モデルになるには?求められる要素や向いている人の特徴などを具体的に解説

モデルになるには?求められる要素や向いている人の特徴などを具体的に解説

憧れの仕事でもあるモデルは、どのようなことが必要かご存知でしょうか。このページでは、モデルに求められる必要なスキルについて紹介します。また、モデルに向いているかどうかがわからない方のために、適性なども触れているので参考にしてください。

モデルになるには何が必要?

憧れの仕事のモデルとして活動するためには、どのようなことが必要なのでしょうか。モデルに求められている要素について、詳しく紹介していきます。

美しい体型を保つ

どのようなモデルでも、美しい体型を保つ必要があります。昔はモデルといえば極端に痩せている方が多くいましたが、最近ではそのような考え方は変わり、健康的な体が重要視されています。健康的な体を維持するといっても、さまざまな努力をする必要があります。

特に、20代は体型が変化していくので体の管理をしっかりしておかなければいけません。美しい体型を維持するために、日々自分の体のメンテナンスをしっかりしておきましょう。

コミュニケーション

モデルはさまざまな現場でさまざまな形の仕事をすることになります。どの仕事も同じような内容はないので、その都度クライアントの要望を聞いておく必要があります。しかも、クライアントは毎回変わるため、その都度関係性を作り上げなければならないため、コミュニケーション能力は必要不可欠なスキルになります。

モデルだから、綺麗・かっこいい体型を保っておけば良いということではなく、コミュニケーション能力を磨いておくようにしましょう。

さまざまな表情を引き出す力

モデルで大切なことは、表情のバリエーションです。喜怒哀楽を写真やセリフなしで伝える必要があるので、表情が豊かでなければモデルとして優秀であるとは言えません。逆に、さまざまな表情を作り上げることができれば、モデルとしても立派に活躍することが期待できます。

モデルとして活躍をしたいのであれば、いろいろな表情を引き出すことができる表情作りに力を入れるようにしましょう。

モデルに向いている人、適性がある人

どのような人がモデルに向いているのでしょうか。モデルに向いている人、適性のある人物像について掘り下げていきましょう。

向いている人

モデルに向いている人は、次のようなスキルを持っている人です。モデルという仕事は「人から注目を集める仕事」「人を惹きつけることができる」ということがとても重要になります。このような点から、どのようなスキルが向いているのかを紹介していきます。

人に注目されることが好き

モデルにとって、一番大切なことは「人に注目をされる」ということです。その商品を宣伝する役割を担うため、被写体としても「訴える力」が重要になります。人から注目を集めなければモデルとしてもオファーをたくさん受けることができないので、人に注目をされる努力ができる人がオススメです。

注目をされるということをネガティブなものととらえている方もいるかもしれませんが、モデルにとって自分に注目してほしいということはとても大切なことなので、自分に自信がある方、人に注目されたいという気持ちがある方には、オススメの仕事であると言えるでしょう。

恥ずかしがらない

モデルの仕事は、意外にも度胸が必要です。その理由はモデルの撮影場所はスタジオばかりだとは限りません。時には、外に出て撮影することもあります。「撮影している」ということが外からもはっきり分かってしまうので、どうしても注目を集めてしまいます。

スタジオだと良い表情を作ることができるのに、屋外での撮影では全く良い表情を撮ることができない場合もあります。このようなモデルでは仕事のオファーも少なくなってしまうので、向いているとは言えません。どのような状況でも堂々と求められたパフォーマンスができる度胸もモデルには必要であると言えるでしょう。

美意識が高い

「人に見られる仕事」のため、常に自分磨きをしておくことも大切です。自分磨きで好きで美意識が高い人はモデルの仕事に向いていると言えます。また、どのような服でも着こなすことができる必要があるため、体型を常にキープしておくことも大切です。

人から見られているという仕事ということを理解して仕事に取り組むことができる人が向いていると言えるでしょう。

適性のある人

モデルになる意志がなくても、次のような人はモデルとしての適性があるのでモデルを志望しても良いでしょう。それでは、モデルの適性はどのようなものなのか掘り下げていきましょう。

スタイルが良い

スタイルが良ければモデルに無条件で向いていると言えます。モデルはスタイルを求められることが多いので、良いに越したことがありません。もちろん、スタイルを美しく保つことは努力をすればできますが、中には努力をしてもどうにもならない場合があります。

そのため、整形に手を出す方もいますが、整形をすると仕事が限られるだけでなく、知名度が高くなるとそのことに触れられる可能性が高くなってしまうので、あまりオススメすることができません。何もしていないのに美しいスタイルを保つことができる方は、モデルに向いていると言えるでしょう。

身長が高い

モデルは身長が高いと仕事の幅が広がります。もちろん、身長が低くてもモデルとして活動することができますが、活動の幅が限られ雑誌以外の仕事が来ないこともあります。

逆に身長が高い場合は、さまざまな仕事を受けることができるため、女性ならば165㎝、男性であれば180㎝ある方がモデル向きであると言えるでしょう。また、身長が高ければ日本だけでなく、世界を相手にした仕事も可能なので、仕事の幅も大きく広がります。

身長は生まれつき持った才能でもあるので、このような条件を満たしているのであれば、一度モデル業を検討してみてください。

朝起きが得意な人

モデルの仕事は他の芸能界の仕事とは別に、朝が早い仕事です。有名なモデルになればなるほど、朝早くから撮影を行うことになります。朝から夕方までさまざまな服を着て撮影する仕事もあるので、早起きできるかはとても大切です。

逆に、早起きができず遅刻をしてしまうと次の仕事はもらえないので、自己管理がとても重要になります。モデルになるのであれば、自己管理能力は必要不可欠になるので生活習慣をしっかりしておくようにしましょう。

英語を話すことができる

海外でモデルの仕事をするのであれば、英語能力も役にたちます。世界を相手に活躍するモデルは言語能力にも長けているため、英語で話すこともあります。世界的なモデルになるために英語を勉強しているモデルもいるので、英語が話すことができる方は有利にモデル活動ができるでしょう。

モデルになるための学校・教室

モデルになるための学校や教室はあるのでしょうか。モデルになるために通った方が良い教室を紹介していきます。

モデルの養成スクールに通う

モデルの養成スクールはモデルになる上では必要不可欠です。大手芸能事務所にモデルとしてスカウトされても、養成スクールに通うことになります。もちろん、スカウトされた場合、費用は事務所が負担してくれるため、無料で通うことができます。

モデルの養成スクールの料金はさまざまですが、平均すると10万円〜30万円台で受けることができます。スクールを卒業すると、モデル事務所に所属できるケースが多いため、モデルを目指すのであれば養成スクールに通うようにしましょう。それでは、養成学校ではどのようなことを学ぶのでしょうか。

ポージングの勉強

モデルに必要不可欠なスキルのポージングを勉強します。モデルはポージングバリエーションも求められます。仕事の幅を広げるために、さまざまなポージングを養成学校で学び、自分の個性を引き出す方法を考えます。

ウォーキングの勉強

モデルになると、ファッションショーイベントに出演することもあります。ファッションショーで歩き方をレクチャーする機会がないので、ウォーキングを知っておく必要があります。ウォーキングはプロのモデル講師から教えてもらうため、正しい歩き方を学ぶことができます。

モデルになるには?まとめ

モデルとして意識高く保つことができるかが重要

モデルになるために最も必要なことは、モデルとして意識を高く保ち仕事に取り組むことができるかということです。

モデルは、人から注目を集める仕事なので、仕事をする上で「自分が見られている」ということを意識しておく必要があります。この意識作りができなければモデルとして仕事をこなしていくのは難しいので、まずは意識を高く持つことからはじましょう。

モデルの参考情報

平均年収250万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

モデルの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB