傭兵の給与・年収は?死と隣り合わせのミッションをした対価である報酬額を徹底解説

傭兵の給与・年収は?死と隣り合わせのミッションをした対価である報酬額を徹底解説

利害関係に関わらず自分の命の危険を顧みず危険なミッションに取り組む傭兵。彼らがどれくらいの給与をもらっているのかご存知でしょうか。このページでは、傭兵の年収や給与について詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

傭兵の初任給

傭兵の初任給について説明をしていきましょう。傭兵は、基本初任給はありません。その理由は日割りで計算をするためです。では、どれくらいもらえるのか詳しく解説していきましょう。

1日あたりの給与

傭兵でも、民間の軍事会社であれば1日あたりの給与が5万円〜10万円で支給されます。これは、先進国の水準に合わせたものになるので、雇われた軍事会社によって異なりますが、5万円程度は1日あたり給与としてもらえることができると考えましょう。

もちろん、任務に1日でも多くつくことで給与をもらうことができますが、働き方が特殊なので、全く稼ぐことができない月もあれば、休みがなく任務に継続的に就かなければいけないという月がある場合もあります。

契約方法はさまざま

軍事会社によって契約方法はさまざまです。スポーツ選手のようにまとめて契約をして仕事をする場合もあれば、その都度の任務によって報酬が変動する制度を採用している軍事会社もあります。

任務によって報酬が異なってしまうのは、危険度が異なるためです。死に直面する任務になればなるほど危険度が増し、比較的安全な任務であれば死とのリスクも比較的少ないので報酬が低くなるということがあります。

契約スタイルによって異なりますが、平均的な給与は大して変わらないということも併せて覚えておくとよいでしょう。

軍人としてのキャリア

傭兵として最も重要な点が、軍人としてのキャリアです。傭兵として活躍する方たちの多くは元軍人です。しかも、ただ兵士として従軍していたのではなく、軍隊の中でもエリートしか任務に就くことができない精鋭部隊に所属している軍人が比較的多い傾向があります。

また、日本では傭兵を雇うような軍事会社は存在していないので、海外で仕事をすることが前提条件になります。そのため日本人であるために低く評価され、コミュニケーションの壁も突破しなければなりません。

また、自衛隊員で軍曹、曹長などの士官クラスか指揮官クラスになれば、チームをまとめあげることができるため、難しい任務に任命されやすく自然と報酬が高くなります。高い報酬には軍人のキャリアが必要不可欠になるので、元自衛隊員の方が傭兵には有利であると言えるでしょう。

自衛隊は世界的に見ても軍事力が高い

自衛隊と聞くと、戦闘に参加をしていないために海外で舐められてしまうのでは、と考えている方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。日本の自衛隊は戦闘をこちらから仕掛けることはない反面、防衛能力があります。兵士としての能力も非常時に備えて訓練しているので、他の軍隊と大差はありません。

そのため、日本人であるから戦闘経験がないから採用されないということはないので安心しましょう。ただし、軍人としてのキャリアを積みたいということであれば、自衛隊員にただなるのではなく、アメリカ兵と合同で訓練をする部隊や、自衛隊一厳しい訓練をするレンジャー部隊などもあるので、このような部隊に所属して、傭兵として必要な知識やスキルを身につけておくことをオススメします。

傭兵の平均給与の統計

ここからは、傭兵の平均給与の統計をみていきましょう。傭兵がどの程度給与をもらうことができるのか、平均給与から傭兵の給与状況を確認してみます。

平均給与は30〜40万

傭兵の給与は、民間の軍事会社、国によって大きく価格が異なります。一般的にいわれていることは、先進国(欧米、アメリカ)では給与が高く、発展途上国の傭兵は安いという傾向にあります。

先進国の民間軍事会社で働けば、最低でも30〜40万は期待でき、それ以上の収入を見込むことができます。もし、1日あたりの給与で10万程度の報酬があれば、たった3日任務に就くだけでそれだけもらえてしまうので、給与の高い民間軍事会社を選ぶようにしましょう。

給与の高い軍事会社は人が殺到する

報酬の高い軍事会社は、必然的に世界各国から元兵士の応募が殺到します。そのため、スキルがなければ軍事会社に採用してもらうことができないということも覚えておきましょう。オススメは、最初は簡単な任務を多く依頼するような軍事会社で働きある程度キャリアを積んでから、大手の民間軍事会社で傭兵として雇ってもらうと良いでしょう。

政府に雇われるケースは稀

政府に雇われている傭兵も実際はいます。しかし、このような傭兵は個人で契約しているケースが多いため完全にコネが必要になります。政府に雇われる傭兵は、スキルが高く危険なミッションに任命されることもあるので、報酬も軍事会社よりも高くなります。

また、フランスのように外国人部隊を結成しているような国では、民間軍事会社と同じような報酬で仕事を受注することになります。こちらは、募集があれば条件を満たせば応募することができるので、政府軍の傭兵として検討しているのであれば、フランスがオススメです。

発展途上国は危険がいっぱい

発展途上国で傭兵として雇われることがあります。発展途上国の傭兵は先進国に比べて、給与は安いという傾向があります。

しかも、発展途上国では紛争地帯での任務も考えられ、このような場所は必然的に危険度が高くなってしまうので、死のリスクが高くなってしまいます。先進国で傭兵として雇ってもらえないが、どうしても傭兵として働きたいという方は、発展途上国で傭兵として働くということも検討しましょう。

また、発展途上国に先進国の民間軍事会社が兵士を派遣することもあります。このような場合、同じ条件でも報酬は高い状態になるのでオススメです。ただし、渡航費は傭兵持ちといった制度の会社もあるので、諸条件を確認してから任務を受けるようにしましょう。

傭兵の年収統計

傭兵の年収は500万円〜1,000万円

傭兵の平均的な年収は、500万円〜1,000万円で民間の軍事会社によって異なります。危険な任務に就く傭兵、指揮官として傭兵をまとめあげるようなスキルがあれば、指揮官として任務を遂行することになるので必然的に給与も高くなり1,000万円以上になります。

傭兵は、能力と結果に応じての報酬になるので、実力さえあれば年齢に関係なく高い給与を受け取ることができると考えておきましょう。

報酬の高い傭兵とそうでない傭兵の違い

報酬の高い傭兵とそうでない傭兵とでは、どのような違いがあるのでしょうか。簡単に説明をしていきましょう。報酬の高い傭兵とは、命の危険を顧みることをせず危険な任務に積極的に参加をするような兵士です。

また、困難な任務でもチームが諦めないようにチーム内の士気を高めるような指揮官も高くなります。このような兵士は能力が高いだけでなく、結果を残している方ばかりなので、スキルと実績が給与を高くする大きなポイントになります。

一方で、傭兵の中でも自分のことしか考えず、自分の命を最優先にするような考え方の方は給与が高くなることはありません。むしろ、チームを危険に晒す、任務が失敗する可能性があるので敬遠されやすくなります。

つまり、報酬の高い傭兵とは依頼をすると、任務を間違いなく成功へと導くことができる。低い傭兵は任務が失敗に終わる可能性があるということになります。そのためにも、日頃から己を鍛え非常時にどのようなことがあっても、とっさに動けるような判断力、決断力が必要だと理解しておきましょう。

傭兵の給料・年収まとめ

傭兵の給与は完全実力

傭兵は、他の仕事とは異なり長くキャリアを勤めれば給与が高くなる、資格を習得したら給与があがるということはありません。全て雇われた軍事会社でどのような任務について、自分がどのように貢献したのかで給与が変化します。

完全実力社会なので、自衛隊員として自分の力がどこまでなのか確かめたいという腕に自信のある方は一度検討してみてはいかがでしょう。

傭兵の参考情報

平均年収500万円〜1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種その他

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

傭兵の関連記事

その他に関する他の職業KANREN JOB