Webメディア企業社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

Webメディア企業社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

Webメディア企業社員の主な仕事は、Webメディアの企画・製作・運営を行うことです。サイトやブログなどの企画を考えるディレクターや、製作を担当するデザイナーやコーダー、運用などを行うエンジニアなど、それぞれに担当する業務があります。会社の規模によっては、兼任することがあります。本記事では、Webメディア企業社員の具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

Webメディア企業社員とはどんな仕事?

Webの情報を発信、受信をする仕事

Web上に構成されているメディアをWebメディアと呼びますが、Web上で多様な情報を発信したり受信したりするのがWebメディア企業の特徴です。Webメディア企業社員の仕事内容としては、企画や製作、運営に分けられる事が出来ます。

ディレクターが新規メディアの企画を提案するところから始まり収益のための施策やターゲット設定を考えます。その内容に編集者やライターなどが写真やイラストにレイアウトして具体的に作り上げていきます。

サイト更新や業務に携わる人もWebメディア企業社員にはいますし、営業職の場合にはプロモーション企画を持ち込んだり、広告の見せ方を提案します。

Webメディア企業社員はディレクターやマーケッター、編集者や運用、デザイナーから広告営業など幅広い人が活躍しています。仕事内容はそれぞれ異なりますが、アイデアを形にして作り上げた後に多くの人を集められるような施策を行う事は共通しています。

スピードや効率も要求される仕事

Webメディア企業社員の仕事はそれぞれの担当によって仕事が異なります。新規メディアの企画の提案などが遅れれば、編集者やライターなどの仕事も遅れてしまいます。性格にスピーディーに限られた時間を効率的に使う能力が求められるでしょう。

複数のWebメディア起業社員で作業を分担

Webメディア企業社員は企画や運営、制作と仕事が分かれていますが、一人で全てフォローする事は難しい事があるために、複数のWebメディア企業社員で作業を分担する事が多いです。

どのように分担するかは勤務先によって異なります。

夜遅くまで仕事をすることも

働くときはしっかり働き、休むときは休むメリハリ重視の企業も多いのが、Webメディアです。ですが、案件が立て込んでいる時期や新しいサイトのリリース前は残業時間が増える事が多いでしょう。

時期によって残業時間が長くなり場合によっては夜遅くまで残業しなければいけない事も多いでしょう。早く帰れる日もありますが、不規則になりやすい仕事であることから体力的にハードな仕事と言えるでしょう。

Webメディア企業社員の仕事は意外とハード。体力が必要

Webメディア企業社員はかっこよく楽しそうなイメージがあるかもしれませんが、専門的な分野である事から精神的にも負担の大きい仕事です。メディアのコンセプトや目的に基づいてメディアをどのようにするか考える頭を使う仕事です。

加えて勤務体制が不規則になりがちな事を考えるとWebメディア企業社員の仕事は体力も必要になると考えられます。

Webメディア企業社員の給料レベルは幅がある

勤務場所によりますが、Webメディア企業社員の給料は他の職業に比べるとかなり幅がある傾向が多いようです。

一般的には20〜22万円前後の給料からスタートして、年収は300〜800万円と言われています。Webメディア企業社員としてどの立場で働いているか経験や実績も大きく年収に影響していると考えられます。

Webメディア企業社員の具体的な仕事内容

Webメディア企業社員の仕事はWeb情報の発信と受信

Webメディア企業社員の仕事は、Webの情報の発信と受信、媒体の企画や運営をすることにつきます。

Webメディア企業社員として働く人の中には下記の一覧から見ても多くの職種の人が活躍しています。

  • プランナー
  • ディレクター
  • プロデューサー
  • マーケッター
  • ライター
  • 編集者
  • デザイナー
  • 運用
  • 新規事業企画
  • 広告営業

職種によって多岐に及ぶ仕事内容

Webメディア企業社員の仕事はそれぞれ職種によって仕事内容が異なります。多岐に及ぶ仕事は、経験や実績によっても任される内容が異なるでしょう。

アクセス分析やミーティング

Webメディアの運営管理を行うWebメディア企業社員のWeb編集者は、担当するメディアのアクセスを確認して改善点を洗い出すアクセス分析は大切な仕事の一つです。アクセスデータと今後の課題を編集チームとの共有も欠かせません。ミーティングを定期的に行い情報共有しています。

打ち合わせ

Webメディア企業社員の仕事としてどの職種の人でも打ち合わせは行います。運営管理を行うWeb編集者は自社メディアの検索順位と流入数をあげる施策の提案を打ち合わせによって行います。

下積みからはじまるWebメディア企業社員の仕事

Webメディア企業社員の仕事は下積みから始まる事が多いです。Webメディア企業社員になるために専門学校や大学を出て就職する人が多いですが、すぐに本格的にWebメディアの運営や企画を出来る事はありません。

Webメディア企業社員といっても職種によって仕事内容が異なりますし、専門的な分野の仕事という事で入社して1年は下積みとして働く必要があるでしょう。下積みをコツコツとこなしていく事で、出来る仕事の幅が増えていきます。

転職は3年が区切りになることが多い

Webメディア企業社員は3年を一区切りにして転職を考える人も多いようです。スキルアップで転職を繰り返してレベルの高い勤務先で学ぶ人も多いです。

Webメディア企業社員の場合にはインターネットサイトで特集が組まれていることも多いです。年間を通じて正社員や派遣社員など求人数は多い特徴があります。経験を積んでスキルを高めれば給料アップを開ける可能性もあるでしょう。

Webメディア企業社員の仕事のやりがい

新しい技術に触れていられる仕事

Webメディア企業社員はITを活用する事でビジネスを生み出します。最新のIT技術に触れる機会がとても多く、新しいサービスや技術を仕事に活かすことが出来ます。

ITは変化が早いと言われていて、ありきたりのやり方では続ける事は不可能です。新しいやり方を常に取り入れながら最善の方法を考えることが出来る事はエキサイティングな仕事と言えるでしょう。

流行に敏感になる仕事

Webメディア企業社員のやりがいの一つとしてトレンドに敏感になれる事が挙げられます。Webメディアには多くのジャンルがありますが、消費者や社会に必要とされるものを生み出さないとビジネスとして成り立たせる事は出来ません。

Webメディア企業社員は世の中のトレンドに敏感になり、細かい動きについても把握していなければいけません。インターネットで情報を収集したり、書籍や雑誌などで求められているかを考えます。日常的に流行りについてを追っていると自然とトレンドについて敏感になり世の中の動きについて詳しくなれるでしょう。

若い人が活躍しやすい環境

Webメディア企業社員は若い人が活躍しやすい環境にあります。インターネットビジネスが新しい産業としてあり、柔軟な発想力や吸収力を持つ若い人が必要とされているからです。年功序列ではなく意欲や実力で上り詰めていける環境は、とても刺激的な職場と言えるでしょう。

Webメディア企業社員の仕事内容まとめ

Webメディア企業社員は努力やセンスが求められる仕事

Webメディアの企画や運営を行うWebメディア企業社員は、Webの情報を発信、受信を行い多くの人を集める事が仕事です。Webメディア企業社員として働く人は、それぞれ職種が異なり仕事内容はそれぞれ多岐に及びます。頭で考えることも多いので体力的にハードな面がある事も特徴と言えます。

案件が立て込んでいる時期や新しいサイトのリリース前は、プライベートをゆっくりと過ごす事は難しいかもしれません。ですが、若い人が活躍しやすくのぼり詰めていける環境で働けることや、流行に敏感になれる事は、何よりのやりがいに感じられるはずです。

Webメディア企業社員の参考情報

平均年収300万円~800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

Webメディア企業社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB