雑貨デザイナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

雑貨デザイナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

特殊なデザインの世界だからこそ、雑貨デザイナーになるには知識や技術を磨く以外に精神的・肉体的な強さも重要です。仕事として続けるには誰より雑貨が好きという情熱を持ち続けられるかがポイント。このページでは、雑貨デザイナーに必要なスキルや向いている人の特徴などについてご紹介します。

雑貨デザイナーになるには何が必要?

雑貨デザイナーになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずは人並み以上に雑貨が好きという情熱を持ち続ける事がひとつです。

楽しそうに見える職業ですが、単に雑貨が好きというだけでは、雑貨デザイナーを目指す事は出来ても仕事を続けるのは困難かもしれません。

寝ても覚めても雑貨について考える必要があるので、誰よりも雑貨が好きで知識は負けない情熱が必要になると考えられます。

次々と新しいものが市場に出回る事から好みもそれぞれです。店舗に足を運んで流行りをチェックするなど、雑貨に対する熱い情熱が必要になるでしょう。

好奇心も雑貨デザイナーの仕事に役立つ

流行に合わせた雑貨をデザインする専門家として働くには好奇心を持つ事も大切です。

素材や商品の知識やニーズ、技術でさえも日々変わっているので好奇心旺盛に雑貨について研究出来る事が求められます。日頃から雑貨屋を巡ったり、ホームページで調べたりと研究方法はいくつもあります。

センスも雑貨デザイナーの大切な要素

新しい雑貨を作り出すのが仕事の雑貨デザイナーですが、綺麗な外観に加えて製品の使いやすさや市場のニーズも必要になります。

芸術的であっても製品のスペックを満たさないデザインは使い物にはなりません。雑貨デザイナーに審美眼を持ち合わせる事に加えて立体的に表現できるスキルなど幅広くセンスがある事が求められます。

体力も必要な雑貨デザイナーの仕事

優雅なイメージのある雑貨デザイナーの仕事ですが、意外とハードな一面もあるので基礎体力がある事も大切です。

雑貨デザイナーは、打ち合わせやリサーチ、デザインやプレゼンなど1日で行わないといけない仕事が多くあります。企業によっては夜遅くまで残業をする場合もあります。新人の頃は雑貨デザイナーという特殊な仕事から慣れるまでは長時間労働になりやすいでしょう。

ニーズに合わせた雑貨をデザインするためにも体が資本です。自己管理をしっかりと行い、体調を崩さないようにする事も大切です。

絶対必要ではないが雑貨デザイナーに関する資格があるほうが有利

雑貨デザイナーになるには必ず資格を取得しなければいけない訳ではありません。

それでも資格を取得すれば一定の知識の証明になるので、就職などで有利になると考えられます。独立を目指す場合にも必要になる事が多いので資格取得は有意義な事でしょう。

雑貨デザイナーとして働く人が取得する資格で代表的なものはPhotoshopクリエイター能力認定試験やマイクロソフトオフィス スペシャリストが挙げられます。

語学力で会話の幅を広げる

雑貨デザイナーになるには英語が出来ないいけない訳ではありませんが、語学力があれば仕事の幅が広がる可能性があります。

英語やフランス語などの語学力を身に付ける事が出来れば将来的に雑貨デザイナーとしてグローバルに活躍することも出来るでしょう。

語学に対して意欲的になる事は雑貨デザイナーとして大きなプラスになる事は間違いないでしょう。

雑貨デザイナーに向いている人、適性がある人

雑貨デザイナーになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

コミュニケーション力は雑貨デザイナーの適性のひとつ

雑貨デザイナーに求められる適性として、まずはコミュニケーション力があげられます。雑貨デザイナーの仕事は新しい商品を作り出すために多くの人と打ち合わせを行います。

時には意見がぶつかり合うことも多いですし、交渉が必要な場面もあります。同じデザイナーと意見交換や情報をシェアしたりする事もあるので、コミュニケーション能力が高い人は雑貨デザイナーとして適性があると考えられます。

絵を描く事が好きな人は雑貨デザイナーに向いている

雑貨デザイナーの適性として絵を描く事が好きな人も挙げられます。デザインをする上で絵心は大切なポイントです。絵を描くのが好きな人は雑貨デザイナーの仕事もスムーズに出来るでしょう。

手先が器用な人も雑貨デザイナー向き

雑貨デザイナーが取り扱う雑貨は多くの種類があり、中にはミニチュアサイズの雑貨を取り扱う事もあります。手先の器用さも求められます。

限られた時間の中で細かい雑貨をデザイン出来ることも雑貨デザイナーになるには有利でしょう。

リーダーシップも雑貨デザイナーになるには求められる

雑貨デザイナーになるには、リーダーシップも必要になります。デザイナーという名前からデスクで黙々と仕事をするイメージがあるかもしれませんが、実はそうではありません。

デザインをするためにはパソコンを使用するのでデスクワークになりますが、立体物を形にするには数多くの工程が存在します。素材を決めてコストを考えて修正を加えたりと動き回っている事が多いです。

それぞれの工程で多くの人と話し合う必要があるため、まとめるリーダーシップがある人も適性があると考えられます。

アイディアマンは雑貨デザイナーとして有利

長い時間をかけて1つのアイディアをひねり出すよりはアイディアを次々と自分の引き出しから出していけるアイディアマンは雑貨デザイナーとして適性があると考えられます。

雑貨デザイナーがデザインする商品のジャンルは多岐に及びますし、複数の商品を同時にデザインするので柔軟な思考も必要になると考えられます。

雑貨デザイナーになるための学校

雑貨デザイナーになるために学校に通う事は雑貨デザイナーを目指す仲間に出会えるという事。ライバルとしても切磋琢磨出来る事は大きな魅力と言えます。

デザインの基礎が学べる専門学校

雑貨デザイナーになるには専門学校に通う人が多いです。職業柄専門用語も多く、イラストやパッケージデザイン、広告など様々な分野の知識が必要になります。

専門学校に通う事で、より深い分野の知識を学ぶことでスキルを身につける事が出来るでしょう。実習が多い事から感覚的に技術力を身につけられるのは大きなメリットと言えるでしょう。

サポートを比較して学校選びを

雑貨デザイナーになるための専門学校は全国にあることから選択肢は多いと言えます。学校によって現役で活躍する雑貨デザイナーのOBから授業を受ける事も出来ます。

就職支援やサポートが手厚く就職率が高い学校なら、卒業後の進路の不安も少なくなると考えられます。夜間のコースがある人は社会人でも利用する事が出来るのでオススメです。

専門学校によってサポートやカリキュラムは異なるので、自分の求める雑貨デザイナーになるためには学校選びは大切なポイントと言えそうです。

大学でも雑貨デザイナーになるための勉強が可能

雑貨デザイナーになるために学校に通う選択肢として専門学校以外に大学に通う事も挙げられます。雑貨デザイナーに関する学科としてはデザイン学科やデザイン工学、工芸学などを学べば良いでしょう。

修業を積み雑貨デザイナーになることも可能

雑貨デザイナーになるには、必要な資格もないので現場で実際に働きながらスキルを身につける事も出来ます。

求人情報を検索すれば全国的に求人があり、未経験でも雑貨デザイナーの世界に飛び込む事が出来る可能性はあります。現場に飛び込む事は必要な知識を早い段階で身につけられるメリットがあります。

雑貨デザイナーになるには?まとめ

情熱やコミュニケーション能力が雑貨デザイナーを続ける原動力に

雑貨が誰よりも好きという情熱とコミュニケーション能力。雑貨デザイナーになるにはどんなに仕事が辛くても続けられる力が必要です。加えてセンスや手先が器用な人は、雑貨デザイナーの仕事で強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就く事は可能ですが、専門学校や大学で専門的な知識を磨き、資格を取得すれば就職や転職、現場で有利になる可能性があるでしょう。

雑貨デザイナーの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

雑貨デザイナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB