社会起業家の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

社会起業家の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

社会起業家を育成する専門学校が作られているくらい、メジャーになりつつある社会起業家。起業家というとかっこいいイメージがありますが、社会起業家は利益だけが目的ではなく、社会問題を解決する事が仕事です。今回はこの記事で社会起業家の仕事内容や仕事の特徴、魅力や、やりがいについてご紹介します。

社会起業家とはどんな仕事?

社会問題を、事業を通じて解決する仕事

社会起業家とは、世界中が抱える様々な問題を利益だけを目的とせず、自分の感じた社会問題を事業を通して解決するために邁進し続ける職業です。通常の起業家とは違い売り上げや利益が目的ではなく、社会にどれくらい影響を与える事ができたのかが、社会起業家の実績となります。

社会起業家の仕事の特徴として、社会的な課題に対して新しいサービスを立ち上げる為にどうしたらいいのか考える事や、社会的価値の創造と共に活動範囲を広げる為の利益について考える必要があります。

ソーシャルビジネスとも言われている社会起業家は社会性、事業性、革新性がなければ事業を続けていく為の収益をあげる事ができません。

一番の目的である社会貢献を忘れずに、事業として成立させるという実際に実行に移してからがとても大変な仕事です。また、社会起業家というのは戦後から存在していたにもかかわらず、諸外国に比べるとまだまだ日本ではあまりメジャーではない職業です。

しかし最近では社会起業家に対して支援を申し出ようとする、非営利組織や社会起業家の支援を目的とした募金団体も作られています。さらに政府からも「ソーシャルビジネス支援資金」という、社会起業家に融資をする動きもあります。徐々に世間的にも求めていられている職業です。

働き方は事業によって異なります

例えば、シングルマザーや仕事で大変な母親助ける為の事業を立ち上げた場合、利用者やスタッフの人とのやり取りが多くなるでしょう。

逆に外国の発展途上国の子供たちに何かできないかと考えて、学校を設立して運営していこうと考えている社会起業家ならば、外国で仕事する事が多くなります。

どんな事業だとしても事業の責任者として現場を把握し、スタッフ達にその場に応じて、臨機応変に支持を出していくのは社会起業家のメイン業務です。

ビジネス感覚は持っておくべきスキル

活動費を支援者に頼る場合に、活動が停止する事がないようにビジネスとして考えて、運営していく事で収益もあげるようになれば安定した組織運営にもつながります。

利益がすべてではなくても、ボランティア活動ではなく社会起業家として団体や会社を立ち上げるには、ビジネス手法や戦略、マネジメントマーケティングについても勉強しておくべきです。

どんな時にでも対応できるように、自分たちで収益をあげるスキルを身につけておく事で、支援者に頼りすぎないように対策をたてておきましょう。

スケジュール管理力も社会起業家として必要なスキル

社会起業家はスケジュール管理能力も必要なスキルです。社会起業家の中には事務所をかまえずに、自宅でパソコン作業する所から仕事を開始する人も多くいます。

勤務時間や休日の設定も自分の裁量でできる分、不規則な生活になりやすいです。体調管理の為にも、スケジュール管理能力は社会起業家に必要なスキルです。

社会起業家の具体的な仕事内容

解決したい事業により、仕事内容は様々

社会起業家の最初の一歩は解決したいと思う課題に対する事業を立ち上げる事からはじまります。社会問題は日本から世界中にまでたくさんありあす。

代表的なものをあげると、発展途上国の貧困問題、環境汚染の改善、フリースクールの運営などの教育関係に関する、支援事業、といった福祉など様々です。

体力も必要になる仕事

パソコン作業だけではなく、自分の手がけている事業に関する勉強会に出張する事があるので、社会起業家は外回りする事も多いです。

時には講演の依頼やメディアからの取材が来る事もあり、想像よりも体力が必要になってきます。また自分が休みの時でも駆けつける事ができるよう、体力はつけておく方が良いです。

ネットワーク環境は仕事するうえで大切

今も社会起業家として活躍している人がパソコンを使っています。電話対応以外にもウェブ対応してくれるサービスを求めている人も多くいるので、ネットワーク環境は万全にしておかないとサービスが成り立たない場合もあります。

海外が事業の拠点となる場合でも、ネットワーク環境を万全にしておくと、海外にいたとしても日本にいるスタッフとお互いに連絡を取り合う事できます。また休日であってもパソコンを手放す事ができないのは社会起業家の特徴のひとつかもしれません。

透明性や信ぴょう性がある事も大事

社会起業家の中には非営利団体として立ち上げつつ、利益をあげている人もいます。時にはクラウドファンディングを使い、社会問題解決の事業活動に使っていく人達もいます。

周りの支援を元に事業を立ち上げようとするならば、その事業が怪しいものではない証明しないと支援してくれません。支援してもらえるようにするには透明性や信ぴょう性がある事が大切になってきます。

具体的なレポートの公表や、事業の結果の報告をおおやけに公開しておく事で信頼してもらいやすくなるでしょう。長く事業を続けていく為に、自分たちの活動がはっきりとわかるような透明性は社会起業家に必要です。

社会起業家の仕事のやりがいや魅力

成功する事で社会貢献できる事

自分の手がけた事業が成功すれば、そのまま社会への貢献になる事が社会起業家の仕事の魅力です。成功するまでの道のりは厳しいですが、成功すれば社会に大きな影響を与えるのは社会起業家ならではだと考えられます。

色んな人と出会える

大きな問題を解決しなければいけない場面が来た時の為に、社会起業家はビジネスパートナーが必要になります。

自分たちの組織が目標としている課題解決の為に色んな人と出会う事で、共感してくれる団体や企業と会う事が増えてくるでしょう。そこから、かけがえのない仲間に出会う可能性もあります。色んな人とつながりを肌で感じる事ができるのは社会起業家の魅力ではないでしょうか。

過去のコンプレックスが仕事につながる可能性がある

社会的起業家は学歴、職歴、年齢、資格がなくてもなれる職業です。社会起業家として必要になってくるのは人間的魅力や熱い情熱が大切になってきます。

過去に失敗した事も、自分のコンプレックスも事業に生かせるかは自分次第です。今までできなかった事が社会起業家として仕事する時に役に立った瞬間は、社会起業家にとってやりがいになるでしょう。

情熱があれば誰にでもなれる職業でもある

社会起業家には男性以外に女性や年齢がかなり上の方の社会起業家がいます。社会問題に対して全力を注げる情熱がある人ならどんな人でも、なれる事は社会起業家の魅力のひとつです。

特に女性場合は出産や結婚のタイミングで仕事を辞めざるを得ないとなった時に、資格がなくても生涯続けられる職業として社会起業家を目指す人も世界中にたくさんいます。

人々に感謝される事もやりがいのひとつ

社会問題を解決する為に立ち上げた事業が、たくさんの人達に感謝される事も社会起業家にとってやりがいのひとつです。事業内容は多種多様で前例がない場合も多いからこそ、助けを求めている人が必ずいます。

社会問題を解決する事が第一目的です。しかし事業を立ち上げて成功すれば、人々に感謝される有意義のある仕事といえるでしょう。

社会起業家の仕事内容まとめ

社会起業家は確固たる情熱と体力が求められる仕事

社会問題に対して社会貢献の為に困難を乗り越えていこうとする社会起業家は、体力的、精神的にハードな仕事です。解決するといっても簡単な事ではないですが、社会を変えていこうとする情熱があればどんな事があっても乗り越えていけるでしょう。

社会を変えていこうとする行動が、色んな人に感謝される事は社会起業家にとって何よりのやりがいに感じられるでしょう。

社会起業家の参考情報

平均年収-
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種その他

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

社会起業家の関連記事

その他に関する他の職業KANREN JOB