自動車メーカー社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

自動車メーカー社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

新しい自動車の企画から製造までを行っている自動車メーカー社員の給与水準は高いといわれていますが、一体どれくらいの収入を得られる仕事なのでしょうか。自動車業界で働きたいと考えている方の中には、収入面を気にされている方も多いはずです。本記事では、自動車メーカー社員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

自動車メーカー社員の初任給

自動車メーカー社員の初任給は約18~20万円

自動車メーカー社員の初任給は、約18~20万円前後がボリュームゾーンとなっています。自動車メーカー社員の仕事は「事務系」「技術系」の2種類の職種に分かれていますが、総合での平均的な初任給が前述した金額となっています。

ちなみに、この初任給水準は企業の規模によらず、大手企業であっても同様の給与額となっていました。大手企業といえば「トヨタ」「日産」「ホンダ」などがありますが、いずれの企業でも初任給自体に大きな差はないようです。

また、自動車メーカーは年功序列制となっているようなので、給与アップを目指すのであれば、経験を積んで長期間勤務することが給与アップに繋がるといえるでしょう。

高学歴を持っていれば初任給が高い

自動車メーカー社員の採用条件として、基本的には高等専門学校卒業、または大卒といった学歴が求められます。また、技術系に関しては理系・工学系などの学科・学部までが求められます。というのも、自動車の技術は日々進歩を続けているため、より良い商品の企画・製造には最先端の知識とスキルが必要となるからです。

そのため、高等専門学校や大学ではなく、より最先端な知識とスキルを学べる修士修了や博士了、大学院といった高学歴を持っている方の場合、平均的な初任給は約23~25万円が相場となっていることがわかりました。

また、このような高学歴を持っている方は、企業から優先的に採用されるといったケースが多く、就職に役立てることができます。あくまでも採用率が上がるというだけで、確実に入社できるというわけではありませんが、専門的な知識とスキルを身につけておくことで、採用されれば安定した収入を得られるようになるでしょう。

自動車メーカー社員の平均給与

自動車メーカー社員の平均給与は約50~60万円と高め

自動車メーカー社員の平均給与は、約50~60万円前後がボリュームゾーンとなっています。自動車メーカー社員の給与水準は高めになっているので、安定した収入を得ることができるようです。

しかし、上記でもご紹介したように、自動車メーカーでは年功序列制を取り入れているため、年齢や勤続年数によって給与額が異なる場合があります。実力主義であれば、20代の方でも高い収入を得られる可能性はありますが、自動車メーカー社員の場合は、若い世代の方で高収入を得るのは難しいでしょう。

ただし、年功序列制ということは、勤続年数が長くなればなるほど収入がアップする仕組みなので、実力主義の職業に比べて安定した収入を得やすいといえるでしょう。たとえどんな職業であっても、最初から高収入を得るのは困難なので、真面目に仕事を続けることが大切です。

入社する企業によって給与額が異なる

前章では自動車メーカー社員の平均給与についてご紹介しましたが、入社する企業によっては給与額が異なっています。こればどんな職業にも共通していえることですが、企業によって得ている利益が異なるので、社員に支給される給与額も当然異なります。

つまり、大手企業であれば商品の売れ行きが良く安定した利益を得ているため、社員への給与や手当なども充実しています。しかし、中小企業の場合は、大手企業と比較すると会社の利益が少ないので、給与額も少なくなってしまうケースがあります。

そのため、自動車メーカー社員を目指す方で安定した収入を求めるのであれば、有名な大手企業への就職をおすすめします。採用情報に関しては各企業のホームページに掲載されているので、就職の際には一度目を通しておくと良いでしょう。

大手企業であれば給与を減らされる心配がない

自動車メーカー社員の給与は、大手企業であれば給与を減らされる心配がほとんどないようです。基本的には、大手企業であれば消費者が求める商品の開発・製造にとても力を入れていますし、円高円安にそこまで大きく左右されず、売れ行きも良好で安定した利益を得ることができています。

そのため、社員に支給される給与や手当が増えることはあっても、減らされる心配はほどんとないので、安定した収入を得られるといえるでしょう。また、大手企業であれば良い待遇を受けられることが多いので、収入面で不安を感じることもなく安心して働くことができます。

諸手当や福利厚生はどの企業でも充実している

自動車メーカーには様々な企業が存在していますが、どの企業であっても諸手当や福利厚生が充実しているといわれています。諸手当では「通勤手当」「時間外勤務手当」「家族手当」「住宅手当」、福利厚生では「社員寮完備」「社宅完備」「施設・保養所の利用」「特別見舞金制度」などがあります。

仕事をする上で、諸手当や福利厚生は重要なポイントとなりますし、収入に関係することもあるので、それぞれが充実しているのは魅力的だといえるでしょう。また、諸手当や福利厚生は、企業の規模が大きいほど充実している傾向があるので、手当・福利厚生を重視する方は大手企業への就職がおすすめです。

自動車メーカー社員の平均年収

自動車メーカー社員の平均年収は約600~800万円

自動車メーカー社員の平均年収は、約600~800万円前後がボリュームゾーンとなっています。大手企業の場合は勤めている社員数が多く、年齢も勤続年数も異なるため、人によっては年収に大きく差が生じている場合があります。

しかし、長年働き続けることでこのような年収を得ることができるので、頑張り甲斐のある職業だといえるでしょう。ちなみに、日本の平均年収は約400万円といわれているため、比較すると自動車メーカー社員の平均年収は高水準となっています。

大手企業の場合は年収800万円を超えることもある

大手企業で働いている自動車メーカー社員の中には、年収800万円を超えているという方がいるようです。大手企業では会社が得る利益が多いので、社員への給与や手当などが多く支給されます。

そのため、有名な大手自動車メーカーに勤めることができれば、高収入を狙うことができるといえるでしょう。しかし、自動車メーカーは年功序列制なので、長く勤めなければ高収入を得られないということを理解しておきましょう。

管理職に就ければ収入アップに繋がる

職業を問わず収入アップの方法として知られているのが、管理職への昇格です。管理職に就くことができれば基本給がアップしますし、ボーナスや手当なども一般の社員に比べて高くなります。

そのため、満足できる収入を安定して得られるので、収入アップを狙うのであれば管理職への昇進を目指すことが必要となります。また、これから自動車メーカー社員へと就職する方も、将来のことを考えて管理職になるための努力を行うと良いでしょう。

満足できる収入を求めるなら転職も1つの手段

現在、自動車メーカーに勤務している方で満足できる収入を得られないという方は、転職を検討してみてはいかがでしょうか?転職先によっては給与水準が高く、手当や福利厚生がより充実しているところもあるので、満足できる収入を得られるようになるはずです。

また、転職に不安を感じている方は、転職サービスを利用してみると良いでしょう。求人探しから内定確定までをしっかりサポートしてくれますし、面接以外の企業とのやり取りは、担当のアドバイザーが受け持ってくれます。

他にも、転職成功のノウハウを学べたり、アドバイスを受けたりすることもできるので、安心して転職することができるでしょう。

自動車メーカー社員の給与・年収まとめ

自動車メーカー社員の給与・年収レベルは高く安定収入を得られる

自動車メーカー社員の給与水準は高く、諸手当や福利厚生なども充実しているため、給与・年収レベルは高めとなっていることがわかりました。

特に、大手企業に就職できれば、安定した収入を得ることができますし、高収入を狙うことも可能です。しかし、一言で大手企業といっても有名な自動車メーカーはたくさんあるので、自分の目的に合った企業をしっかりと選ぶことが大切だといえるでしょう。

自動車メーカー社員の参考情報

平均年収600万円~800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

自動車メーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB