溶接工の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

溶接工の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

溶接工がどの程度年収・給与を受け取ることができるかをご存知でしょうか。このページでは溶接工の年収・給与について紹介します。どの程度給与を受け取ることができ、溶接工として給与を上げるためにはどのようにすれば良いかを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

溶接工の初任給

溶接工の初任給はどの程度もらうことができるのでしょうか。溶接工の初任給はおよそ16〜20万円程度です。

特に高卒で溶接工になると16万円〜18万円前後になります。大卒になれば給与もやや高くなりますが、良い企業でも18万円〜20万円前後と一般企業と比較してもやや低い給与であることがわかります。

初めは仕事を覚える期間

溶接工の仕事は通常の仕事よりもやや低い初任給からのスタートになりますが、なぜこのように給与額が少ないのでしょうか。その理由として、溶接工の仕事は「技術職」であることが大きく関係しています。

技術職は技術が高くなるにつれて給与が高くなります。溶接工の仕事を覚えるといっても数ヶ月で覚えることができるような仕事ではありません。そのため溶接工になって数年間は仕事を覚える期間として働くことになるため、必然的に給与も少なくなってしまいます。

キャリアを積むと給与が上がる

溶接工の仕事は年齢ではなく技術で給与が上がります。そのため溶接工としてのキャリアを積んでいくことができれば、20代後半でも300万円〜400万円の年収も難しいことではありません。

溶接工として少しでも早く出世をして給与を多くもらいたいのであれば、溶接工としてのキャリアを積むようにしましょう。

溶接工の平均給与

溶接工の平均給与はどの程度なのでしょうか。溶接工としての平均給与の統計を紹介していきます。

溶接工の給与は3段階に分けられる

溶接工の給与は年齢ではなくキャリアによって給与額が異なります。そのため年齢が高くても技術が低ければ20代の溶接工と給与があまり変わらないというケースもあります。そのため年齢ではなく溶接工としての熟練度別の給与を紹介していきます。

見習い

見習いクラスの熟練工は仕事を覚える期間です。見習い期間で溶接工に必要な基礎知識を学び、さまざまな経験を経て一人前の溶接工になることを目指します。見習いクラスの給与額はおよそ16〜20万円前後です。

見習いの溶接工は経験をすることが大事なので、色々なことを積極的に学び溶接工として欠かすことができない知識、経験を習得するようにしましょう。

ベテラン

ベテランクラスの溶接工になると仕事を任されることも出てきます。技術力も高くなるので、ある程度の仕事をこなすことが可能になります。ベテランクラスになれば給与額は25〜30万円前後になり、見習いの溶接工に比べて給与も高くなります。

技術が高ければ20代後半からでもベテランの溶接工として認められ、場合によって同年代がもらうことができる給与額よりも高くなることがあります。

熟練

ベテランよりもさらに高い技術を持つ熟練工は、溶接工の中で最も高い給与を受け取ることができます。熟練工になると30〜40万円になります。給与が高くなるだけ仕事内容も溶接作業だけにはとどまらず、チームを管理することもあります。

また熟練工の中には会社を立ち上げて自分で仕事を仕切る人もおり、独立することで給与額が一気に高くなるケースもあります。

給与を上げる鍵は技術力

溶接工として給与を少しでも上げるために必要なことは、やはり技術力です。技術力が高ければ年齢に限らず給与が必然的に上がるので、給与を上げたいのであれば溶接工としてのスキルを磨いておくようにしましょう。

溶接工の平均年収

溶接工の年収はどの程度なのでしょうか。溶接工の年収を平均すると466万円になります。しかし年齢ごとに給与が必ず上がるわけではありません。

階級別年収

溶接工の年収で大きな鍵を握るのは「熟練度」です。熟練度によって年収はどの程度変化していくのでしょうか。熟練度によっての年収の違いを紹介していきます。

見習い

見習いクラスの溶接工の年収は300万円前後です。しかし300万円に到達できるのは順調にキャリアを重ねても20代後半になります。10代〜20代前半は300万円以内で給与が少ないうえで仕事を覚えることになりますが、諦めずに続けるようにしましょう。

一般

見習い期間を卒業すると、一通りの仕事を任すことができる溶接工に昇格します。一般的な溶接工であれば年収は400万円前後になります。溶接工として技術力が止まると給与が上がることはありません。一人前になったからといって油断することなく、引き続き技術力を向上させることに力を入れるようにしましょう。

ベテラン

溶接工として仕事がある程度身に付けばベテランクラスに昇格をします。ベテランクラスになると年収は650~800万円になります。もちろん溶接工の中にはベテランに昇格できないケースもあります。ベテランクラスになれば給与額も高くなるので、技術力を磨きましょう。

熟練

ベテラン以上にさらに技術力が高い熟練溶接工になれば、年収は750万円〜1,000万円に到達することも難しいことではありません。熟練クラスの溶接工がなぜ給与額が高くなるかというと、熟練工でしか仕事ができないようなケースがあるためです。

熟練クラスの溶接工になれば年収で困ることもないので、溶接工になるのであれば熟練の溶接工として認められるよう仕事に打ち込みましょう。

溶接工として年収をあげるために必要なこと

溶接工は年齢ではなく技術力が収入に大きく影響していきます。それでは溶接工として年収を上げるためにはどのようなことが必要なのでしょうか。溶接工として年収を上げるために必要なことを紹介していきます。

技術を磨く

溶接工として年収を少しでも高くしたいのであれば、技術を磨きましょう。溶接工の仕事は、金属と金属をつなぎ合わせるだけの単純な仕事ではありません。注文に応じて金属を加工する必要があるので、職場によって常に異なる作業を求められることもあります。

どのような注文がきても熟練工としてしっかり役目を果たすことができるよう、日頃から技術を磨いておくようにしましょう。

実績をつくる

熟練工になるために重要なことは、実績を作ることです。実績豊富な熟練工には多くの仕事が舞い込みます。また会社の中でも難しい仕事を任されるようになり、結果として給与が高くなります。さまざまな仕事をこなし、難しい作業を要求通りの注文で加工することができれば溶接工としても認められることになるので実績を作るようにしましょう。

大手企業に転職をする

大手のメーカーに就職をすれば溶接工として働いていても待遇は大きく改善されます。また大手メーカーの下請け企業に就職をしても待遇が通常の会社に比べて良い傾向にあるので、溶接工として働くのであればこのような点に注目をした上で企業を選定するように心がけてください。

特殊の溶接仕事をする

溶接工の中でも、高層ビルや造船所での水中での溶接などは給与が通常の溶接工に比べて高くなります。特殊環境で仕事をする場合、資格が必要なこともあります。また危険な現場での作業になるため命の危険をさらすリスクもあります。その代わり給与は必然的に高くなるので特殊な場所での溶接仕事も検討するようにしてください。

年収1,000万円稼ぐことは可能か

溶接工として1,000万円稼ぐことは難しいことではありません。もちろん年収1,000万円に到達するためには高い技術力が求められます。高い技術力をもち、あの人しかこの作業はできないとなれば溶接工として年収1,000万円は夢の話ではないので、溶接工になるのであれば高いスキルを持ち技術力を磨いておきましょう。

溶接工の給与・年収まとめ

技術力が収入に直結する

溶接工の給与をまとめると、溶接工としての技術力が収入に直接影響します。そのため高い技術力のある溶接工になりたいのであれば、溶接工としての腕を磨いておくようにしましょう。高い技術力があれば溶接工として仕事が全くないというケースを回避することができ、高い給与で仕事を行うことが可能です。

自分の腕が溶接工としてのキャリアに大きく関係するので、溶接工になりたい方はこのような点を考慮した上で働くようにしてください。

溶接工への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

溶接工の参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格
  • アーク溶接作業者
  • ガス溶接作業者
資格区分 国家資格
職種建築・不動産

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

溶接工の関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB