モデルの給与・年収は?上下幅が大きく生計が成り立たないこともあるが、人気モデルは夢のある年収

モデルの給与・年収は?上下幅が大きく生計が成り立たないこともあるが、人気モデルは夢のある年収

モデルの給与・年収は、華やかな世界とは対極に厳しい面もあります。撮影現場の仕事がないモデルは低い収入となりがちです。しかし、人気モデルは他の職業と比べても桁違いの収入となります。厳しさとチャンスが混在するモデルの給与・年収について詳しくお伝えします。

モデルの初任給

モデルの初任給は約10万円

モデルの初任給は約10万円と、他の職種と比べ低めの水準となっています。また、初任給自体がゼロという方も多いです。

なぜならば、モデルの仕事における受注形態が影響しています。収入が発生する機会は基本的には撮影単位であり、撮影現場がなければ収入はない事となります。

この撮影単位の収入という流れは雇用についても関連する内容です。通常、モデルの仕事は事務所に所属して撮影案件単位で仕事を受けます。しかし、モデル事務所の正社員という雇用形態は少ないケースです。

モデルの大半は事務所と契約する個人事業主という立場になっています。よって、仕事が取れなければ売り上げがなく、初任給ゼロという形になります。

アルバイトを掛け持ちして生活するモデルも多い

初任給では生計が成り立たない為、アルバイトを掛け持ちする方も多いです。しかし、モデルの撮影は案件により曜日や時間など不規則な形となります。例えば、日の出を背景に撮影を行いたいという案件では、早朝に撮影準備を終えて待機しておく必要があります。

このため、アルバイトも時間に対して融通が利く仕事が好まれています。シフト制の飲食店や期間限定のアルバイトを兼業する駆け出しモデルも多いと言われます。

また、モデルとしての特色を生かしたアルバイトにも就く事があります。こちらはイベントコンパニオンが特に多くなっています。

撮影あたりの給与形態に変化もある

1つの撮影現場に対する給与相場も、初任給に影響していると言われています。モデルの撮影報酬において最低限でも1現場あたり1万円台の確保はできるとされていました。

しかし、モデルになりたいという方も増え、モデル人気を背景に1現場あたりの収入が低下してきました。これは初任給を貰う、経験の浅いモデルにとって影響が大きい事です。内容によっては1現場あたり数千円台まで下がってきています。

また、当該撮影における成果を出来高という形で清算する流れもあります。雑誌に掲載されれば給与に反映されますが、結果として掲載が少ない場合は1現場1万円台に届かない額となる形態も見受けられます。

読者モデルは更に撮影あたりの単価が抑え気味

雑誌などで読者としての立ち位置からモデルとして登場する読者モデル(略称では読モ)は1現場あたりの収入は更に抑えぎみであると言われています。

なぜなら、読者モデル自身が収入以上に撮影現場に価値を持っているからとされます。最新ファッションをいち早く、雑誌撮影という形で取り入れられるというお金以外の価値に重きを置くと言われています。

また、学生や会社員などの本業があり、副業として取り組む方も多くいます。読者モデルもなりたいと憧れる方が多い職業です。そのため、希望者が多く、競争が激しい部分も経験が浅い読者モデルにとっては収入面が抑えめになる要因です。

モデルの平均給与の統計

モデルの平均給与は約20万円

モデルの平均給与は約20万円と他の職種における平均給与と比べるとかなり低めとなります。給与水準において20万円よりも下の方が多数いるという現状があります。

逆に、給与が高い方は他の職種と比べても高額ですが、人数は極めて少ないです。よって、平均給与ではかなり低めの値となります。

また、モデルの給与が年齢や業務経験歴に関係なく、人気という実力要素が影響を占めることもこのような給与の差がある形となります。これは、人気があれば他の職種よりも高めの給与を経験が少ない段階から狙えるチャンスとしても捉えられています。

個人事業主として福利厚生が期待できない

モデルはモデル事務所に所属する個人事業主という働き方が一般的です。このため、福利厚生では正社員ほど手厚い保障が少なくなります。社会保険の会社負担額など給与の額では見えにくい差ではありますが、加味して考えたいところです。

さらに、ボーナスも固定給の数カ月分という形では期待できません。雑誌販売部数に対する貢献度としてボーナスという形で事後支給される形態もあります。しかし、一般的に見受けられる半年ごとに一定額を手に入れるという形はないと言えます。

人気モデルでは月収50万超えも

人気モデルは月収50万円超えもあると言われます。肝心の1撮影単価も5万円前後まで跳ね上がり、人気と共に撮影案件数も増加する為、スケジュールの空きもなくなるとされます。

また、専属モデルという契約形態も人気が出たモデルでは特徴としてあります。一定の継続契約という形で月額数十万円など固定額の収入が見込めます。

収入モデルとして専属契約をベースとして、契約で可能な範囲にて他のスポット案件も受ける形で安定した高収入が出せると言われます。

読者モデルもカリスマと呼ばれる人気が大切

読者モデルは人気が出ると、雑誌媒体における販売部数に大きな影響を与えると言われます。いわゆる、数字を持っているモデルとしての評価です。このように高い評価を受けるとオファーが殺到して、1回あたりの撮影単価が多少低くとも案件数の増加が見込まれます。

また、読者モデルはカリスマと呼ばれる事もあります。こちらは、対象の読者モデルが着る服やネイルなどを真似したいと思う方が増えるという事です。

これにより、洋服等の宣伝効果が高いモデルとして発注側から認識されます。宣伝を行いたい発注側の企業からタイアップ案件というオファーが増え、収入増加に繋がるとされます。

モデルの年収統計

モデルの年収は250万円前後

モデルの年収でも上下に差が大きい形となっています。特に、年収100万円に届かない方も多い事が平均年収を下げる要因となります。しかし、人気が出ると年収は数千万単位では止まりません。世界的に有名なモデルでは億単位の年収をあげる方も複数います。

年収に繋がる事はモデル本人に対する人気がどれだけあるかにかかってきます。これは、モデル撮影の単価にも影響を与えますが、それ以上に大きい事はタイアップ企画など収入源の広がりが大きいです。

人気モデルの年収は桁が変わる

世界的な人気モデルは億単位の年収を稼ぐと言われます。なぜなら、モデルによるアピールできる範囲が国単位を超えて多くの方に影響を与えるからと言われます。国や地域を跨いで、宣伝効果という影響をモデルが生み出すからこその評価であります。

国内を活動の中心と据えるモデルにおいても人気モデルは年収1,000万円台を達成します。こちらはテレビCMなど活動の範囲が広がるにつれ、広告効果も絶大となり、モデルの年収に繋がるとされます。

モデル現場から派生した収入が大きい

高い年収をあげるモデルの収入源は多彩な内容があります。特に、テレビCMにおける収入額が大きいと言われています。テレビCMは1本あたりの報酬額も高めです。さらに、好評であれば複数社をかけ持つ事も可能であり、金額と案件数の両面から収入の幅を広げます。

テレビCM以外にも人気モデルの収入では撮影現場から広がりを見せていきます。テレビドラマへの出演やバラエティ番組への出演などテレビに関する仕事への広がりが多くあります。

スポンサー契約の多彩さも恩恵がある

昨今ではブログやSNSなどメディアも多彩となり、スポンサー契約の形態も多くなってきました。より分野も細分化され、モデルにとってチャンスの広がりと言われます。

仕事を発注する側にとってもモデルが商品を使用して、使用感覚を発信してもらう事を好むようになってきました。これは、口コミ効果を期待する発注者側の思いがあります。

モデルにとってもスポンサー契約の広がりは歓迎する形です。撮影だけではなく、自らがブログなどで発信するという新しい仕事への取り組み方も開拓できます。

モデルの給料・年収まとめ

人気が出るまでは厳しいが夢のある年収も狙える

モデルの給料・年収は、初任給から一貫して人気次第で上下の幅が広くなっております。撮影現場の仕事がないモデルも多い、厳しい世界です。

しかし、人気があれば年齢やモデル経験の長さに関係せず高収入が狙えます。高収入の額も職業によっては届く方がいないくらいの億単位も目指せます。夢のある年収が狙えるモデルには厳しくもチャンスはあり、人気の職業としての地位を保っています。

モデルの参考情報

平均年収250万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

モデルの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB