ボイストレーナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ボイストレーナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

発声や歌唱を指導するボイストレーナーになるには、一体どんなスキルな資格が必要なのでしょうか。発声や歌唱を指導できるほどの技術と知識、コミュニケーション能力などが必要となります。本記事では、ボイストレーナーになるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

ボイストレーナーになるには何が必要?

ボイストレーナーになるにはボイストレーニングの技術と知識が必要

ボイストレーナーになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずは発声や歌唱などを指導したいという情熱と他人に指導できるだけの技術と知識が必要です。

ボイストレーナーが担当するのは俳優から歌手、タレントやアナウンサーやナレーターなどプロの人から歌を上達したいと考える一般人まで様々です。

それぞれ職種によっても目的や声のジャンルが異なるので、それぞれに合わせた指導を行わなければいけません。ボイストレーナーの仕事にゴールはありませんが、熱意を持って指導したいという情熱があれば続けられるはずです。

コミュニケーション力がボイストレーナーの業務に役立つ

ボイストレーナーとして働くには分け隔てなく話せるコミュニケーション力も必要です。ボイストレーナーは会話をしながら指導していく職業だからです。

相手がどんな立場の人でもそれぞれの目的に合わせた指導をしなければいけません。良いところや直すべき点を会話の中で説明していきます。

時に指導が終わった後にもコミュニケーションを図ることで、生徒との絆が深まるでしょう。生徒との絆を深められればお互いの距離感も良い雰囲気で指導ができるようになるため、コミュニケーション能力は大切な要素となります。

体力も必要なボイストレーナーの仕事

ボイストレーナーの仕事は意外とハードなので、基礎体力があることも重要です。声を使うのは意外と体力を消耗します。レッスンごとに発声をして、生徒のお手本になるクオリティの声を保たなければいけません。

勤務先によっては早朝からボイストレーナーのレッスンが入っていることもあります。透き通った声を出し、指導をするためにも体が資本。自己管理をしっかりと行って、体調を崩さないようにしましょう。

絶対必要ではないがボイストレーナーに関する資格があるほうが有利

ボイストレーナーになるには何かの資格が必要という訳ではありません。資格を持っていれば一定の知識の証明になり、就職や給料の優遇の面でも有利になる可能性はあります。

高年収を目指す場合にも取得しておく方がおすすめです。ボイストレーナーとして働く人が取得する資格のなかで代表的なものは声優能力検定や発声指導者資格が挙げられます。

語学力でコミュニケーションの幅を広げる

ボイストレーナーになるのに英会話が出来ないとダメという訳ではありませんが、日常会話程度のコミュニケーションが取れると仕事の幅が広がります。

指導する生徒な日本人とは限りませんし、外国人相手にしっかりと発声について伝えられればボイストレーナーとして一歩成長することが出来るでしょう。ボイストレーナーとして語学に意欲を持つことは、プラスになると考えられます。

ボイストレーナーに向いている人、適性がある人

ボイストレーナーになるには、センスや性格的な要素も影響することが多いです。

気遣い力があることもボイストレーナーの適性のひとつ

ボイストレーナーに求められる適性として、まずは気遣い力があげられます。ボイストレーナーは多くの生徒を指導しなければいけません。その中で上手い具合に上達できずに伸び悩む生徒も多いでしょう。

そんな時はボイストレーナーとして相談に乗ることも良くあります。思いやりの気持ちを持って生徒の相談にも積極的に乗ることが出来る人はボイストレーナーの適性があると考えられます。

一人ひとりの個性と魅力を引き出せること

ボイストレーニングを利用する人は、趣味で楽しみたいと考える人から仕事としてプロを目指す人まで目的は異なります。上達する早さも個人差があり十人十色というほどに異なります。

ボイストレーナーとして全ての生徒に上達してもらう指導をしなければいけません。ボイストレーナーとして一人ひとりの個性と魅力を引き出せる人は適性があると考えられます。

イメージを表現できる力があるとベター

ボイストレーナーは発声や歌唱を指導する職業ですが、分かりやすいように伝えなければいけません。

ボイストレーニングに訪れる人は初心者で何も分からないという人も多いのです。その中で、自分のイメージをしっかりと表現して相手に伝える力があるとボイストレーナーとして適性があると考えられます。

日々学習が出来る人もボイストレーナー向き

ボイストレーナーが指導する内容は発声や歌唱だけではありません。細かくいうと音程の撮り方やリズム、呼吸法から喉のケアや使い方まで幅広いです。

ボイストレーニングの知識や技術がボイストレーナーとして必要になりますが、日々の学習によって身につけられるものです。流行によっても音楽のジャンルは変わり、世の中のニーズに合わせた学習もしておく必要があるでしょう。

向上心を持ってボイストレーナーに必要であろう技術と知識を学習出来る人はボイストレーナーとしての仕事に向いていると考えられます。

ボイストレーナーになるための学校

ボイストレーナーの基礎が学べる専門学校

ボイストレーナーになるには専門学校に通う人が多いです。職業柄、声を使うことが多く、専門用語も多く出てきます。

専門学校に通うことにより、ボイストレーナーとして必要な基礎知識を学ぶことが出来るでしょう。ボイストレーナーとして実践力も身につくという点もメリットです。

カリキュラムやサポート内容を比べて学校選びを

ボイストレーナーになるための専門学校は全国にあります。選択肢としては豊富で、学校によっては現役で働くボイストレーナーからの直接的な指導が受けられることもあります。

第一線で活躍するプロの指導を受けられれば、より現場に近い雰囲気を感じることができます。資格支援や就職支援が手厚い学校であれば、卒業後の進路の不安も少なくなるでしょう。

それぞれの学校によってカリキュラムやサポートの内容は異なります。自分の目指すべきボイストレーナー像に近づけるために比較し、学校を選ぶことが大切です。なお、日中は社会人として働いている人は夜間コースのある学校を選ぶと良いでしょう。

大学でもボイストレーナーになるための勉強が可能

ボイストレーナーになるために学校に通う選択肢としては、専門学校以外に大学に通うという選択肢もあります。音楽大学の声楽科などであれば、ボイストレーナーに関連した学びを受けられます。

修業を積みボイストレーナーになることも可能

ボイストレーナーになるには、専門的な学校で技術を学ばないといけない決まりはありません。現場で働きながらスキルを身につけるのも選択肢の一つです。

求人情報を検索すれば北海道から沖縄まで全国的に求人があり、場合によっては未経験でも採用される可能性はあります。最初から現場に飛び込むことはボイストレーナーとしてのスキルを早く身につけられるというメリットがあります。

ボイストレーナーになるには?まとめ

資格があればベター。まずはボイストレーニングに関する技術と知識を身につけよう

ボイストレーナーになるには、発声や歌唱を指導したいという情熱とボイストレーニングの技術と知識、どんなに仕事がハードでも続けられる体力が必要です。

加えて、日々学習する向上心やイメージを表現できる力がある人はボイストレーナーとして強い武器になると考えられます。

専門学校や大学でボイストレーナーとしての基礎知識を学んだり、声優能力検定や発声指導者資格を持っていれば就職にも有利になる可能性はあるでしょう。

ボイストレーナーの参考情報

平均年収250万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ボイストレーナーの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB