配管工になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

配管工になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

みなさんは配管工になるには何をすれば良いのかをご存知でしょうか?配管の整備に携わるとなると、専門的な知識が必要になるのではと思う人も多いでしょう。今回は配管工になるのには資格が必要なのか?どのような人が配管工に向いているのか?配管工になるには何を学べば良いのか?などを解説します。

配管工になるには何が必要?

地道に作業が出来る人が配管工には求められる

配管工は目立ちにくい仕事であり床の下や壁の中など配管類をコツコツと組み入れる仕事です。配管図面に従って一人黙々と作業を行う仕事なので、地道に作業が出来る人が求められます。

飽きっぽい人や一人での作業に苦痛を感じる人は配管工として続けることは難しいと言えます。コツコツと仕事を愚直に出来ることが配管工に求められる要素です。

配管工の仕事は体力も必要

配管工の仕事は黙々と資材を加工して組み立てる職人的な要素を持っているので肉体労働が多い仕事です。

配管設計や施工管理を経験を積んでいけば任せられるようになり、現場全体を体を動かして把握していくことは主な仕事になってきます。管理者だけでなく各配管工の仕事も身体を動かして仕事を行うので、体力に自信のある人は重宝される仕事と言えます。

忍耐力も配管工の大切な要素

配管工が施工する給水管や排水管などは住宅の床下やビルの専用スペースに設置されていてそこでの作業になりかなり狭い空間となっています。狭い空間での作業は精神的にも肉体的にも苦痛を伴う作業であり、過酷な状況でも集中力を保てる忍耐強さは配管工にとって必要不可欠であると考えられます。

夏には蒸しかえるような暑さの中で作業を行い、冬になると凍える寒さの中で作業をする必要があり、季節によっても大変な仕事でありますが1年中同じクオリティで仕事を行う事が大事なのです。

配管工になるのに必要な資格とは?

配管工の仕事をするにあたり必要な資格としては実はありません。ですが、配管工としてキャリアアップをするには資格の取得が必要になってきます。

配管工になるのに資格は必要ない

配管工になるだけであれば資格は必要ありません。初めのうちは配管工事を請け負う会社などに就職し、そこで配管工とはなんたるかを学ぶことが大切です。

そこでスキルアップをしていくことで、配管工としてのキャリアがアップしていきます。しかし、ただ指示を受けて作業しているだけではキャリアアップは望めません。

自分が上の立場になって指示をする、もしくはより専門性が高い配管工事ができるようになる必要があります。

配管工としてキャリアアップするのには資格の取得がおすすめ

配管工には資格は不要ですが、キャリアアップするには資格の取得が一番の近道です。

配管工が持っておくと便利な資格は複数存在し、それらを取得することで、仕事で取り扱える業務の幅が広がります。結果、収入の増加にも繋がるため、資格は取っておいても損はありません。

長年配管工として活躍している方のほとんどは、様々な資格を取得しています。スキルアップにもなりますし、仮に転職をする際にも資格持ちの方が何かと便利です。

それでは、配管工が取得できる資格にはどのようなものがあるのでしょうか?

配管工が取得できる資格とは?

配管工が取得できる資格には、以下のものが存在します。

  • 配管技能士
  • 管工事施工管理技士
  • 建設整備士

これらはどのような資格なのでしょうか?一つずつ見て行きましょう。

資格その1、配管技能士

配管技能士とは、配管工の方にとって最も基本的な資格です。配管工として働いている人は、ほぼ全ての方が取得していると言っても過言ではありません。

配管技能士は国家資格であり、3級から1級まで存在します。3級は初級であり、配管工事に必要な配管の組み立てが主な内容です。配管図を元に、確実に配管の組み立てが行えるかをチェックされます。

2級は中級であり、技能試験だけでなく筆記試験も合格しなければなりません。技術的でも十分であることはもちろん、知識もきちんと備わっているかをチェックされます。

1級は上級であり、配管技能士としての仕事の経験がなければ受験することができません。配管の組み立てだけでなく、鋼管の溶接作業ができるかなどもチェックされます。

初めて配管工の資格を取得する場合には、まずは配管技能士がおすすめです。級によっても配管工として出来る技量がすぐ分かりますし、1級を取得することで経験も同時に証明することが出来ます。

資格その2、管工事施工管理技士

管工事施工管理技士とは、配管技能士よりもさらに上の資格になります。配管工としての技術力・専門性を活かすことが出来る幅広く技術を証明することが出来ます。

  • 配管工事の配管図の作成
  • 配管工事現場の管理

管工事施工管理技士は2級と1級が存在しています。2級は主に中小規模、1級は大規模の配管工事の管理を行うことが可能です。その分、取得難易度は高めです。

配管工としての専門性だけでなく、スケジュールや品質・安全の管理などもこなせなければなりません。そのためこの資格を得るには、配管技術士1・2級のどちらかを取得しつつ、4年以上の現場経験が必要になります。

取得できれば年収アップが期待できるため、より高い地位へのキャリアアップをする場合には取得しておきましょう。

資格その3、建築整備士

建設整備士とは、建築士に対するアドバイスや指示を行う国家資格です。配管工事だけでなく、建築工事全体の管理に関わります。そのため、配管工だけでなく建設業界全体の知識が必要です。

筆記試験では法規問題、実技試験では設計や製図を行う設計製図試験を行います。非常に合格率が低く、責任も大きいですが、その分様々な業界内の繋がりを作ることが可能です。

人脈の広がりが増えるため、キャリアアップや転職を望む方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

配管工に向いている人、適性がある人

配管工になるには持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

手先が器用な人は配管工の適性のひとつ

配管工の仕事は細かい作業が多いので、手先が器用な人が適性があると考えられます。給水管や排水管やガス管など様々な管を繋いだり、配管を作ったりする仕事なので設備の維持や管理、修理も行うので手先の器用さが求められます。

現場によって管の状況は異なるので、臨機応変に器用さを活かして効率よく作業が出来ることが配管工として大きなポイントになります。

手に職をつけたい人

手に職をつけたいと考えている人には、配管工がおすすめです。配管工は、なるだけなら特別資格や専門知識は必要ありません。ですが、先ほども述べたようにキャリアアップをするにはそれらも必要になります。

一度技術を身につけさえすれば、仕事に困ることはありません。転職をする場合でも、引く手は数多でしょう。

自分のスキルで食べて生きたいという人には配管工をおすすめします。

組み立てるのが好きな人は配管工の適正がある

配管工の仕事は大きく言うと資材加工と組み立てや設置になります。プラモデルのような模型を組み立てる感覚に近いものがあり、配管を繋ぐ作業をパズルゲームと例える人もいます。

建物の中で設置スペースが限られている場合には、どのように取り廻すかを現場の判断に委ねられることがあります。収まりよく組み立てることが出来る工夫や発想力は配管工として求められる適性と言えるでしょう。

配管工になったら何をするべきか?

実際に配管工になった場合には、これから述べることを実践することをおすすめします。

  • 普段の作業に早く慣れる
  • 資格の勉強をする
  • 独立時にやるべきことを覚える

普段の作業に早く慣れる

まずは普段から行っている作業をこなせるようにすることが大切です。専門的な作業が多い配管工は、慣れるまでに時間がかかります。少しでも早く作業に慣れるように努力することが必要になってくるでしょう。

作業がこなせるようになれば、仕事を任せられることが多くなります。焦ってはいけませんが、早く仕事が任せられるようになることがキャリアアップには大切です。

資格の勉強をする

先ほど紹介した配管技能士などの資格を取得することが、配管工として生きていくには大切です。そのためには、当然資格の勉強をする必要があります。

勉強は専門の通信講座や専門書などで行いましょう。通信講座であれば、好きなタイミングで勉強することができるためおすすめです。休憩時間や仕事終わりなどに勉強するとちょうど良いでしょう。

仕事と勉強の両立は大変ですが、數十分でも良いので毎日必ず勉強するようにしましょう。

独立時にやるべきことを覚える

必ずしも独立する必要はありませんが、実力がある配管工は独立することも可能です。独立をすれば、自分で仕事を獲得することができます。

事業が順調に進めば、会社に所属していたときよりも収入を増やすことも不可能ではありません。しかし、技術面だけでなく、仕事の取り方や経営の仕方や人脈構築なども行う必要があります。そのため、技術力がある配管工であれば誰でも独立できるというわけではありません。

独立するべきかすべきではないか、自分のキャリアアップにとってどちらが良いのかを考えておくと良いでしょう。

配管工になるには?まとめ

今回の内容をまとめると

  • 配管工になるのに資格は必要ない
  • 配管工としてのキャリアアップに資格が必須であり、勉強をしておく必要がある
  • 配管工向けの資格に、配管技能士・管工事施工管理技士などが存在する
  • 手に職をつけたい人や、黙々と肉体労働ができる人は配管工に向いている
  • 独立の道もあることを知っておく

このようになります。

配管工は実力さえつければ十分活躍することができる職業です。もし興味があるのであれば、ぜひ配管工の仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか?

配管工の参考情報

平均年収300万円〜400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

配管工の関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB