ウェディングドレスデザイナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ウェディングドレスデザイナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

要望に合ったドレスをデザインするウェディングドレスデザイナーには、一体どんなスキルや知識・技術が必要なのでしょうか。仕事として続けるには新郎新婦に寄り添って第一に考えられ続けられるかがポイント。今回はこの記事で、ウェディングドレスデザイナーに求められるスキル、向いている人の特徴などについてご紹介します。

ウェディングドレスデザイナーになるには何が必要?

ウェディングドレスデザイナーになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずは新郎新婦を第一に思いやれる気持ちを持ち続けられるかが一つです。

華やかに見える職業ですが、単にウェディングドレスをデザインするだけでは、ウェディングドレスデザイナーを目指す事が出来ても仕事を続けることは困難かも知れません。体力的にも負担のかかる仕事ですし、地味な作業の積み重ねによって成り立っているからです。

ウェディングドレスデザイナーの仕事は、お客様である新郎新婦の意向を大切にする事が大前提です。打ち合わせで出てきたイメージを元にして膨らませたデザインを形に仕上げるのが一流のウェディングドレスデザイナーと言えます。

新郎新婦に寄り添ってヒアリングを行い、ニーズを汲み取るセンスも必要ですが、なによりも新郎新婦の事を考えられる寄り添う気持ちが求められます。

発想力がウェディングドレスデザイナーの仕事に役立つ

新婦に寄り添ってサポートをするウェディングドレスデザイナーとして重要な要素に発想力も挙げられます。

流行に先取ってデザインを考えたり、新婦が求めるデザインを生み出したりするためには、センスを磨いて人とは異なる発想力を身につける必要があります。求められるドレスをデザインするための発想力がある事はウェディングドレスデザイナーとして必要です。

専門的な知識と技術もウェディングドレスデザイナーの大切な要素

ウェディングドレスデザイナーには当然、専門的な知識や技術が必要になるでしょう。流行は年々変わりますし、お客様である新婦の好みも人によって大きく異なります。

流行や新婦の好みに合わせて、身につけた知識と技術を駆使してウェディングドレスをデザインする事になります。ウェディングドレスの素材や作り上げるまでの作業工程なども細かく説明する必要があるので、ウェディングドレスデザイナーとしての知識や技術がある事は必要になるでしょう。

体力も必要なウェディングドレスデザイナーの仕事

ウェディングドレスデザイナーの仕事は意外とハードなので、基礎体力がある事も大切です。

ウェディングドレスをデザインするためには、新郎新婦との細かい打ち合わせやオーダーメイドでのドレスのデザイン、アクセサリーとのトータルコーディネートなどやる事は多いです。事務処理も同時にこなしていく必要があるため早朝から夜遅くまで長時間労働になりやすいでしょう。

新郎新婦との打ち合わせが深夜に及ぶ事も。満足してもらえるウェディングドレスをデザインするためにも体が資本。自己管理をしっかりと行い、体調を崩さないようにする事も大切です。

絶対必要ではないがウェディングドレスデザイナーに関する資格があるほうが有利

ウェディングドレスデザイナーになるには資格が必要という訳ではありません。ですが、資格を持っていれば一定の知識やスキルがある証明になり、就職にも有利になる可能性はあります。将来的に独立を目指す場合も必要になる事が多いので、取得しておいて損はありません。

ウェディングドレスデザイナーとして働く人が取得する資格で代表的なものは、洋裁技術検定やファッションデザイナー認定試験、ブライダルプランナー検定が挙げられます。

語学力でコミュニケーションの幅を広げる

ウェディングドレスデザイナーになるのに英会話が必須という訳ではありませんが、コミュニケーションが取れる程の英語力があれば仕事の幅が広がる可能性があります。

場合によってはウェディングドレスデザイナーとして外国人を接客する場合もありますし、英語が出来ればより魅力を伝える事ができます。将来的に海外でウェディングドレスデザイナーとして活躍出来る可能性もあるかもしれません。

語学を身につけることはウェディングドレスデザイナーとしてプラスになる事は間違いないと言えそうです。

ウェディングドレスデザイナーに向いている人、適性がある人

ウェディングドレスデザイナーになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

コミュニケーション能力はウェディングドレスデザイナーの適性のひとつ

ウェディングドレスデザイナーに求められる適性として、まずはコミュニケーション能力があげられます。ウェディングドレスデザイナーの仕事はお客様と打ち合わせを入念に行います。

お客様が頭で描くイメージをうまく汲み取るためにはなにより会話が大切。お客様の気持ちを考えて希望を引き出すコミュニケーション能力がある人はウェディングドレスデザイナーとして適性があると考えられます。

ウェディングドレスデザイナーは探究心も必要

探究心がある人はウェディングドレスデザイナーとして適性があると考えられます。ウェディングドレスにも流行があり、日々変化しています。

新しい素材やアクセサリーなどの情報を調べて研究できる事が大切です。繰り返すことで新しいスキルが身につき、新婦に提案する際に自分はこういう事も出来るとアピールする事も出来ます。

手先が器用な人もウェディングドレスデザイナー向き

ウェディングドレスはデザインを完成するまでにミリ単位の細かな修正を繰り返す事もあります。コツコツと作業をしなければいけないので、手先が器用な人はウェディングドレスデザイナーの適性があると言えます。

ウェディングドレスデザイナーになるための学校

ウェディングドレスデザイナーになるために学校に通うことは、同じようにウェディングドレスデザイナーを目指す仲間に出会えるという事。仲間として励まし合いながら目指せる事は大きな魅力です。

ウエディングデザインの基礎が学べる専門学校

ウェディングドレスデザイナーになるには、専門学校に通う人が多いです。デザインの種類や特徴、コーディネートバランスなど専門的な知識やスキルが必要になる仕事でもあります。

専門学校に通う事で、ウェディングドレスデザイナーとして必要な基礎知識を学ぶ事が出来ます。

カリキュラムやサポート内容を比較して学校選びを

ウェディングドレスデザイナーになるための専門学校は全国的に見ても多く選択肢は豊富です。学校によってカリキュラムやサポート内容が異なるので比較して検討する事がポイントになりそうです。学校によっては実習メインの授業内容やプロによる直接指導が受けられる場合もあります。

就職率が高かったり、就職サポートが手厚かったりする学校であれば、卒業後の進路の不安も軽減されるでしょう。社会人で昼間働いている人は夜間コースのある学校を選ぶ事もおすすめです。

大学でもウェディングドレスデザイナーになるための勉強が可能

ウェディングドレスデザイナーになるために学校に通う選択肢として、専門学校以外に大学にもデザインに関する学部や学科が用意されている事があります。デザイン学科や芸術学を学ぶ事でウェディングドレスデザイナーに関するカリキュラムが用意されている事があります。

店舗で修業を積みウェディングドレスデザイナーになることも可能

ウェディングドレスデザイナーになるには専門的な知識を学校で学ばないといけない決まりはありません。実際に現場で働きながらスキルを身につけることも選択肢の一つです。

求人情報は全国的に求人があり、未経験でもウェディングドレスデザイナーの世界に飛び込める可能性があります。最初から現場で仕事が出来ることは必要な知識を、身をもって感じながら身につけられるメリットがあります。

ウェディングドレスデザイナーになるには?まとめ

資格があればベター。まずは寄り添う気持ちや発想力がウェディングドレスデザイナーを続ける原動力に

新郎新婦に寄り添う気持ちと発想力。ウェディングドレスデザイナーになるにはどんなに仕事がハードでも続けられる力が必要です。加えて手先が器用な人やコミュニケーション能力が高い人はウェディングドレスデザイナーの仕事で強い武器になるでしょう。

未経験でも仕事に就くことは可能ですが、資格があればベターです。専門学校や大学などでウエディングデザインの知識を学んだり、洋裁技術検定やファッションデザイナー認定試験などの資格を持ってたりすれば、現場や就職などで役立つでしょう。

ウェディングドレスデザイナーの参考情報

平均年収300万円~450万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ウェディングドレスデザイナーの関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB