配管工の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

配管工の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

配管工は建物内に様々な太さ、種類の配管を設置し、ガスや水を通していく職業です。彼ら配管工が活躍する分野は一般家庭向けの建物だけでなく、様々な規模や分野でその活躍が求められます。配管工の仕事内容についてご紹介します。

配管工とはどんな仕事?

「管」を「配」ると書く配管工。大小問わず施設の建築に欠かせない存在であることは知られていますが、具体的な配管工の仕事とはどのような内容なのでしょうか。

建物の配管を組み立てる

大きな商業施設から民間の住宅まで、様々な建築物に必要なのが空気や水、ガスなどを運ぶための配管。その配管を設置するための職業が配管工です。

あらかじめ用意されている配管用の材料を組み上げ、建物の中に適切に配管を行いますが、一度建物ができあがってしまえばやり直しはきかないため、その作業には細心の注意と集中力が求められます。

空調設備、衛生設備の取り付けも

配管だけでなく、それに関連した設備の取り付けも配管工の仕事の一部です。空調用の配管を行った最後にはエアコンを、衛生設備用の配管の最後はトイレや洗面台を設置します。

海外製の製品の設置が増えてきているため、日本語だけでなく海外の言語もある程度理解できると、スムーズな設置ができるようになります。

国家資格である配管技能士

配管工になるためには資格や免許は必要ありませんが、その技術を証明するための資格として、配管技能士があります。1級~3級まで段階があり、どの程度の技術力があるかの目安になるでしょう。

配管工の仕事の具体的な内容

配管工は、建物の配管を行う仕事であることはわかりましたが、具体的にどのタイミングで、どのような目的で配管を行っていくのでしょうか。

配管工の種類

配管工といわれる職業の中にも、細かく専門分野が分かれています。現在の配管工の分類は以下の通りです。

空調配管工

ビルなどの建物内部の冷暖房のための空調に関係する配管を行います。

衛生配管工

給水、排水といった水に関する配管を担当します。飲料用の水の給水や、トイレ・浴室などからの排水、また下水も担当範囲です。

ガス配管工

建築物に都市ガスを供給するための配管を行います。ビルや商業施設だけなく、一般家庭への配管も業務の一部です。

冷媒配管工

冷凍・冷蔵設備に関する配管を担当します。冷気に関連する配管を専門としていますが、空調配管工の業務の一部とされることもあります。

医療ガス配管工

病院の手術室などで使用する酸素・窒素といった医療用のガスの配管を担当しています。都市ガスを扱うガス配管工とは区別されるのが一般的です。

防災設備配管工

消防法上スプリンクラーの設置義務がある場合、そのための配管を行います。屋上にある給水塔から各フロアの隅々まで張り巡らされる、広く細い配管が求められます。

プラント配管工

工場などで使用する薬品などが流れる配管を設置します。液体・気体ともに人体に影響する薬品も多いため、非常に高度な技術が求められる分野です。

なお、複数の分野の配管を担当できる配管工もおり、対応分野が多いほど人材としての需要が高くなります。

建物の建築に合わせて配管を行う

配管工の作業は建物の建築に合わせ、特定の時期に発生します。最初の出番は建築工程における序盤~中盤に差し掛かる辺りです。建物の基礎ができあがり、徐々に肉付けをしていく前に必要な配管を行っていきます。

基礎が出来上がらないと配管できず、また配管できないと次の工程に進めないため、工事全体の日程を左右しかねないタイミングに作業を行う必要があります。

他の作業の影響を受けやすい

配管は工事全体の進捗に応じて作業を行えるタイミングが出てくるため、他の工程の作業が遅れればその分配管の作業にも遅れが発生します。

ある程度配管の部分で遅れを吸収することが求められることもあり、プレッシャーがかかりやすいポジションでもあります。

ガス・水道の公共事業にも参加

配管が必要なのは建物本体ばかりではありません。その建物に水やガスを届けるため、水道管やガス管といったインフラ設備を設置するための公共事業にも、配管工の手は求められます。

水道管工事やガス管工事を行う場合、一時的に断水・断ガスを行い、その間に作業が行われます。短い限られた時間の間に配管の作業を行い、遅延なく水道やガスを復旧させるため、配管工の責任は重大です。

正確な仕事が求められる上、スピードも重要とされるため、精神的なプレッシャーはかなり大きなものとなるでしょう。

配管作業はベテランの仕事

配管を行う作業は、原則としてベテラン職人の仕事です。水やガスといった僅かな隙間から簡単に漏れてしまう液体・気体を扱う管を扱うため、小さなミスの一つも許されません。

経験豊富なベテランの作業を目で見ながら、新人は徐々に仕事を覚えていくのです。なお、地面に配管を埋めるための掘削や、作業完了後の埋め込み作業は新人・ベテラン関係なく全員で行うことが一般的です。

メンテナンス業務全般も請け負う

建物を建てる時に配管を埋め込むことだけが配管工の仕事ではなく、その後のアフターフォローも大切な仕事の一つです。

定期的に配管に異常がないかの点検を行い、エアコン・水回りの機材に問題がある場合の修理や取替の対応といった、メンテナンス業務も配管工が対応します。

トラブル対応はいつ発生するかわからず、また緊急を要する場合が多いため、いつでも対応できるようにシフトを組む工務店も多いようです。

環境に左右される

配管工の仕事は肉体的に大変過酷です。配管は壁や天井の中に隠すか、地下に埋めることが一般的です。そのため作業を行う場所も壁の中や地下といった狭く暗い場所で行うことがほとんどです。

また季節の影響を受けやすく、工事をする季節が夏ならば屋外の気温以上に暑く、冬ならば隙間風や壁の冷え込みから屋外よりも寒く感じるでしょう。一つのミスも許されない繊細な作業を、過酷な環境下で行わないといけないのが配管工の仕事環境です。

配管工の仕事のやりがい

配管工は暑さ寒さといった外的な要因の影響を受けやすい過酷な仕事ですが、そのような仕事にもたらされるやりがいはあるのでしょうか。

組み上げる楽しさ

配管にはパズルのような要素があります。決められたサイズ・構造の建物の中に、お互いに干渉しないように空調・衛生・冷媒・ガスといった配管を巡らせ、決められたサイズの材料を無駄なくつなぎ合わせていく作業は、材料の運搬に頭をつかい、作業に体力使う高度なパズルのようなものだと考えられるでしょう。

頭を使い組み上げていくことが楽しく、またぴったりとはまっていくのが気持ち良いという配管工は少なくないようです。

人々の生活をつくっていく喜び

家を建てるのは誰、と聞かれれば一般的には大工と答える人が多いのではないでしょうか。確かに骨組みの柱や梁となる木材を切り、削って形にして組み上げる大工が代表的な役割ではあるでしょう。

しかし配管工の仕事なくして、人が住める家にはなりません。生活に必要な水やガスが家の中で使えるようにするためには、配管工が必要なだけの配管をする必要があります。

自分の仕事が人々の生活を支えていき、社会の一部になっていくことは、大きなやりがいとなっていくでしょう。

修理・メンテナンスで感謝される

ミス無く配管を行ったとしても、配管自体が消耗品といえるため、いつの日か壊れたり詰まったりという問題が発生します。配管の仕事は人々の生活に大きく影響するため、問題はすぐにでも解決しなければいけません。

昼夜を問わず駆けつけ、配管の修理を行うことは人々の生活を守ることといえます。その仕事ぶりに感謝の気持ちを伝えてくれる人は多く、その声はやりがいへとつながっていくでしょう。

配管工の仕事内容まとめ

配管工は、人々の生活に密接に関係する水や気体を運ぶための配管を設置する職業です。他の建築・土木関係の職業と協力しながら、一般住宅や商業施設に配管を張り巡らしていきます。

配管工が求められるジャンルは衛生、ガス、また医療分野と様々で、多くの業種に深く関わっていきます。精神的にも肉体的にもタフな対応が求められる職業ですが、人々からの感謝を糧に今日も配管を張り巡らせていくのです。

配管工の参考情報

平均年収300万円〜400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

配管工の関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB