キャディの給与・年収は?初任給や支給される手当まとめ

キャディの給与・年収は?初任給や支給される手当まとめ

ゴルファーに帯同して心地よいプレーをしてもらうためのサポートをするキャディの仕事。平均の給料や年収はいくらくらいなのでしょうか?今回はこの記事で、キャディの平均給与や年収とともに、給与アップの可能性や手段についてご紹介します。

キャディの初任給

新人キャディの給料は平均15~18万円

キャディとして働く場合、初任給は15~18万円前後が相場といわれています。アマチュアやプロのゴルファーをサポートする仕事ですが、給料に関しては厳しい現実が待っているようです。

どこで働くか、どのような形態で働くかによっても大きく異なりますが、体力や精神力を使う仕事の割には、対価は低いと考えておいたほうがよさそうです。

キャリアアップを狙うキャディもいる

キャディとして働く人の中には、新しい環境を求めて別のゴルフ場のキャディとして転職する人もいます。別のケースとしては、プロゴルファーと一緒にコースを回るプロのキャディを目指すために、転職をしてキャリアアップを狙う人もいます。

転職するときには実績や経験によっても給料は変わる

転職をした場合の初任給は、どのような形態で働くかによっても給料は変わります。経験を生かしてキャディの管理者であるキャディマスターとして採用されるのであれば、20~30万円の給料でスタートするケースもあります。

ただし、中には新卒採用者と同じ給料を提示されることもあります。そのため、転職するときには、キャディとしての経験やゴルフのルールに関する知識をアピールするようにしましょう。

異業種からの転職の場合には慎重な決定を

異業種からキャディに転職する場合は、年齢に関係なく新規採用者と同じ給料になることがほとんどです。転職前の業種によっては給料が大きく下がる可能性がありますので、転職を考えるときには慎重に決定しましょう。

キャディの平均給与の統計

キャディの平均給料は20〜25万円

キャディの給料に関する国や独立行政法人による公式なデータはありません。ゴルフ場で正社員として働くキャディの平均的な給料は20~25万円といわれています。

キャディの仕事はゴルファーと一緒にコースを回るだけでなく、ゴルフバッグを担いだり、ゴルフのルールを説明したりするなど、かなりハードな仕事内容です。また一般的なゴルフ場のキャディの場合は、4人のゴルファーを相手に回ることが多いので、かなり忙しくなります。そうした忙しさを考えると、キャディの給料は決して高いとは言えません。

ただし、キャディはお客様から感謝されやすい仕事です。特に初めてゴルフコースを回る人にとって、キャディにサポートしてもらえるのは心強いものです。給料の面だけでなく、仕事での喜びを重視するならば、キャディを続けることができます。

キャディの給料は、勤務期間によってアップするのが一般的です。勤務期間が長ければ、給料も25~30万円までアップすることもあります。

給料をチェックするときは賞与や手当の確認を

キャディの仕事には、通常の報酬に加えてさまざまな手当てもあります。

1コースを帯同したときには、1人に対して3,000円程の手当てが、雨の日にコースを帯同したときには、雨の日手当てが支給されます。さらに、重いゴルフバッグについては重量手当として別途支給されます。ゴルフ場の正社員のキャディとして働く場合には、給料に加えて賞与が出るところもあります。通常の場合、賞与は年間で2回支給されます。

キャディへの就職や転職を考えるときには、募集要項に各種手当てが支給されるのか、給与以外に賞与も支給されるのかなどを、必ずチェックするようにしましょう。

派遣社員として働く場合には給料は低め

キャディの中には、ゴルフ場の社員としてではなく、派遣会社に登録して採用される人もいます。派遣社員についても仕事内容は変わりませんが、給料は異なります。派遣社員の場合は15~20万円が一般的で賞与も出ないのがほとんどです。

そのため派遣社員として働く場合には、低収入でも仕事を続けるためのモチベーションを保つ必要もあります。またキャディを生涯の仕事として続けたい場合には、正社員のキャディを募集しているゴルフ場への転職を目指すのもおすすめです。

天候によって給料が変わることも

キャディの仕事は、ゴルフをプレーするお客様がいて成り立つ仕事です。そのため仕事はおもに週末や休日が中心になります。またゴルフは日没までにプレーするのが原則で早朝の6時ころにはコースを回り始めるお客様もいます。さらに、雨の日や強い風の吹いている日などは、ゴルフそのものができなくなるため仕事がないときもあります。

そのため日給でももらう派遣社員については、給料が少ないだけでなく、休日の休みが取りづらい、天候に左右されやすいといったデメリットも頭に入れておく必要があります。

キャディの年収統計

キャディの年収は200~350万円前後

キャディの年収に関する、国や独立行政法人による公式なデータはありません。ゴルフ場で正社員として働くキャディの平均的な年収は、給料と賞与を合わせると200~350万円になると考えられます。

新人のキャディについては月々の給料が15~18万円のため、年収が200万円台になることも考えられます。経験や実績を積めば給料や年収のアップも見込めますが、体力や精神力を使うハードな仕事と考えると、年収レベルは決して高くないといえます。

プロとして働くキャディもいる

キャディの中には実績や経験を生かしてプロになる人もいます。プロのキャディの場合には、プロゴルファーと一緒にトーナメントツアーに参加して戦います。

プロキャディの場合には、単にプロゴルファーに帯同するだけではありません。コースの特性や形状を熟知して的確なアドバイスをします。また、試合中の選手のモチベーションを高めるために、適切なサポートをします。

試合をするのはプロゴルファーですが、プロのキャディの能力によっても成績が大きく影響することがあります。そのため、プロのキャディになるためには知識と経験などのスキルが求められます。

プロのキャディの収入は1試合当たりで計算する

プロのキャディがもらえる収入は、1試合あたり10万円前後です。ただし中には週給で受け取っているキャディもいます。

ゴルフトーナメントは1試合を7日間かけて行われます。基本的には1カ月で4試合が組まれているため、プロのキャディがもらえる給料は40万円前後です。ただし、これらの収入は一般的なプロゴルファーに帯同した場合の給料で、実力のあるプロゴルファーに帯同する場合には給料もアップします。

帯同したプロゴルファーの成績によっては年収1,000万超えも

プロのキャディの場合には、試合に帯同することによる給料のほかに、出来高による給料も発生します。一般的には、予選通過で獲得賞金の5%、決勝ラウンドで上位10位以内に入れば獲得賞金の7%がもらえます。さらに、帯同したプロゴルファーが優勝したときには、賞金の10%を受け取ることができます。

そのため、プロのキャディの年収は帯同するプロゴルファーの成績によっても大きく異なり、予選通過が難しいプロゴルファーの場合では年収は400~500万円、年間で1億円以上の賞金を獲得できるプロゴルファーの場合では年収は1,000万円を超えます。

有名なプロゴルファーのキャディを務めるためには、キャディとしての十分な実績も必要となります。ただし、努力が実れば年収1,000万円以上を稼ぐことのできる、夢のある世界といえます。

キャディの給料・年収まとめ

キャディの年収レベルは低め。プロとして仕事をすれば年収1,000万円超えも可能

キャディの平均給料や年収レベルは、精神的にも肉体的にもハードな仕事の割には低い給料といえます。

特に派遣社員として採用された場合には、天候などによっても給料は大きく変わります。キャディとして納得できる給料をもらうためには、求人の募集内容をしっかりと確認して、賞与や各種手当てが出ているのかをきちんと確認するようにしましょう。

キャディとして働くための特別な資格はありません。そのため、転職することは比較的簡単です。ただし、前職でのゴルフやキャディに関係した特別な資格がない限り、給料については新規採用者として扱われるため、大幅なダウンも考えられます。

キャディとして実績や経験を積めば、給料や年収のアップも可能です。特にプロのキャディとして活躍すれば、年収が1,000万円を超えることもあります。プロのキャディとして有名になりたいという強い情熱を持ち続ければ、夢をかなえることも可能です。

キャディ(ゴルフ)の参考情報

平均年収200万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種スポーツ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

キャディ(ゴルフ)の関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB