カフェオーナーの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

カフェオーナーの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

カフェオーナーとして働く上で資格や試験に合格して技術と知識を身につけていれば、カフェオーナーとしては信頼にも繋がり、リピートしてもらえるようになる可能性が高いです。本記事では、カフェオーナーに役立つ資格など、資格・試験についてご紹介します。

カフェオーナーに役立つ資格「コーヒーマイスター」

コーヒーの知識と技術を証明できる資格

コーヒーマイスターは、一般社団法人日本スペシャリティコーヒー協会が認定する資格です。コーヒーへの知識と基本技術の習得をメインとしてコーヒーのプロフェッショナルであることを証明します。

カフェオーナーを目指す人の多くはコーヒーにこだわる人が多いので、満足してもらう満足できるコーヒーを提供するためには取得しておくべき資格と言えそうです。

コーヒーマイスター資格の試験概要

コーヒーマイスターは受験前に養成講座を受講することになります。養成講座は専用テキストでの自習と実技講習会で構成されています。自宅実習のカリキュラムはコーヒーの歴史から産地、焙煎など7章で構成されています。自宅学習期間は3ヶ月に設定されているので計画的に取り組むことが大切です。

認定試験は筆記試験で100問になります。60%以上の正解率が合格基準となっています。合格率としては毎年異なりますが約80%と比較的高い数値を誇っています。

合格率 全国平均 約80%
受験資格 日本スペシャルティーコーヒー協会会員であること
受験費用 49,420円
出題範囲 カフェの歴史、コーヒーの科学と健康、海外のコーヒー協会、スペシャルティコーヒーの定義、コーヒー生豆、産業、経済や産地

暗記だけで試験に臨むのは危険

コーヒーマイスター試験の問題は、歴史や産業、経済や科学についてテキスト通りに出題されます。テキストは小さな問題集が付いているので繰り返し問題を解くことで知識を身に付けられるでしょう。

普段からコーヒーに携わっている人は、コーヒー豆の歴史や産地、経済などの普段触れることのない項目をメインに勉強するのがオススメです。コーヒーに携わっていない人は、ほとんどが初見の知識ということになるでしょう。

筆記試験ではありますが、暗記だけに頼るのはあまり良くありません。コーヒーの知識を身につけるためにもコーヒーの文献を参考にして学習したり、不明な点をそのままにしておかず、分かるまで調べることが大切です。

カフェオーナーの資格、コーヒーインストラクター検定とは?

コーヒーインストラクター検定の概要

2003年にコーヒーの知識の普及と技術の向上を目的としてコーヒーインストラクター検定が作られました。

全日本コーヒー商工組合連合会によって認定されています。2006年に一般の人も取得出来る資格になりました。カフェオーナーを目指す人にはオススメの資格と言えます。

コーヒーインストラクター検定の試験概要

コーヒーインストラクター検定は、3級から1級までありそれぞれ内容も難易度も異なります。

コーヒーインストラクター3級は、講習会を受講して修了することで認定されます。実技などの試験がなく気軽に取得出来るため難易度は低いです。

コーヒーインストラクター2級は基礎的なコーヒーの知識と鑑定技術を証明するものです。2級の講習会で学科と実技、2級検定試験の実技と学科をクリアすることで認定されます。

コーヒーインストラクター1級は、プロとして必要な専門知識と鑑定技術を証明になるため、カフェオーナーとしては取得しておくべきでしょう。1級でも合格率は約50%程ですが、十分な試験対策が必要となります。

合格率 級によって異なる
受験資格 特になし
受験費用
  • 3級 1500円
  • 2級 講習会受講料22000円、検定受験料5000円
  • 1級 講習会受講料37000円、検定受講料10000円
出題範囲 コーヒーの抽出と保存、焙煎について、中南米のコーヒーの産地など

学科試験と実技試験の対策が必要

コーヒーインストラクター検定の2級と1級を受ける先には学科試験と実技試験の両方をクリアしなければいけません。実技試験のカップテストでは飲み比べをしなければいけません。

対策としては、講習会でカップテストをした際に風味や特徴をしっかりメモしておくことが大切です。対策しにくい試験であることからリラックスした状態で臨むようにすると良いでしょう。

学科試験では講習会までにテキストを一通り読んで理解を深めるようにしましょう。

その他のカフェオーナー関する資格

カフェオーナーに関する資格はさまざま

コーヒーインストラクター検定やコーヒーマイスターの資格以外にもカフェオーナーの仕事に関連する資格はいくつかあります。

  • 食品衛生責任者
  • 防火管理者

食品衛生責任者の資格は、飲食店に1人以上の配置が義務付けられており、飲食店など食品衛生に関わる全ての仕事で必要とされています。資格と言っても講習を受けるだけのため1日で取得できます。

防火管理者の資格は、店内の収容人数が30人を超える場合に消防署の講習が必要になるものです。

カフェオーナーの資格が取れる学校

仙台カフェ・パティシエ&調理専門学校

仙台カフェ・パティシエ&調理専門学校ではカフェオーナーを目指す人のためにカフェ・パティシエ科が設けられています。

カフェオーナーとして必要な調理や接客など細かい部分まで実践的に学べます。豆の知識や焙煎など抽出技術を習得できます。

実践が多い仙台カフェ・パティシエ&調理専門学校では資格取得もしやすい環境にあると考えられます。

充実した就職サポートが魅力

仙台カフェ・パティシエ&調理専門学校では就職サポートが充実しています。就職サポートセンターを設けて学生一人ひとり異なる希望に合わせた就職活動を支援してくれます。

業界と太いパイプで繋がっていることから確実に就職を目指せるできるでしょう。生涯就職支援も魅力的で、卒業後もステップアップや開業サポートなどそれぞれの目的に合わせてサポートをしてくれます。

仙台カフェ・パティシエ&調理専門学校では、ホテルやベーカリー、カフェなど多種多様な企業の採用担当者が来校して合同企業説明会を開催しています。情報収集や面接など積極的に就職に向けて歩みを進められます。

東京スイーツ&カフェ専門学校

東京スイーツ&カフェ専門学校では、カフェオーナーを目指すためにスイーツパティシエ科スイーツカフェビジネス専攻が設けられています。

どのようにすればしっかりと経営できるかも学ぶことが出来ます。2年次では授業の約95%が実習で1400時間という圧倒的な実習時間で技術が身につきます。

カフェオーナーとして必要な幅広いメニューをこなすことで即戦力としてカフェオーナーへの道をサポートします。店舗販売実習なども充実しているので自分で考えて学べるでしょう。

高い就職率が魅力

東京スイーツ&カフェ専門学校では、信頼と実績の積み重ねによって高い就職率を実現しています。就職決定率は98.4%と非常に高く、素晴らしい環境です。

カフェオーナーの資格・試験まとめ

カフェオーナーになるならコーヒーインストラクター検定とコーヒーマイスターの合格を目指そう

カフェオーナーは特別な資格を取得していなくても出来る職業です。ですが、満足出来るカフェを作りたいと考える際には資格を取得しておいた方がベターと言えるでしょう。

コーヒーマイスターとコーヒーインストラクター検定の資格を取得すればスキルの証明になり、お客様からの信頼度にも影響すると考えられます。

カフェオーナーの資格試験は他にも多くの資格や試験があります。まずは、コーヒーマイスターとコーヒーインストラクター検定の資格取得を目指しつつ、自分の理想とするカフェオーナー像に役立ちそうな資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

カフェオーナーの参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

カフェオーナーの関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB