽プロデューサーの給与・年収についてご紹介します。

音楽プロデューサーの初任給

音楽プロデューサーの初任給は約18万円前後

音楽プロデューサーの初任給は、平均としては約18万円前後が相場となっています。どんな職業もはじめは収入が少ないものですが、手取りを考えると音楽プロデューサーの初任給は低めといえるでしょう。

しかし、どんな有名音楽プロデューサーも、はじめはこのような少ない収入からスタートしています。高収入を得るにはそれだけの音楽センスやスキルを持ち合わせているので、常に自分を磨いて業績を上げることが大切だといえるでしょう。

業績の少ない間は給与が低い

業績の少ない間は給与が低いため、安定した収入を得るのは難しいといえるでしょう。そもそも、音楽プロデューサーは長い期間の下積みを経て、なおかつ実績を残すことで初めてなることができる職業です。

そして、音楽プロデューサーとして満足できる収入を得るためには、音楽プロデューサーになってからの業績が関係してくるといわれています。そのため、上記でもお伝えしたようの収入アップを狙うのであれば業績を上げることが大切なので、1つひとつの仕事に努力を惜しまないことが重要なポイントになるでしょう。

音楽センスを磨けば収入アップに繋がる

音楽プロデューサーには高い音楽センスが求められるといわれ、音楽業界での下積みによってセンスが磨かれるといわれています。しかし、音楽センスのレベルは自分で判断できるものではなく、他人からの評価によって決まるものです。

音楽センスをさらに磨くことができれば、収入アップに繋がることでしょう。というのも、音楽プロデューサーの仕事は有名なアーティストの音楽制作だけでなく、スター性のある無名のアーティストを見つけ出すのも仕事の1つです。

デモテープやライブなどで気になるアーティストの楽曲を視聴し、可能性を感じることができればプロデュースして音楽制作を行います。音楽センスがあれば無名アーティストを人気アーティストへと育てることができ、CDの売り上げが上がればその分音楽プロデューサーの収入もアップします。

つまり、高い音楽センスを身に付けることができれば、世の中に人気アーティストをたくさん誕生させることができるので、収入アップに繋がるといえるでしょう。

音楽プロデューサーの平均給与

音楽プロデューサーの平均給与は約30万円前後

音楽プロデューサーの平均給与は、平均としては約30万円前後が相場となっています。音楽プロデューサーとしてある程度の業績を上げることができれば、安定した収入を得られるようになるので、頑張り甲斐のある仕事だといえるでしょう。

そのためには音楽センスを磨くことも大切ですが、音楽プロデューサーに最も大切なのはコミュニケーション能力です。一緒に仕事をする音楽関係者との信頼関係を築くことで、人気を集める楽曲の制作を行うことができます。

また、人気作品をたくさん生み出すことができれば業績アップにも繋がるので、上手くいけば将来的にはより高額な収入を得られるようになるといえるでしょう。

依頼を受ける件数によって収入が左右する

上記でご紹介した平均給与は一般的な音楽プロデューサーの給与額ですが、依頼を受ける件数によっては収入が左右されるため、人によっては平均よりも少ない収入になる場合もあります。

有名音楽プロデューサーであれば仕事を受ける件数は常に多いと思いますが、一般的な音楽プロデューサーの場合は時期によって仕事の依頼件数が減ってしまうことがあるようです。そのため、常時安定した収入を得るのは難しく、時には平均給与よりもかなり少ない収入になる可能性があるといえるでしょう。

業績を上げれば収入も上がる

安定した収入を得るためには、まず業績を上げることが重要なポイントになります。音楽制作を依頼する側は、人気の出る楽曲の制作を求めているので、当然業績の高い音楽プロデューサーに依頼することが多いです。

つまり、業績を上げれば安定した収入はもちろん、それ以上の収入を得ることが可能になるので、収入アップにも繋がるはずです。また、音楽プロデューサーとして成功すれば有名になるので、より高額な収入を期待できるでしょう。

音楽プロデューサーの平均年収

音楽プロデューサーの平均年収は約400~600万円前後

音楽プロデューサーの平均年収は、平均としては約400~600万円前後が相場となっています。ちなみに、日本の平均年収は約400万円といわれているため、比較すると音楽プロデューサーの年収レベルは普通~若干高めといったところでしょう。

ですが、ご紹介した年収は一般的な音楽プロデューサーの平均であり、業績が少ない場合は約200~300万円前後と年収レベルが一気に低下してしまいます。そのため、収入を安定させたい、高収入を得たいという方は、自分の音楽センスやスキルを磨いて人気作品を多く制作することが必須だといえるでしょう。

また、大手レコード会社などの音楽プロデューサーの場合、年収としては高めの600~800万円前後を得られるケースが多いようです。

有名な音楽プロデューサーになれば高収入を得られる

これまでにも何度か伝えしてきましたが、有名な音楽プロデューサーになることができれば、高収入を得ることができます。最低でも年収1,000万円は得ることができますし、中には億単位の年収を取得している方も少なくありません。

有名音楽プロデューサーとして有名な小室哲哉さんの場合、過去最高の所得は約23億円だったといわれています。また、作詞・作曲やアイドルグループのプロデュースを行う秋元康さんの場合、年収はなんと50億円以上になっているといわれています。

このような有名音楽プロデューサーの地位にたどり着くのは、誰にでもできることではありません。しかし、有名になれば一般的な音楽プロデューサーよりも高収入が得られる、または桁違いの収入を得ることができるようですね。

収入アップを目指すなら独立という道もある

音楽プロデューサーの多くは音楽業界での下積みを行い、実績が認められることでなれる職業なので、独立する力は十分に持っているといえます。また、音楽プロデューサーとして業績を残すことができれば知名度も上がるので、定期的に依頼を受けることができるでしょう。

収入面においては、フリーランスの給与は完全出来高制なので、1件の依頼で得られる収入が企業に勤めている方と比べて多いです。

どんな職業でもフリーランスで安定した収入を得るのはそう簡単なことではありませんが、成功すれば年収はいくらでも狙えるでしょう。

音楽プロデューサーの給与・年収まとめ

音楽プロデューサーの給与・年収レベルは普通程度

音楽プロデューサーの平均的な給与・年収レベルは日本の平均年収とあまり変わらないため、普通程度であることがわかりました。しかし、業績が上がれば収入がアップしますし、有名になれば桁違いの収入を得ることも可能です。

また、高収入を得る方法として独立という道もあるので、音楽プロデューサーとしての実績が豊富にある方は、フリーランスでの活動も視野に入れておくと良いでしょう。ですが、フリーランスで成功するのはそう簡単なことではありません。

そのため、たくさんの経験を積んで実績を作り、自分自身の知名度を上げてから独立することをおすすめします。

音楽プロデューサーへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

音楽プロデューサーの参考情報

平均年収250万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

音楽プロデューサーの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB