冒険家の資格・試験とは?冒険家に必要とされている資格について解説

冒険家の資格・試験とは?冒険家に必要とされている資格について解説

冒険家にはどのような資格、試験が必要かご存知でしょうか。実は冒険家には必要な資格は明確にありません。しかし、冒険家になるためには「満たしておいた方がよいもの」があります。このページでは、冒険家で活動をする上で必要不可欠なものについて紹介していきます。

冒険家の資格とは?

冒険家に必要な資格はどのようなものが必要なのでしょうか。冒険家に必要とされている資格について紹介していきます。

冒険家として必要な資格とは

冒険家に必須の資格はありません。学歴も問われません。冒険家になろうと思えば誰もがなることができる仕事です。しかし冒険家に誰でもなれるといっても次の条件は必要最低限満たしていないといけません。

支援者がいること

冒険家になるためには支援者がいることが必要不可欠です。冒険家は他の仕事とは違い「夢を与える仕事」です。そのため他の仕事とは異なり支援者が必要不可欠になります。未開の地へ行くためには冒険をするための資金が必要になるので、資金を出してくれるような支援者がいなければ難しいといえるでしょう。

明確な目的があること

冒険家になるためには明確な目的が必要です。例えば、エベレストに登りたい、世界一周旅行をしたい、といっても目的がなければただの挑戦になります。なぜエベレストに登る必要があるのか、なぜ前人未到の世界一周旅行をしたいのか。それぞれ明確な目的がなければ冒険家としては意味がありません。

明確な目的があり賛同した支援者がいるからこそ冒険家は成り立つ仕事なので、何をするにしても明確な目的を持つようにしましょう。

世界に対しての知識がある

冒険家は日本国内だけでなく世界各地で旅をすることになります。場合によっては身を危険に晒し最悪の場合は死んでしまうことも考えられます。そのため世界の常識は事前に知っておく必要があります。

人脈がある

有名な冒険家になると、冒険に出るだけでなく合間に講演会を開いたいテレビ出演したり書籍を発売したりと活動が多岐にわたります。

このような冒険家になるためにもさまざまな業界との繋がりが必要です。人脈があれば支援者も募りやすく、冒険家として活動を支える活動費用を稼ぐことができるので、色々な業界の人脈を作っておくようにしましょう。

冒険家になるためには資格は必要ないものの、支援者、人脈、目的などを持っておくと活動をしやすくすることができます。これから冒険家を志すのであれば、これらのことを意識しながら活動するようにしてください。

冒険家の資格を得るために必要なこと

冒険家に必要な資格(人脈、目的など)を得るためには、どのようなことをしておくと良いのでしょうか。ここからは、冒険家にとって必要なスキルを身につける上で必要なことを紹介しましょう。

SNSで発信をする

冒険家を目指すのであれば、SNSで積極的に発信する必要があります。有名な冒険家になればSNSのフォロワーが多ければ多いほどスポンサーが集まりやすく資金に困ることなく冒険をすることができます。そのためにもSNSのフォロワーを増やすようにしましょう。

知名度のない時はビジョンを語る

冒険家としてSNSの発信をするのであれば、知名度のない頃にどのような情報を発信するか重要です。オススメはこの先どのようにして目的を達成するかを明確にしておくと良いでしょう。明確な目的があればどのように動けばよいかが見えてくるので、周りに批判されても気にせずSNSで発信する活動を行うようにしましょう。

フォロワーがついても活動報告を怠らない

冒険家として知名度がついてきたら、SNSを使ってスポンサーを集めることや、イベント開くことで自分を知ってもらうようにしましょう。冒険家として実績がなくてもSNSでのフォロワーが多くなれば自分の夢を達成することができる可能性があります。

また、最近ではスポンサーがいなくてもクラウドファンディングでファンから支援という形で資金を調達することも可能です。知名度がついた時に冒険家としてさまざまな活動をすることができるよう、フォロワーが増えてもSNSでの発信は積極的に行うようにしましょう。

人脈を作る

冒険家としては人脈がとても重要です。それでは、どのようにして人脈を作るべきなのでしょうか。冒険家としての人脈の作り方を紹介していきます。

異業種交流会に顔を出す

人脈が全くなければ異業種交流会に顔を出す方法があります。ここで直接的な人物とつながることは難しいかもしれませんが、「冒険家である」ということをアピールすることができれば、別の形で新しい人脈を作ることができる可能性があります。そのため、異業種交流会で出席できるものがあればなるべく出席するようにしましょう。

メディア関連の人脈を作る

冒険家としてマルチな活動を視野に入れているのであれば、メディア関連の人脈を作っておくと良いでしょう。メディア関連の人が主催しているセミナーに顔を出しても構いません。異業種交流会で見つかることもあります。メディア関連の人と繋がることができたら、自分が冒険家であることをアピールしましょう。

世界を旅する

冒険家としていきなり難しいことに挑戦することも良いですが、その前に世界を旅しておくことも大切です。この時は冒険家ではなく、旅行者として色々な場所を旅するようにしましょう。旅をすることで、何をすべきかが見えてきます。また自分がどのようなことをすれば冒険家として注目を集めることができるかを知ることができます。

世界の色々な場所を歩いて、世界に触れましょう。そうすることで冒険家としてどうあるべきかが見えてくるはずです。

外国語を学ぶ

英語、フランス語、ドイツ語など世界各国の言葉を覚えておくと、冒険家として活動をした時に日本国内だけでなく世界で講演会を開くことが可能です。SNSの発信も日本語だけでなく英語で発信をすることでより多くのユーザーを獲得することができるので、外国語を学んでおくことも良いでしょう。

冒険家は資格が必要ではありません。しかし人と出会うことや世界への知識を深めることで冒険家として活動をしやすくすることができるので、ぜひ紹介したスキルを習得しておくことをオススメします。

冒険家が持っておくべき資格

冒険家は、資格よりも知名度や人間力が必要です。これらを兼ね備えた上で資格を持っていれば、冒険家として活動の幅が広がるでしょう。それでは、どのような資格を持っておくと良いのでしょうか。

自動車免許

自動車免許を持っているとさまざまな場所で運転をすることができます。また未開の地を車で走るという冒険もできるので、自動車免許を持っておくと良いでしょう。もちろん国際ライセンスを持っておくことをオススメします。

船舶関連の免許

船舶の免許を持っていると、1人世界一周を船で行うことも可能です。ヨットから小型船舶までさまざまな船舶免許を持つことで冒険の幅が広がるのでぜひ取得しておきましょう。

サバイバルで役に立つ資格

医療系の資格を持っていれば自分が冒険中に怪我をしてしまった時に正しい応急処置を行うことができます。

冒険家であれば必要最低限のサバイバル術は必要になるので、必ず医療系の資格を習得しておくと良いでしょう。特に、応急処置に必要な知識は資格を保有していなくても持っておくと役立てることができます。

これらの知識を習得するためにも、自衛隊などがレクチャーしているサバイバル術を習得しておくことをオススメします。冒険家は、さまざまな知識を全て冒険の時に役立てることができます。これから冒険家になるという方は実践的な資格を中心に取得し、冒険で役立てるように心がけてください。

冒険家の資格・試験まとめ

冒険家になるためには知識が必要

冒険家は誰もがなると思えばなれる仕事です。しかし冒険家として活動をしていくためにはスポンサーやサバイバル術などさまざまな知識や人とのつながりが必要になります。

必要なものを集めることができれば冒険家としての華やかな活動を行うことができるので、ぜひ今回紹介したポイントを中心に役立ててください。

冒険家の参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種その他

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

冒険家の関連記事

その他に関する他の職業KANREN JOB