ウェディングドレスデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ウェディングドレスデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ウェディングドレスをデザインするウェディングドレスデザイナーは、華やかな仕事の一つ。新婦の幸せをサポートするウェディングデザイナーですが、どのような仕事を行うのでしょうか。本記事では、ウェディングドレスデザイナーの具体的な仕事内容、仕事のやりがい、仕事の特徴などについてご紹介します。

ウェディングドレスデザイナーとはどんな仕事?

ウェディングドレスをデザインする仕事

ウェディングドレスデザイナーは結婚式で新婦が着用するウェディングドレスのデザインや制作を行う仕事です。

お客様での新郎新婦から希望のイメージやカラー、デザインをヒアリングして体型や希望に酔ったウェディングドレスをデッサンします。

ウェディングドレスデザイナーとして働く人は、専門学校でデザインや縫製の技術を身に付けている場合が多いようです。

勤務先によって仕事内容に差がある

ウェディングドレスデザイナーは希望に沿ったウェディングドレスをデザインする仕事ですが、時には複数のデザイン画を提出することもあります。

ドレスデザインを作成して提案するだけでなく、型紙を担当し、縫製やコーディネート、接客も行う場合もあります。働く勤務先によってもウェディングドレスデザイナーが行う仕事に幅があります。

スピードや効率も要求される仕事

ウェディングドレスデザイナーは一日のうちに、ウェディングドレスをデザインするためにお客様と打ち合わせをしたり、デザイン案を考えたりバタバタしている事が多いです。

複数人のお客様がいる場合にはそれぞれ同時進行で進めていかなければいけません。ウェディングドレスのデザインは納期が決められているので、限られた時間を効率よく使う能力も求められるでしょう。

繁忙期は泊まり込みで仕事をすることも

ジューンブライドという言葉がありますが、日本では結婚式が多い月は6月ではありません。

一番日本で結婚式が多いのは10月でウェディングドレスデザイナーとしての繁忙期は10月になります。1年のうち10月は最も忙しいと言われていて、勤務先によっては泊まり込みの作業になることもあります。

複数のウェディングドレスのデザインを抱えて納期に間に合うように作業する為に朝早くから夜遅くまで作業を行います。日によって早く帰れる可能性もありますが、基本的には不規則になりやすく体力的にハードな仕事と言えるでしょう。

ウェディングドレスデザイナーの仕事は意外とハード。体力が必要

ウェディングドレスデザイナーは優雅なイメージがあるかもしれませんが、ドレスをデザインする発想力が必要で、力仕事もあります。

勤務先にもよりますが、拘束時間は長めの傾向にあるようです。ウェディングドレスデザイナーの仕事は不規則な勤務体制になることも多いので、体力も必要になると考えられます。

ウェディングドレスデザイナー具体的な仕事内容

ウェディングドレスデザイナーの仕事は名前の通り、ウェディングドレスをデザインすることに尽きます。

ドレスデザイン以外にウェディングドレスデザイナーがする仕事

ウェディングドレスデザイナーの仕事は、希望に沿ったウェディングドレスをデザインするだけではありません。経験や実績によって任される仕事は幅広いです。

打ち合わせ

お客様との打ち合わせもウェディングドレスデザイナーの大切な仕事の一つです。打ち合わせと言っても一回だけではありません。最初に希望のイメージをヒアリングしてデザインのディティールを決めていきます。

すでにデザインが仕上がり、原型が出来上がっている状態で2回目の打ち合わせを行います。イメージやサイズの確認なの細かい調整を行います。

事務整理

ウェディングドレスデザイナーは朝からバタバタしている事が多いので、落ち着いた時間で事務処理を行います。デザインを考えなおしたり、使う布地を決めたりパソコンを使って作業します。

下積みからはじまるウェディングドレスデザイナーの仕事

ウェディングドレスデザイナーの仕事は、地道な下積みから始まります。基本的に専門学校や大学を卒業してウェディングドレスデザイナーとして就職します。

とはいえ、学校で基本的な技術を身に着けて資格を持っていたとしてもすぐに本格的なウェディングドレスをデザインが出来る事はありません。人にもよりますが、2年は下積みをするのが一般的と言われています。

1年かけて徐々に仕事の幅を広げていくイメージ

ウェディングドレスデザイナーの一年目は先輩社員に付いていき、仕事の一連の流れを学んでいきます。お客様との打ち合わせに実際に近くで見て学び、デザインの具体的な方法などの習得から始めていきます。

最初は先輩のサポートに回ることもほとんどなので、地味な作業ばかりに感じるかもしれません。一見地味に思える作業もウェディングドレスデザイナーとして大切なことばかりです。

2年目になると実際にお客様の対応を任され、一人で行動することも多くなります。安心して仕事を任せてもらう為には新人から先輩の手元を見て勉強し、就業時間後も残って技術を身に着ける努力が大切です。

転職は3年が区切りになることが多い

ウェディングドレスデザイナーは3年や5年を一区切りにして転職を考える人も多いようです。スキルアップで転職を行い、レベルの高い職場で働く人も多いです。

ウェディングドレスデザイナーはインターネットサイトで年間を通してアルバイト、正社員問わず求人数があります。経験を積んでスキルを高めれば、独立して自分のブランドを持つ道も開ける可能性があるでしょう。

ウェディングドレスデザイナーの仕事のやりがい

特別なドレスを仕上げる事が出来る仕事

ウェディングドレスは新婦や家族、友人などの一生の思い出に残る衣装です。多くの打ち合わせを重ねて、長い時間をかけて一着を仕上げていきます。

長い時間をかけて完成したウェディングドレスを着た時の新婦の美しい姿や笑顔は、ウェディングドレスデザイナーとして大きなやりがいとなります。ウェディングドレスデザイナーは結婚式を挙げるカップルと密接に関わるので幸せのサポートが出来る点でもやりがいのある仕事です。

失敗が出来ない仕事

ウェディングドレスデザイナーは失敗が許されない仕事です。ウェディングドレスを仕立てに来る人は、結婚式に強いこだわりを持っている人がほとんどです。

お客様の要望に応えられるデザインが出来ないと満足のいくウェディングドレスを着る事が出来ません。一生に一度の結婚式が台無しになってしまう事も。お客様によっては何度も何度も打ち合わせを重ねてやり直しと、長期的な時間を要します。

失敗が出来ない責任を抱えながら仕事が出来る環境は人としての成長も出来ます。失敗が許されない重圧に耐えて満足のいくデザインが出来た時には強い達成感が感じられる仕事と言えます。

ウェディングドレスデザイナーの仕事内容まとめ

ウェディングドレスデザイナーは、ブライダルファッションのデザインセンスが求められる仕事

ウェディングドレスデザイナーは、お客様の希望に沿ったウェディングドレスのデザインをするのが仕事です。

意外と力仕事も多く生活も不規則になりがちなので、体力的にハードな面もあります。10月の結婚式シーズンには繁忙期で忙しく、プライベートをゆっくり過ごす事は難しいかもしれません。

ですが、一生に一度の結婚式で幸せのサポートが出来る事は何よりのやりがいに感じられるはずです。

ウェディングドレスデザイナーの参考情報

平均年収300万円~450万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ウェディングドレスデザイナーの関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB