塗装工の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

塗装工の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

密かな人気のある塗装工の仕事。平均の給与や年収はいくらくらいなのでしょうか?より高い収入を得るために、独立や開業を目指す人もいるでしょう。今回はこの記事で、塗装工の平均給与や年収とともに、給与アップの可能性や手段についてご紹介します。

塗装工の初任給

新人塗装工の給与は平均約15~17万円

新人の塗装工として働く場合、初任給は15~17万円程度が相場といわれています。塗装業とひとくちに言っても、建築から板金など働く会社によって給与や年収は変わってきます。

また、建築や土木関連の塗装工の給与は日当制を適用している会社が多い傾向にあります。逆に板金や自動車の塗装工の場合は月給を適用しているケースが多いです。どちらにしても、見習い期間というものが職人の世界にはあるので、見習い期間は仕事がハードな割には給与面的には、少し厳しい状況が待っているようです。

異業種からの塗装工からの転職は給与の確認を

大体の職種にも言える事ですが、職人業でもある塗装工でも企業の規模の大きさによって給与の差は出ていきます。

会社によっては採用の段階から経験者と未経験者で給与の差がでるケースもあります。異業種からの転職をする際には、給与形態がどうなっているのか、最高でどれくらい貰えるのかはしっかりチェックしておいた方が良いでしょう。

転職した時の給与は経験や持っている資格で左右されやすい

転職する際には、経験者である方が採用されやすいです。塗装工の仕事は専門性が高く、例えば板金塗装などの作業は高度な技術が必要になってきます。だからこそ資格を持っている事や経験がある事で、転職した時にも高い給与で採用される事もあり得るでしょう。

他にも仕事現場によっては高層ビルやマンションなど高い場所で作業する事が多いです。その場合高所手当など(特殊勤務手当とも言われています)が付くことにより給料が上がる可能性が高いです。新卒採用者と同じ給料を提示される場合もあるので、なるべく経験や実績をアピールすることが大切です。

平均給料は塗装工として働く場所や地域によって変動

塗装工といっても業種によっては給与も変動します。さらに地方にいくほど、給与や年収は低めの傾向にあります。東京は比較的高めですが、ほかの都道府県は年収に直すと高くても300万を超えるか超えないかくらいとなっています。

塗装工が求められている県によっては建築業界で塗装工の仕事の需要が増える事もあります。

塗装工の平均給与

塗装工の平均給与は約17万

見習い期間の給与は17~20万円前後が塗装工の全国平均となっています。どちらかというと専門性が高くリスクも高い仕事の割には低めの傾向にあります。

しかし正社員として働いていく事で勤務年数や資格によっては昇給や手当も上がっていくので、年収を上げられる事も期待できるのではないでしょうか。さらに社員が1,000人以上もいる大手企業を狙うことで、高い給与が貰えるでしょう。

特に塗装工の仕事は特殊勤務手当やリスクが伴うためその為の手当やボーナスを含めると企業一般的な会社よりも高収入を狙える可能性が高いと考えられます。

経験や実績によっては給料アップにつながることも

塗装工としてさらに給与アップを狙うなら、スキルアップしていく事が重要になります。自身のスキル次第で、給与が上がる見込みがある仕事だと言えるでしょう。しかし、それに応じた技術力から忍耐力や指導力など塗装工としての専門的な技術以外の力を要求されることも考えておきましょう。

転職の際にも経験してきた事や実績によっては塗装工の仕事でも選べる業種は広がります。 他にも今まで働いてきた経験や管理者などの役職についていた経験があれば、給料に実績を考慮してもらえる可能性が高いでしょう。

基本的に塗装工として10年以上働いているなど、一定の経験年数があれば新卒採用者と同列の給料になることは少ないようです。しかし前職の給料水準を保証してもらえるかどうかは勤務先によって異なります。

求人を探す際には給与以外の手当てもチェックしておく事

給与が時給計算か日当であるかの確認も大事ですが、塗装工には他にはない手当があります。正社員であれば基本的に給与とは別に賞与も貰えます。基本給以外の各種手当やボーナスも、正社員であれば年に約2回支給されます。

転職、就職する際には昇給についてもちゃんと載せているか、福利厚生は整っているかを確認するようにしておきましょう。

塗装工の平均年収

塗装工の年収は約300万前後

塗装工の平均年収は、200~300万円前後となります。経験年数が長くなるにつれ、働き盛りくらいの年収だと高くても400万前後になるでしょう。勤続年数や年齢、地域、学歴によっても変わりますが、平均的にはこの年収が多いです。

男女で平均年収に差がでやすい傾向

塗装工になる男女比率でも男性の方が多く、さらに勤務年数も比較的に男性が高めにあります。すべての会社でとは言えませんが、高く見積もったとして男性の年収が400万前後に対して女性の場合は約300万になります。100万くらいの差は出ているのが現状となっています。

男女で給料に差が出やすいのは、力仕事であることや高所の作業もあることで、男性にしてもらうというケースが多い業界でもあるからではないでしょうか。

さらに女性の場合は結婚や出産で一旦現場を離れ、落ち着いてから再び復職するケースが多いためといわれています。女性の場合は何らかの事情でキャリアが中断するケースが多いことが考えられるでしょう。

独立することで高収入の可能性も

塗装工で400万越えを目指すのであれば、独立して親方になる事で年収1,000万越えも目指せる事も夢ではないです。親方クラスになるにつれ基本的に現場仕事より経営マネージメントの仕事が多くなります。

しかし独立をしたばかりならば、ビジネスマナーや営業に関する知識なども身に着けておくべきです。塗装工として働きながらも、他の事も勉強しておく事で後々の独立の際に役立つでしょう。出来るなら一社員として働いている時に、暇を見つけて塗装工以外の資格も取っておいても損はないと考えられます。

さらに税金管理や営業活動も自分でしなくてはならない為、いままで会社や親方に任せていた税金対策についても勉強しておいた方が良いでしょう。

将来親方として独立するために人脈作りをしておく事

人によっては見習い期間を経て、一般社員としてそのままで、という人もいます。しかし塗装工は高収入やキャリアアップの為にも独立する人が多い仕事です。しかし、人脈がなかったり独立したのはいいものの仕事が取れないという人は他の現場の応援に行くこともあったりと日雇いで稼ぐという人も少なからずいます。

そうならないように、人脈作りをしておく事は後々、自分の現場に応援に来てもらったり、他の現場に応援をだしたりして稼ぐことが出来ると考えられます。塗装工でも手がける業種によって独立した際にも影響がでる事もあるので、独立する前にちゃんとした計画を立ててから独立する方が良いでしょう。

塗装工の給与・年収まとめ

塗装工の年収レベルは比較的高め。キャリアアップによって高収入の可能性も

塗装工の平均給与や年収のレベルは比較的高めです。しかし精神的・肉体的にもハードかつ、タフさと繊細が求められる仕事でもあります。特に見習い期間が過ぎるまでは、覚える事も沢山あるため、厳しい生活が待っている事もあり得ます。

ですが、見習い期間を終えて実力がついていく事で給与が上がることや任せられる仕事も増えていく事はやりがいにもなるでしょう。コツコツと技術を身につけていく事でキャリアアップからの独立など、高収入も夢でない職業です。

塗装工の参考情報

平均年収300万円〜400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

塗装工の関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB