飲食店社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

飲食店社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

飲食店社員は、どのような仕事を行っているのでしょうか。飲食店社員の主な業務としては、接客対応とアルバイトスタッフの管理などを行います。このページでは、飲食店社員の具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

飲食店社員とはどんな仕事?

飲食店社員はどのような仕事をしているのでしょうか。飲食店社員が行う仕事内容を大まかに分けて紹介していきます。

お店を円滑に運営する

飲食店社員は、お店を円滑に運営するために、あらゆる業務を行います。お店によっては、店内の接客を対応するのはアルバイトスタッフで、店内のスタッフへの指示や、スタッフが足りない場所へのフォロー、レジに関する業務、発注などは社員が行うこともあります。

アルバイトスタッフに欠員が出れば、社員が柔軟に対応することもあります。お店がトラブルなくいかに効率良く、スムーズに運営することができるかが、飲食店社員には求められます。

飲食店社員を志している人は、接客スキルを磨くだけではなく、お店全体を管理するスキルも必要になることを認識し、管理に関した知識を習得しておくと良いでしょう。

お店の売上げを上げる方法を検討する

チェーン店、個人店関係なく、社員が店長とともにお店の売上げ方法を検討することもあります。場合によっては、お店の売上げ目標が設定され、それを達成することができなければお店自体がなくなってしまうこともあります。

「どのように改善すれば、売上げを上げることができるのか」「お店にはどのような問題があるのか」「解決方法はあるのか」といったお店の「経営」について考えていくことも、飲食店社員に求められる大切な仕事です。

お店の運営、経営をどのように行っていくか、それを考え、決めるのも飲食店社員の仕事です。これらの仕事が順調に行えるようになって初めて一人前の社員として認められることになります。

飲食店社員の具体的な仕事内容

飲食店社員が具体的にどのような仕事を行っているのか、さらに掘り下げて紹介していきます。

営業中に行う仕事

飲食店社員が営業中に行わなければいけない仕事がいくつかあります。営業中に行う仕事は混雑状況によって優先順位が変化していくので、思っていた通りに仕事が進まないこともあります。

このような状況のなか、やらなければいけない仕事をこなしていくことが飲食店社員には求められます。それでは、営業中に行う仕事をいくつか具体的に紹介していきます。

アルバイトスタッフへの指示

飲食店社員は、アルバイトスタッフとの連携を欠かすことができません。アルバイトをある程度信頼し、行って欲しい仕事を依頼することもあります。

アルバイトとの信頼関係を築き、営業中に連携できるかどうかが、良いお店にするためには大切なので、社員として働くのであれば、アルバイトスタッフとの接し方を考えるようにしましょう。

アルバイトスタッフの判断で行動することもありますが、混雑中には社員が直接指示を出して他の仕事を行ってもらうこともあります。また、アルバイトスタッフが急に出勤できなくなってしまった時は、他のスタッフに指示を出す必要があります。

時には即座に判断し、決断しなければならないケースもあるので、飲食店社員には決断力も求められることになります。

接客

飲食店社員として働くのであれば、接客スキルを磨いておく必要があります。接客は飲食店の基本であり、アルバイトに対してお手本を見せるという意味ではクオリティの高い接客が必要不可欠になります。

お客様を気持ち良くさせる接客も大切ですが、クレームを言うお客様に対してはいかに納得してもらえるか丁寧に対応するテクニックも求められます。

社員の接客スキルが高くないとお店としての評価に影響してしまう可能性があるので、飲食店社員であれば基本的な接客スキルだけでなく、他のスタッフのお手本になるようなスキルを磨くようにしましょう。

管理業務

飲食店社員は、お店を円滑に運営するためにアルバイトに指示を出して接客をしているだけではありません。お店の状態を常に良い状態に維持するという仕事も飲食店社員には求められます。ここからは、飲食店社員が行う管理業務について紹介していきます。

在庫管理・発注

お店を運営していくうえで、必要な材料がきちんと揃っているか常に把握しておく必要があります。また、お店の状況によっては発注を抑えなければいけないこともあります。

円滑にお店を経営するために、廃棄率を抑え、無駄なコストを生まないためにも、お店の在庫を管理するスキルも求められます。アルバイトに指示を出す判断力と同様に、状況を判断し決断する力が求められます。

クレンリネス

いくら良いサービスを提供していても、お店の中が清潔に保たれていないと来店するお客様が不快に感じてしまい、次からお店に来なくなってしまうこともあります。このような問題を解消するために、飲食店社員は店内を巡回して清潔な状態を常に保つクレンリネスに力を入れることも大切です。

混雑時を過ぎた後のアイドリングタイムでアルバイトスタッフの仕事がないこともあります。このような状況に遭遇した時に社員が的確な指示を出して、アルバイトスタッフに清掃作業を行ってもらうこともあります。

あえて敬遠されるような指示を出すことも、飲食店社員には求められると認識しておくと良いでしょう。

アルバイトスタッフの管理

飲食店社員が最も頭を悩ませているのが、アルバイトスタッフの管理です。特に出勤のシフト作成で頭を悩ませてしまうこともあります。

バランスの良いシフトを作成し、アルバイトスタッフがスムーズに出勤すればいいですが、場合によってはシフト通りに出勤できず、社員が代わりに働かなければならないこともあります。

また、アルバイトスタッフが突然の体調不良で欠勤してしまうこともあります。このような場合、飲食店社員が率先的に働く必要があるため、いかにトラブルを回避したシフトを作成するか、飲食店社員の管理スキルが試される仕事だといえます。

飲食店社員の仕事のやりがい

飲食店社員は、一般的に仕事内容が多く、大変な仕事だと思われていることもありますが、その分やりがいのある仕事です。

自分の活躍が正しく評価される

チェーン店では、自分の担当するお店の経営状態が悪く、自分の手で業績を改善しなければならないこともあります。工夫次第ではお店の業績状態が改善されて評価に繋がります。

また、チェーン店では、他のお店と競争させるために、優秀なお店は評価されるというシステムを採用しているケースも少なくありません。

自分の頑張りが正しく評価されれば、一気に昇進するチャンスもあるので、やりがいのある仕事だといえるでしょう。

人に感謝される仕事

飲食店の仕事は、サービスを提供することでお客様から感謝されることもあります。また、感謝されるのはお客様からだけではありません。時にはスタッフから感謝されることもあります。

自分の仕事が周りから評価されないと思っていても、必ず誰かから感謝される仕事なので、根気よく仕事に取り組みましょう。

飲食店店員の仕事内容まとめ

努力次第で自分の店を改善することも可能な仕事

飲食店店員の仕事内容をまとめると、自分の努力次第でお店の実績を上げることも可能な仕事です。

労働環境が大変と感じる人もいますが、自分が店長としてお店を再生させることも難しいことではありません。また、結果が目に見えてくる仕事でもあるので、達成感ややりがいは大きな仕事だと言えるでしょう。

これから飲食店店員を目指そうと考えている人は、今回紹介した内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。

飲食店社員の参考情報

平均年収250万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

飲食店社員の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB