アパレルメーカー社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

アパレルメーカー社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

衣料品の企画・製造・販売を行っている「アパレルメーカー社員」。巷では収入が少なく給料が上がらない仕事だといわれていますが、実際にはどれくらいの収入を得られるのでしょうか?本記事では、アパレルメーカー社員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

アパレルメーカー社員の初任給

アパレルメーカー社員の初任給は約20万円

就職や転職でアパレルメーカー社員を目指す方の中には、初任給はいくらなのかと気になる方も多いのではないでしょうか。調べてみたところ、アパレルメーカー社員の初任給は、約20万円となっているようです。

職種によっては初任給が20万円以下というところも多いので、手取りの収入までを考えれば高い方でしょう。しかし、アパレル業界は華やかに見える仕事ではありますが、収入に関しては少ないというイメージを持たれている方が多いようです。

どんな職種でも初任給は少ないものなので、給与アップを狙うのであれば長く続けることがポイントになるでしょう。

有名な企業でも基本的に初任給は同じ

初任給は企業によって異なりますが、アパレルメーカー社員は有名な大手企業であっても、上記でご紹介した初任給と同じ企業が多いです。高いところでも約21~23万円となっているため、少しでも多い収入を目指すのであれば、就職や転職活動で入社したい企業の下調べを事前に行っておくと良いでしょう。

ちなみに、転職エージェントを利用すれば、企業の内部事情を教えてもらうことができるといわれています。自分では調べにくい情報を提供してもらうことができますし、就職や転職を有利に進めることができるので、アパレルメーカー社員を目指している方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

国内での衣料品に対する需要が低下している

近年、国内での衣料品に対する需要が低下しているため、厳しい経営状況が続く企業が多いといわれています。そのため、「初任給が少ない」と感じている方が多く、アパレル業=収入が少ないというイメージを持つ方が多い傾向があります。

しかし、そんな状況を改善するために、さまざまな企業では原状回復のために新しい取り組みを始めているところが増えています。そのため、将来的に経営状況が安定すれば、初任給はもちろん、平均給与も高くなる可能性があるでしょう。

アパレルメーカー社員の平均給与

アパレルメーカー社員の平均給与は約25~30万円

アパレルメーカー社員の平均給与は、約25~30万円となっているようです。初任給に比べて約5万円以上はアップした収入となるので、長く続けていれば満足できる給与を得ることができるでしょう。

しかし、初任給はどの企業でも大きな違いはなかったものの、その後の給与額に関しては企業によって異なる場合があります。企業での違いはもちろんのこと、仕事をする地域や年齢によっても異なるので、安定した収入を求めている、または高収入を目指しているという方は、入社前の企業の下調べが重要になるといえるでしょう。

華やかで高収入に思える仕事だが実際は違う

アパレル業界と聞くと華やかなイメージがあるため、人によっては給与額も高く高収入を得られる仕事だと思っている方が多いようです。しかし、実際は他の職種とあまり変わらず、一般的な正社員の給与とあまり変わらないため、「イメージと違った」と感じる方も少なくないようです。

しかし、アパレルメーカー社員の多くはファッションが好きな方が多く、重視している点が収入ではなく、好きなことを仕事にできるということに魅力を感じている方が多いといわれています。自分の好きなことを仕事にできる人はそう多くはないので、重視しているのが好きなことを仕事にしたいという方にはおすすめの職種といえるでしょう。

年齢によって得られる収入が異なる

平均給与について調べてみたところ、年齢によって得られる収入が異なることがわかりました。入社する企業によって異なりますが、平均的に20代前半と後半では毎月の給与に約3~4万円の違いがありますし、年齢が高ければ高いほど収入額もアップしている傾向があります。

ちなみに、どんな職種でも経験と実績を積めば必然的に給与額もアップするところが多いです。アパレルメーカー社員の平均給与が年齢によって異なるのも、おそらくは経験・実績が関係しているのかもしれません。

高収入を求めて転職する人が多い

アパレル業界はなかなか給与を上げてもらうことができないといわれているため、高収入を求める方は転職をされる方が多いといわれています。そのため、本当にファッション関連に興味がある方や好きな方でなければ、やりがいを感じられなくなり転職を考えることになってしまうかもしれません。

また、アパレルメーカー社員であれば、自社製品を安く購入できる「社員割引」を利用することができます。自分の好きなブランドのアパレルメーカーで働けばお得に好きな衣料品を購入できるので、高収入よりもファッションを優先する方であれば高収入でなくても長く続けることができるのではないでしょうか。

アパレルメーカー社員の平均年収

アパレルメーカー社員の平均年収は約300~500万円

アパレルメーカー社員の平均年収は、約300~500万円といわれています。企業によって給与額やボーナスなどが異なりますが、高収入であれば日本の平均年収である約400万円よりも高い収入をえることができるといえるでしょう。

しかし、給与額が少ない方の場合は、日本の平均年収と比べて少なくなってしまうので、高収入を目指している方にとっては不満に感じてしまうかもしれません。また、上記でもご紹介したように年齢によっても収入額が異なるようなので、アパレルメーカー社員として満足できる年収を得るためには、諦めずに長く働くことが年収アップに繋がるといえるでしょう。

管理職へとキャリアアップすれば年収アップに繋がる

どんな職種や企業でも同じですが、一般社員から管理職へとキャリアアップすれば、年収アップを狙うことができます。管理職になると一般社員に比べて仕事内容が増えますし、部下を持つ上司のポジションに就くことになります。

そのため、必然的に給与額やボーナスがアップするので、一般社員に頃と比べて高収入を得ることができます。好きなファッションを仕事にしつつ、少しでも高い収入を得たいという方は、管理職を目指して日々頑張ってみてはいかがでしょうか?

ラグジュアリーブランドなら高年収を狙える

ラグジュアリーブランドのアパレルメーカー社員になれば、なんと最大で年収1,000万円を目指すことができるといわれています。ラグジュアリーブランドとは、高級な衣料品の製造・販売を行う海外の小売業態のこと。

国内のアパレル業界で「納得できる収入を得られない」「もっと収入の良い会社で働きたい」という方、または就職・転職でアパレルメーカー社員になりたいという方は、ラグジュアリーブランドで高年収を目指してみてはいかがでしょうか?

参考リンク:インディード

アパレルメーカー社員の給与・年収まとめ

アパレルメーカー社員の給与年収は年齢や勤める会社によって異なる

衣料品の企画から販売までを行うアパレルメーカー社員ですが、給与年収は年齢や勤める会社によって異なります。同じ職業でも年齢によっては約3~4万円もことなるので、入社する会社は事前にしっかりと下調べをすることをおすすめします。

また、初任給はどの企業でも大きな差はありませんが、その後の給与アップやボーナスなどは会社によって異なるもの。しかし。アパレルメーカー社員として高収入を得る方法もあるので、好きなことを仕事にしつつ高収入を狙う方は、ラグジュアリーブランドを目指してみてはいかがでしょうか。

アパレルメーカー社員の参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アパレルメーカー社員の関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB