モデルの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

モデルの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

華やかな仕事のモデルは、どのような仕事内容かご存知でしょうか。なんとなくは知っているけれど細いことはよく知らない…。そんな方も多くいるのでしょう。このページでは、モデルの仕事内容について紹介しています。これからモデルを志す方はぜひ参考にしてください。

モデルとはどんな仕事?

モデルが行う仕事ついて、簡単に紹介していきます。

広告塔して活動する

モデルの役割はさまざまな企業の広告塔として活動をする仕事です。その中で多いのが商品を身につけて発信したり、雑誌が求める人物像に合わせた格好にして撮影をしたりなど、消費者にイメージを与えるために行う仕事です。

そのため、雑誌のモデルもあれば、ブランドがどのような服を作っているのかを宣伝するために行うファッションショー、企業がイメージする購入層を分かりやすくするためにモデルになってもらうなど、さまざまな場所で活躍することができます。

どちらかというと、名前は出ないものの表舞台で活躍をする仕事です。名前はわからないけど、この広告は見たことがある!といったものにモデルは多く登場しています。

一生稼ぐことができる仕事

モデルの仕事の最大の特徴は、モデルとして軌道に乗ってしまえば一生歳を取っても活動ができる仕事ということです。

タレント、アイドルの場合は年齢によって仕事が大きく変化していきます。特にアイドルは顕著に現れます。若いうちは仕事がたくさんあるものの、年齢を重ねていくと仕事が減り最終的には全く仕事がないということもあります。

一方で、モデルは20代であれば学生、大学生、30代であればオフィスレディー、親、40代であればお父さん、お母さんと年齢に応じた役割を与えられるので、仕事が全くなくなることはありません。

そのため、モデルとしてキャリアを積めば継続的に仕事を行うことができます。もちろん、モデルの中には結婚し子どもを産んだ後でも活躍するケースもあるので、仕事と家庭を両立させてできる仕事でもあります。

モデルの仕事の具体的な内容

それでは、モデルになるとどのような仕事があるのでしょうか。具体的な仕事内容について紹介していきます。モデルといってもさまざまな仕事内容があるので、ぜひ参考にしてください。

ファッションショー

トップモデルと言われるモデルになると、世界的なファッションショーモデルとして活躍をします。このようなモデルになるには日本人でもかなり少なく、狭き門であると言えます。

もちろん、日本で開催されるファッションショーであれば日本人でも構いません。しかし、それでもファッションショーに参加できるモデルは実績のあるモデルに限られてしまうということも覚えておくと良いでしょう。

もちろん、ファッションショーを最終目標にしてモデルとして実績を積んでいる方も多くいるので、ファッションショーモデルを目標に活動しても構いません。

広告の出演

モデルとして最も多いケースが、商品を宣伝するために出演をするケースです。商品の宣伝といっても、さまざまな方法があります。

テレビ

テレビにモデルが出演することもあります。テレビ出演がきっかけでモデルからタレントになるケースもあります。そのため、テレビ出演のオーディションは厳しく狭き門であると言えます。しかも、動画での出演になるため演技も必要になります。

雑誌

雑誌を中心に活躍するモデルもいます。ここで「読者モデル」という存在を思い浮かべる方もいますが、読者モデルはどちらかというと報酬をもらうことがありません。ここでは、読者モデルではなく、さまざまな雑誌に登場するモデルを紹介していきます。

雑誌のモデルはバリエーションも多く、主婦向けの雑誌からブライダル雑誌までさまざまです。有名なモデルになれば、その雑誌しか出演しない専属モデルもいます。専属モデルになれば、仕事の幅が広がるため専属モデルを目指す方も少なくありません。

ネット関連

最近では、商品を通販で購入するケースが多くなっています。通販サイトに登場する人物のほとんどがモデルです。最近ではネット需要が高まっているため、モデルへの発注も多くなっています。無名の頃は、ネット関連の仕事が多くなりますが、数をこなしていけばモデルとしてのキャリアを積むことができるので、積極的に取り組んでいきましょう。

イベント出演

モデルは、CMやネット以外にもイベントに出演するケースがあります。では、どのようなケースでモデルが起用されるのでしょうか。

コンパニオン

さまざまな業界で商品を発表する展示会があります。展示会でモデルを起用し訪問客の注目を引くというケースがあり、コンパニオンとして仕事をすることもあります。モデル事務所によっては、コンパニオン専属の事務所もあるため需要は高いと言えます。

コンパニオンの場合、モデル業以外に人とのコミュニケーション能力も必要不可欠になるので、コミュニケーションを磨いておくようにしましょう。

司会

イベントでは、各ブースで定期的な時間ごとにミニイベントを開催しているケースもあります。この時に、司会として活躍するモデルもいます。司会ができるモデルは、モデルの中でも限られているため、人前で話すことが苦でない方は、司会を視野に入れて活動をすることもオススメします。

とはいえ、司会をいきなり行うことは出来ず、最初の頃はコンパニオンとして実績を積むことになるので、長期的な視野で取り組むようにしましょう。

モデルの仕事のやりがい

モデルをする上でのやりがいとはどのような点にあるのでしょうか。ここからはモデルという仕事をする上でのやりがいについて解説していきます。

非日常生活を体験することができる

モデルは、普通の人が体験できないことを多く体験することができます。モデルをやっているからこそ、体験できるものが多いため非日常体験ができる貴重な仕事です。それでは、どのような体験をすることができるのでしょうか。

ウェディングドレスが着られる

モデルとして最も良い経験になるのが、ウェディングドレスです。結婚をしていなくても仕事でウェディングドレスを多く着ることができます。しかも、1着だけでなくさまざまなパターンのドレスを着ることができるので、女性にとっては非日常的な体験をすることができます。

モデルの中では、独身がウエディングの仕事をすると婚期が遅れるという迷信がありますが、あくまで冗談で言われていることなので、あまり気にしないようにしてください。

発売前に新商品に触れることができる

商品を紹介するモデルとしての仕事であれば、新商品が発売する前に新商品に触れることもあります。そのため、視聴者よりも早く商品を手にとることができるという点では、モデルとして良い点であると言えるでしょう。

もちろん、情報公開前の情報に触れる機会が一般人に比べて多くなるため、情報統制はしっかりしておく必要があります。プロのモデルになれば情報発信に対してもプロ意識を持って活動することになるので、ぜひ覚えておいてください。

色々な職業になりきれる

さまざまな職業を演じることができるという点もモデルの良い点です。看護師、医者、学生、ホテルマン、客室乗務員などその仕事に就いていなくても、さまざまな服を着ることができるので、なりたかった仕事を疑似体験することも可能です。

このように、非日常的な体験をたくさんできるため、非日常体験をやりがいと感じている人も多くいます。

人から憧れる仕事

モデルは、限られた人しかできない仕事なので憧れの仕事として周りから評価されることもあります。モデルというだけで「すごい」と言われる仕事なので、常に注目を集めることができる仕事です。また、モデルになれば出会いも多く増えるので素敵な方と出会い結婚するケースもあります。

人に夢を与える仕事

モデルのキャリアを積んでいくうちに、あなたに憧れてモデルを志す人もいるということも夢ではありません。自分の活躍が他人の人生に大きな影響を与えるという点は、モデルのような夢を与える仕事しかできないと言えるでしょう。

モデルの仕事内容まとめ

モデルは厳しい世界であるが、華やかな世界

モデルは、努力すればなれるわけではありません。努力をしてもなれないこともあります。

しかし、モデルとして活躍することができれば、華やかなモデル生活を送ることも可能なので、諦めずにどのようにすればモデルとして活躍することができるのか真剣に考えて、取り組むようにしましょう。

モデルへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

モデルの参考情報

平均年収250万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

モデルの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB