冒険家の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

冒険家の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

夢とロマンが詰まった冒険の世界、冒険家は豪快なイメージのある職業ですが、実は地道に経験を重ねて学ぶ努力を重ねた上に成り立っている様です。豪快に見えて実際は豊富な知識や経験の積み重ねが必要な冒険家の毎日。今回はこの記事で冒険家の仕事の特徴、魅力などについてご紹介します。

冒険家とはどんな仕事?

全国を旅して新しい発見をする

冒険家はあらゆる地へチャレンジをすることが仕事です。人類未踏の場所に出かけて新しい発見をすることが冒険の主な目的です。冒険家には危険と分かっている事にもあえてチャレンジする一面があり、数千メートルの山やジャングル、北極などの極寒の地などに行くことがよくあります。

日本に限らず世界中に冒険に出かける

冒険家はあらゆる場所に冒険に出かけて新しい発見をすることが仕事になります。日本に限らず、世界中とフィールドに足を運ぶ必要のある夢とロマンが詰まっている仕事です。自然と戦う仕事でもあるので、どんな場所でも適応できる能力が必要になり道具の使い方や危険生物の認知、食材の確保など経験が生きるために必要です。

失敗を恐れない強さも要求される仕事

冒険家の仕事は、まだ誰もやったことがない事に挑戦し、未知の場所を冒険する仕事です。やったことのない事は当然失敗がつきものですが、失敗を恐れずに次の冒険の糧に出来る力も求められます。心が折れないようにするハートの強さも冒険家には必要なのです。

現場によっては厳しい環境で過ごすことも

冒険家の現場は幅広いフィールドで、砂漠、北極やジャングルなど普通の人が生活しない場所で生活をする事になります。危険生物との遭遇や嵐や雪崩など命の危険に晒されることも。現場によっては厳しい環境で調査や研究を行う冒険家の仕事は経験値がものを言う事が考えられます。

一人で孤独に研究や分析をする

冒険家は基本的に一人で行動することが多いです。未知の場所で新しい事に挑戦することは常に孤独との戦いです。長い時には1か月以上現地で生活しなくてはいけないので強靭な精神力も必要になるでしょう。

冒険家の中には一人の生活が苦ではなく、むしろ楽しんでいる冒険家もいますが、そのくらいの気持ちで仕事が出来る人が向いているのかもしれません。

冒険家の仕事はかなりハード。体力が必要

冒険家の仕事はイメージ通り、かなり体力が必要になる仕事です。現場によっては長い時間の移動や川を下ったり、崖を登ったりする必要があるからです。どこに冒険に行くかによって異なりますが、海外になると長期的な滞在になる事も多く肉体的にハードです。

日本国内であれば、まだコミュニケーションも取れますし、安心できることもあるでしょう。食事の準備から寝床の確保、火起こしなども一人で行う必要があるので体力も必要になると考えられます。

冒険家の給料レベルは低めの傾向

冒険家の給料は他の職業に比べると低めの傾向が多いと言われています。そもそも特殊な仕事でありすぎるために給料という言葉が存在しないのかもしれません。冒険家は難しい冒険を成功させたり、世の中に名が知られていったりすると給料への影響も大きいと言えます。

書籍の執筆やメディア出演、講演会のギャラなども冒険家としての給料の一つです。給料レベルは人によってだいぶ差がありますが、有名になればなるほど多くの依頼が入り、好きな冒険をしながらでもお金が入る状態になります。

冒険家として一般的な給料レベルになれる人は本当に一握りだけの人ではありますが、お金だけでなく夢とロマンが詰まった仕事であることは間違いないでしょう。

冒険家の具体的な仕事内容

冒険家の仕事は冒険をすることに尽きます。国内に限らず世界中を冒険することがメインになり様々なフィールドを冒険します。

冒険以外に冒険家がする仕事

冒険家の仕事は、冒険をすることだけではありません。冒険家として経験を積むことで出来る仕事は増えていきます。

スポンサーの獲得

冒険家もスポンサーから経済的な支援を受けながら活動している人が多いです。冒険する際に着ていく服や装備品にスポンサー企業のロゴを入れたり、スポンサーからもった装飾品を身に付けて冒険したりと経済的な支援を受けたりします。

冒険家はスポンサー企業が宣伝出来ないような国や地域に冒険をしにいく事が出来るのでスポンサー企業からしても渡りに船。そんな冒険家の仕事をするためにスポンサーの獲得はとても大切な冒険家の仕事でもあります。ある程度有名にならないとスポンサーはつかないと言われていますが、自分を売り込むことも大切になるのです。

書籍を出版する

冒険家は普段誰も足を踏み入れない場所に歩みを進める仕事です。前人未到な地は多くの人を魅了する絶景が多く存在しています。そんな冒険先で撮影した写真を写真集として出版し、冒険家として壮絶な体験をした人は体験談として書籍化して出版しています。最近では電子書籍で出版している冒険家も多く、印税収入を得る事が出来ます。

講演会やメディア出演

冒険家の仕事の一つに講演会やメディアの出演があります。世界的に有名な冒険家になれば、講演会やメディアの出演の依頼が来ます。講演会などで体験談を多くの人に伝えることも冒険家としての仕事の一つです。

メディアはテレビやラジオなどの取材に応じることも仕事ですが、芸能人とは異なりそこまで多いわけではないですが大切な収入に繋がる仕事です。

アルバイトからはじまる冒険家の仕事

冒険家の仕事はアルバイトから始まる人が多いです。冒険家として活動するにはかなりの資金が必要になり、冒険費用を集める為のつなぎとしてアルバイトをしている人は多いです。冒険は決まった日数で達成できるものではなく、数か月に及ぶ場合もあります。

普通の会社に勤めていれば確実にクビになってしまいますし冒険をすることが出来ません。有名な冒険家でも冒険がない時にはアルバイトをしている人も多いのです。

時間をかけて経験を積んでいく

冒険家になってもすぐに成果を出すことは出来ないものです。簡単に冒険家として結果を出せる程に自然は甘くありません。ジャングルや北極などフィールドに合わせた装備や知識が必要になるのでなにより経験を積むことが大切になります。

一人前の冒険家になるには数年では時間が足りません。幅広い土地に訪れてあらゆることを経験して吸収し続けることが必要です。

冒険家の仕事のやりがい

非日常を体で感じることが出来る

冒険家の多くは見たこともない事を見たい、日常では味わえない経験がしたいと思い冒険に出るのです。冒険家は旅行と異なり、ガイドブックに載っていない場所に訪れます。時には身の危険に晒されることも良くありますが、冒険を通して日常では絶対に体験することが出来ない興奮と感動を味わえる事が冒険家としてやりがいでしょう。

人がやらない事への挑戦

冒険家として生きる人はお金を稼ぐ事を目的としていません。冒険家は冒険そのものに目的を持って生きがいとしています。世界一の山脈や洞窟の調査、ジャングルの奥地まで普通の人では不可能と思えるパフォーマンスをします。

冒険家は基本的に自分の野心を実現するために冒険に出るもので、人がやらないことに結果を出した瞬間に味わえる感動は冒険家しか味わうことが出来ないものです。

名誉を得ることも出来る

これまでの人類の歴史を振り返ると冒険家として名を残している人が国内外に多くいます。名誉ある存在になるまでは大変なことですが、冒険に成功すれば後世にまで語り継がれることも夢ではありません。自分の冒険で多くの人の心を動かせる仕事であることは夢のある仕事と言えますね。

冒険家の仕事内容まとめ

冒険家は精神力と知識と体力が求められる仕事

冒険をするのが冒険家としての仕事ですが、世界中あらゆるフィールドを冒険します。経験を積んでも命の危険に晒される事もあるかなり過酷な仕事なので、精神的な強さと体力が必要になるでしょう。フィールドによっても地域の特徴が異なるので豊富な知識が必要です。

冒険家の仕事は冒険に出るまでに莫大な資金が必要になるのでアルバイトをしながら活動をしている人もいます。冒険は長期的になる事も多いので、プライベートをゆっくり過ごすことは難しいかもしれません。ですが、日常では味わえない興奮と感動は冒険家としてのやりがいに繋がります。

冒険家の参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種その他

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

冒険家の関連記事

その他に関する他の職業KANREN JOB