ファッションアドバイザーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ファッションアドバイザーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ファッションアドバイザーの仕事内容は、来店した顧客にたいしてファッションのアドバイスをして商品を販売する以外にも多くの業務をこなさなければなりません。今回は、ファッションアドバイザーが日頃どのような仕事をしているのか、どんな時に喜びや、やりがいを感じるのかについて解説します。

ファッションアドバイザーとはどんな仕事?

人が生活する上でなくてはならない服や装飾品。アパレル業界において煌びやかなイメージのある「ファッションアドバイザー」は大変人気のある職業です。おおまかな仕事内容や働く場所にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

衣服・服飾用雑貨を販売する

ファッションアドバイザーは来店した顧客に対して、顧客の要望を満たす衣服の提案や旬のトレンドを取り入れた着こなしなどをアドバイスしながら、商品を販売することが主な仕事です。

現在ではショップ店員との違いが曖昧になってきている傾向にありますが、ショップ店員は単純に商品を販売する仕事を指すのに対し、ファッションアドバイザーは顧客一人一人に対して見合ったコーディネートの提案やアドバイスを行います。

活躍の場はいろいろ

ファッションアドバイザーが活躍をする場は、衣服や服飾用雑貨を取り扱う店舗。個人経営の店はもちろんのこと、セレクトショップ・大手ファッションブランドが運営する専門店・高級紳士服や既製服を取り扱うブティック・デパートなどの百貨店にあるショップなどさまざまです。

店舗の中の一店員として働き続けることもありますが、経験を積むにしたがって責任者やオーナーの立場になることもあります。責任のある役職についたときは、店全体の売上管理やトレンドに準じた商品の入れ替えの決定権を持ち、店舗の存続に関わる重要な立場で仕事をします。

自分を磨く

店頭に立つファッションアドバイザーは、店舗のブランドの広告塔といっても過言ではありません。身につける衣服は全て自社商品であることが原則です。そのため、センス良く着こなしていないとブランドのイメージを損なう可能性がでてきます。

よって、ファッションアドバイザーは常に新しい情報を取り入れてセンスを磨き、自社商品の雰囲気にあった出で立ちで仕事をすることを求められます。また、服装だけでなく髪型やメイクも周りの雰囲気を壊さないように心がけ、清潔かつ服装の魅力を引き出すようなトータルコーディネートで仕事に従事します。

ファッションアドバイザーの具体的な仕事内容

ファッションアドバイザーは、顧客に対するアドバイスやコーディネートの提案以外にも色々な仕事があります。詳しく見ていきましょう。

来店したいと思われる店舗づくり

商品を販売するためには「あの店に入ってみたい」と思われるような店舗作りをする必要があります。新規の顧客を獲得するためにも、店舗の顔とされるウィンドウディスプレイを作ったり、店内を見やすいように商品棚のレイアウトの配置を考えたりしなければなりません。

またPOPの作成や、入りやすい店の雰囲気作りも重要です。さらに、これらの店舗づくりに加えて、顧客が「この店に来て良かった」と思われる丁寧で明るい接客も必要となるでしょう。顧客が手に取ったり試着したりした衣服などは再度綺麗に棚に戻し、常に清潔で見やすく美しい店舗作りを心がけることが大切です。

アドバイス・コーディネート

顧客に対するファッションのアドバイスやコーディネートは、ファッションアドバイザーの一番重要な仕事です。ファッションのアドバイスに必要なのは、顧客の要望をくみ取る力・美的センス・社交性など。

まずは顧客が何を求めているのかを把握し、要望を聞きながら旬のトレンドや顧客本人が気づいていない魅力を伝え、見合う衣服や服飾系雑貨をトータル的に提案します。顧客が求めるものは千差万別です。

どのようなシーンの時に着る服なのか、どんな服を好むのか、どんな服を提案したらさらに魅力的になるのかをそれぞれ考えながら、知識や経験を活かして、商品を提案します。

商品管理

一口に商品管理といっても、色々な作業があります。在庫管理・売れている商品とそうでない商品の見極め・発注作業・棚卸し作業などです。特に売れ筋の商品に関しては在庫切れを起こさないように注意することが重要ですが、反対に過剰に在庫が残らないように気を配りながら発注をかける力も必要です。

また、これから流行するであろうトレンドを抑えた商品をどれだけ入荷させるかということも念頭に置きながら商品管理をしなければなりません。入荷された際は、発注数と入荷数がきちんと合っているかどうかを確認し、確認が終了したら棚に陳列してレイアウトをおこないます。

時には同系列の店舗で商品が足りなくなり、必要となった時には届けたり、反対の場合は商品を送ってもらったりすることもあります。

景観の美化

顧客にとって心地良い店舗づくりには景観の美化・清掃も重要な仕事です。多くの場合、店内清掃は開店前の時間に行われ、床・商品棚・鏡・レジ周りを清潔にしておく必要があります。また、陳列している衣服を整えたり、たたみ直したりして綺麗に配列する作業もおこないます。

売上の集計

ほとんどのアパレルショップは、一日の最後に売上の集計を行います。営業時間が長い店舗であれば、早番の人が退社する前に売上を一度集計して遅番の人に伝え、遅番の人は再度、閉店の際にレジを締めて集計を行います。

レジ締めは金額がきちんと合うまでおこなう必要があり、その他にもレシートの管理や書類の片付けも同時に行います。また、どのショップでも1日の売上目標や月間の売上目標が設定されているので、集計だけでなく達成率や進捗状況を報告する売上日報の記入作業もあります。

ミーティング

店員同士で新しい情報の共有・反省会・売上目標の確認などをするために、多くの場合は開店前にミーティングを行います。

販促業務

販促業務とは、顧客に来店してもらうためのツールや仕掛けを考えること。働いているショップの企業規模にもよりますが、スタイルブックやクーポンの配布・DMやメールの送付・キャンペーンの開催など。他にも、セールの時期の決定やホームページの作成など、その仕事内容は多岐にわたります。

これらの色々なアイディアや営業、イベントなどをおこなうことは、目標とする集客数を得ることにつながります。顧客が店に足を運び、購買意欲が高まるような販促業務をおこなうためには、企画する力・トレンドの分析力や情報収集能力などが必要です。

ファッションアドバイザーの仕事のやりがい

顧客に喜んでもらえたとき

ファッションアドバイザーとして一番やりがいを感じる瞬間は、顧客の「ありがとう」という言葉や、喜んでいる姿を目にできたときでしょう。「何を着ていいのかわからない」「トレンドを入れた服を着こなしたい」「いつもと違う雰囲気にコーディネートして欲しい」など、顧客の要望はさまざまです。

これらの要望に応え良いアドバイスができたとき、感謝の言葉を受け取ったり、再度来店してリピーターとして固定客になったりするなどの結果が出てくることが考えられます。プロとして接客し、顧客が満足することは接客業において何よりも喜びを感じることができる瞬間ではないでしょうか。

目標売上を達成できたとき

商品を売る仕事で辛いことの一つに「ノルマの達成」があります。ノルマは、季節的なものや天気などが理由となり、日々努力をしても中々達成できない日もあるでしょう。場合によっては個人的にノルマを課せられることもありますが、他のスタッフと一致団結して店舗の売上目標を達成できた時は、大きなやりがいや達成感を感じることができます。

また同時に仲間意識も強くなり、お互いのチームワークも良くなります。困っている時は互いに助け合い、励ましながらアパレル店を運営していくことは、店の良い雰囲気作りにもつながるでしょう。

好きなものに囲まれて仕事ができる

アパレル業界で働く人の多くは、服や雑貨などが好きという理由で働いている人がほとんどです。自分の好きなものに囲まれて仕事をしつつ、新商品や新しい情報が早く入ってくることで、自然とファッションのセンスや経験値が磨かれていきます。

ファッションアドバイザーなどの店員は、自社商品の購入であれば店員割引で安く買うことが可能です。好きなアパレル業界で働くからこそ得られるメリットが多いのも、この仕事の魅力ややりがいに通じるといえるでしょう。

ファッションアドバイザーの仕事内容まとめ

衣服や服飾用雑貨を通して顧客に喜びを与える仕事

ファッションアドバイザーは、衣服や服飾用雑貨の販売を通して顧客に満足や喜びを与えます。気持ち良いと思ってもらえるような接客を心がけ、顧客が求めているファッションを提案・コーディネートすることが主な仕事内容です。

しかし、それ以外にも店舗運営のためにこなさなければならない作業は多く、セールなどの繁忙期は多忙を極めるといわれています。ファッションアドバイザーは、ノルマなどもあり決して楽な仕事ではありませんが、仕事のやりがいや喜びを多く感じることができる素晴らしい職業といえるでしょう。

ファッションアドバイザーの参考情報

平均年収250万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ファッションアドバイザーの関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB