冒険家の給与・年収は?いくら貰えるかは経験次第!知名度が上がれば高年収の可能性もある

冒険家の給与・年収は?いくら貰えるかは経験次第!知名度が上がれば高年収の可能性もある

世界中を旅する仕事の冒険家。平均の給与や年収はいくらくらいなのでしょうか?経験によって変わりやすい冒険家の給与。他の仕事とは一線を画す世界だからこそ、経験によって左右されるケースが多いようです。今回はこの記事で、冒険家の平均給与や年収とともに、給与アップの可能性や手段についてご紹介します。

冒険家の初任給

新人冒険家の給与は平均0~10万円

冒険家として働く場合、初任給は0~10万円前後が相場といわれています。一般的な仕事とは異なり、冒険家は特殊な仕事であり最初から冒険家としての収入を得ることは出来ないと言えます。

夢とロマンの詰まった職業ではありますが、給与面ではかなり厳しい現実が待っている様です。冒険家として活躍している人は、基本的にお金を目的として冒険を捉えている人は少ないようです。

冒険家としてのメインの収入源

冒険家としてどのように収入が入るかイメージ出来ないと思いますが、主な収入源はスポンサーになります。冒険の内容を伝えてスポンサーを募集する事を企業や団体に協力を仰いでスポンサーを付けます。冒険家が成功すればスポンサーとして大きな宣伝になり、失敗しても企業に損はありません。

冒険をしている間はスポンサーが費用を出してくれるのでそれがメインの収入源になるのです。ちなみにスポンサー収入は冒険をしている間だけなので、していない期間は収入はありません。

異業種から冒険家への転職は給与の確認を

異業種から冒険家になる場合には、年齢に関係なく十分な収入は得ることが出来ません。冒険に出るには果てしない知識と道具の使い方から危険生物の認知、語学力も必要になるので、すぐに活躍できる人は少ないでしょう。大幅に給与がダウンする事は間違いないので、慎重な判断が必要になるでしょう。

異業種から冒険家になる事を検討している人は給与の確認もそうですが、冒険家は長期間自宅に帰る事が出来ない事も多くあるので生活スタイルの変化についても気を付けておく必要があります。

高給与を目的としている人は少ない

冒険家の仕事として初任給はかなり低めの傾向がありますが、基本的に冒険家として活躍したいと考えている人は高い給与を求めて仕事をしている人は少ないです。冒険家は夢とロマンを求めて他の人が行かないような土地に出向いて発見や研究をすることで、そこに冒険家は夢を求めているのです。

冒険家としてリッチな生活が出来る人は一握りですし、冒険家を目指す人はその可能性についても理解している人が多く、それでも冒険心に情熱を燃やして活動しているのです。

他の職業とは異なる生活

冒険家ではほとんどがフリーランスとして活動しています。企業に勤めている人に比べると定時が定められていないので、1週間で冒険家として活動する日程も人それぞれで自由に決めることが出来ます。

冒険家は生活のすべてが自己責任であり、人によって大きく異なるポイントです。他の職業とは異なる特殊な仕事である事は覚えておきましょう。

冒険家の平均給与

冒険家の平均給与は約20万円

厚生労働省のデータによると冒険家の平均給与は全国平均が約20万円となっています。

冒険家の仕事は危険と隣り合わせで前人未到の地へ繰り出し新しい発見や分析を行う事で、経験と知識を兼ね備えたベテランでも時に自然の餌食になってしまう事もあるハードな仕事です。一人孤独に長い期間の冒険をする仕事内容と比べると冒険家の給与レベルは低めと考えられます。

ただ新しい発見やそこでしか見ることの出来ない景色を独占できるやりがいの大きな仕事です。給与だけに捉われて、心が折れないようにすることも大切になりそうです。

冒険以外でも得られる収入は多い

冒険家の仕事では経験を積んで知名度が上がれば冒険で撮った写真を写真集として発売することが出来ます。さらに講演会やテレビのメディアへの出演などの仕事をすれば収入は増えるでしょう。

芸能人のように定期的にテレビ出演などはないですが、今までの経験を伝える仕事の一つとして大きな収入源にはなるでしょう。冒険家の仕事の収入源としては冒険以外にもあり、知名度に影響することは覚えておいてください。

男女で平均給与に差はない

冒険家は男性の仕事であるイメージがありますが、女性でも冒険家になる事は出来ますし、活躍している人も多いです。男性でも女性でも冒険家の平均給与には差はほとんどないと言えます。有名になればなるほど収入は得やすいので男女ともに可能性が高い仕事の一つです。

経験によっては給与アップにつながることも

冒険家の給与は一般的に低めではありますが、経験を積むことで冒険家しての給与の他にメディアや講演会の依頼、書籍の出版などでお金を得ることが出来ます。多くの収入を得るためには冒険家として知名度が必要になります。

冒険家をする上では役職などがない為、地道に冒険を続けて経験を積みサイドビジネスとして給与のアップをしていく事が一般的です。

冒険家の平均年収

冒険家の年収は200~300万円前後

冒険家の平均年収を、厚生労働省のデータから算出すると、約250万円になります。
新人の冒険家の場合の給与が約0~10万円なので100万円台になる事も考えられますが、年齢を重ねて経験を積んでいく事である程度安定した収入になると予想されます。

前人未到な地への冒険に成功させたなど偉業を成し遂げることで、大幅な給与アップは見込めますが、危険な場所への冒険をする必要があるので命を落としてしまうかもしれない仕事と考えると、年収レベルは低い傾向にあると考えられます。

40代の冒険家が、年収レベルが一番高い

冒険家の年収は一般的に低めの傾向にありますが、20代では100万円台という事に対して40代になると400万円台という人も多くいます。

冒険家として経験を積んでいく事で自然環境の中での生活が身につく事からマネジメント育成などの人材教育を行う事もあります。冒険家として幅広い活動が出来ることが高年収の一つの理由であると言えます。

冒険家をしつつアルバイトをする人も

冒険家として活動している人の中にはアルバイトをしている人も多くいます。冒険に出るには莫大な資金が必要になるので、アルバイトで稼いでいる人が多いのです。

冒険に出れないときにも生活していくためにはお金が必要なので、冒険家としての仕事がない時にはアルバイトで生計を立てていることになります。一番理想なのは冒険に出ていないときにメディアの出演や講演会という仕事がある事ですが、冒険家としての仕事だけで生計を立てることが出来る人は一握りです。

冒険家としての種類によって年収も変わる

冒険家として一言で言っても、フィールドによって呼ばれ方は異なります。海を拠点に活動する冒険家を海洋冒険家、未開の洞窟などを中心に冒険をする人を洞窟探検家、北極などの極寒の地で調査する冒険家を極地冒険家などと言われています。そんな種類の多い冒険家ですが、それぞれの年収も差があります。

多少の年収の差はありますが、冒険家として全てに共通することはいかに冒険家としての知名度を上げていくかという事。誰もなしえなかった事を達成できれば年収も上昇傾向になると考えられます。

冒険家の給与・年収まとめ

冒険家の年収レベルは低め。給与よりもやりがいを感じられる

冒険家の給与レベルは精神的にも肉体的にもかなり負担がかかり、命の危険に晒されることもあるので、仕事内容とすると低めであると言えます。冒険家としての知名度が給与や年収にも影響しやすい特徴があります。

世界中を旅する特殊な仕事であるが故に夢とロマンが詰まった仕事であると考えられます。経験を積んで冒険家としての指導ができ、仕事の幅が増えて高年収を期待することが出来ます。

冒険家の参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種その他

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

冒険家の関連記事

その他に関する他の職業KANREN JOB