ブライダルスタイリストの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

ブライダルスタイリストの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

ブライダルスタイリストは、どれくらい給与をもらうことができるかご存知でしょうか。習得しているスキルや資格によって大きく左右されますが、ヘアメイクなどもできる美容師としての技術があると給与水準は上がるようです。本記事では、ブライダルスタイリストの初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

ブライダルスタイリストの初任給

ブライダルスタイリストがどの程度の初任給を受け取るかできるのか紹介していきましょう。

初任給

ブライダリストの初任給は15~18万円前後です。所属する会社によって異なりますが、名の知れたホテルや結婚式場であれば、18万円以上の初任給が期待できます。

他の職業に比べると初任給が低いため、稼ぎやすさを重視している方がブライダルスタイリストになると、待遇に物足りなさを感じてしまう可能性があります。

福利厚生

福利厚生面ではどうでしょうか。ブライダルスタイリストの働き方は所属する会場によって異なりますが、土日休みを取ることが難しい職業です。土日や祝日が繁忙期になるため、時期をずらしての休みを取ることになります。

また1日の拘束時間も長くなってしまう傾向にあるので、就職活動をする際はどのような待遇になるのか、働きやすい環境であるかを調べるようにしてください。

ブライダルスタイリストの平均給与

ブライダルスタイリストはどの程度の給与をもらうことができるのか、給与の推移を紹介していきましょう。

給与事情

ブライダルスタイリストの平均給与は 20〜30万円前後と言われています。他の職業と比較するとやや低い給与額の水準であることがわかります。

ベテランのブライダルスタイリストでも30万円以上稼ぐことが難しく、勤務先によっては20万円後半というケースもあります。

勤務地によっての振り幅が大きい

ブライダルスタイリストとして少しでも稼ぎたいのであれば、どこのブライダルスタイリストとして活躍するかを考えることです。有名な結婚式会場のブライダルスタイリストになれば、ベテランクラスで40万円以上もらうことができる可能性があります。

しかし、大手の結婚式場に勤めているからといって必ず給与がよくなるということではないので、給与を高くしたいのであれば、スキルもそれなりに必要なことを覚えておきましょう。

給与を上げるためには

ブライダルスタイリストの仕事は技術職です。評価されれば給与が高くなる可能性があります。給与を少しでも高くしたい方は、ブライダルスタイリストとして次のようなことに意識を向けながら働くようにしましょう。

美容師免許を取得する

ブライダルスタイリストの求人の中には、ブライダル出張ヘアメイクなどの人員として美容師の免許と技術を持っている方を募集しているものがあります。これらの場合、歩合給が付与されていたり、そもそもの月給が高く設定されているケースが多いため、収入を上げる手段としてはおすすめです。

実績を作る

ブライダルスタイリストとして評価されるためには、実績を作ることが大切です。1年間で何組の結婚式に携わったか。どのようなコーディネートを担当したか、分かるような形で残しておくようにしましょう。コーディネートが良いと第三者から評価されれば、評価が上がる可能性があります。

フリーランスのウエディングプランナーと仲良くなる

給与を高くしたいという方は、将来的にフリーランスで活動することを視野に入れながら活動することをオススメします。フリーランスとして活躍したいのであれば、フリーランスのウエディングプランナーと交友関係を持つようにしましょう。

フリーランスのウエディングプランナーと信頼関係を築き上げておけば、仕事を振られる可能性があります。ウエディングプランナーにとっても、スキルが分かるブライダルスタイリストがいることで、自分への営業にも繋げることができるというメリットがあるので、積極的に交友関係を深めていきましょう。

ブライダルスタイリストの年収統計

ブライダルスタイリストの年収はどの程度もらうことができるのでしょうか。ブライダルスタイリストの年収を紹介していきましょう。

年収平均

ブライダルスタイリストの平均年収は250~400万円前後です。ベテランと言われるブライダルスタイリストでも給与が低いため、年収も必然的に低い状況にあります。

なぜこれだけ低い給与でも成立しているのかというと、フリーランスとして活躍するブライダルスタイリストがいるためです。

正社員として活躍をしているケースよりもフリーランスとして活動している方が多くいるため、式場としてもコスト削減のためにブライダルスタイリストをフリーランスから雇うというケースが多く登場していることが原因だと認識しておきましょう。

給与よりもやりがいを見つける仕事

フリーランスとして働くことができれば、給与が高くなる可能性がありますが、その一方で収入が不安定になってしまう可能性があります。

式場勤務になれば、給与が安くても安定的に仕事を受けることができるので、やりがいを求めるのであれば正社員として働き、稼ぐことを中心に考えるのであれば、フリーランスとして活動をするようにしましょう。

ブライダルスタイリストの給与・年収まとめ

給与を上げたいのであればフリーランスとして活躍をしよう

ブライダルスタイリストという職業は、決して給与・年収が良い仕事であるとは言えません。しかし、業務におけるスキルをしっかり身につけることができれば、フリーランスとして活躍することができる可能性があります。

これからブライダルスタイリストとして活動をしようと検討している方は、今回紹介したようなポイントを踏まえた上でキャリアを積み上げて給与水準を上げることを意識しましょう。

ブライダルスタイリストの参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ブライダルスタイリストの関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB