和菓子職人になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

和菓子職人になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

季節にマッチした美しい和菓子を創作する和菓子職人になるには、どんなスキルなどが必要なのでしょうか?今回の記事では、和菓子職人になるための要素や向いている人の特徴、和菓子職人になるための学校選びについてもご紹介します。

和菓子職人になるには何が必要?

和菓子が好きであることが重要

和菓子職人になるための大切な要素はいくつかありますが、まずは和菓子が好きであることが重要です。

和菓子職人の多くは、和菓子を食べることが大好きな人や和菓子の世界観に魅了された人ばかりです。また「このお店の和菓子が大好きで、自分もいつか作る側になりたい」という夢を持って和菓子の世界に飛び込んだ人もいます。

和菓子職人として成功するためには、さまざまな和菓子に出会っていろいろな味や形を知ることから始まります。そのためには、和菓子をこよなく愛することが大切です。

和菓子職人になりたいという情熱も大切

和菓子職人は簡単になれる世界ではありません。一人前の和菓子職人になるためには下積みを経験しなければならず、仕事を始めた頃には材料の下処理や調理場の掃除などの雑用を中心に行います。

単純作業が続くますが、一人前の職人として活躍する姿を思い描き続け、いつかは先輩の和菓子職人のように和菓子の創作を任されるようになりたいという強い情熱を持ち続けることが必要です。

和菓子職人の世界は上下関係が厳しく、弟子や見習いといった徒弟制度の名残が残っている和菓子屋もたくさんあります。和菓子屋によっては拘束時間が長かったり、給料がわずかだったりすることもありますが、いつかはだれからも認められる和菓子職人になるという思いを持ち続けることが必要です。

体力も和菓子職人には必要な要素

和菓子職人になるには体力も必要です。和菓子職人の朝は早く、まずは仕込みから始まります。仕込みが和菓子の創作に取り掛かりますが、一日中立ちっぱなしがほとんどのため足腰がしっかりしていることが求められます。

和菓子を作るためには大量の砂糖や小豆などを使うため、大きな鍋を扱うこともあります。さらに調理の際には火を使うため、暑さとの戦いもあります。和菓子職人になるためには、一つひとつの作業を行うための体力が必要です。

日本の文化への興味や知識も大切な要素の一つ

和菓子職人になるための必要な要素として日本文化への興味や知識があげられます。日本には春夏秋冬と移り変わるはっきりとした四季が存在しますが、和菓子はそうした四季に合わせて創作されます。

春ならば桜や梅をイメージさせるような和菓子を作り、夏ならば柏の葉などを使って生い茂る草木を表現するような和菓子を作ります。秋ならばお月見をイメージする和菓子を創作したり栗などの季節に合わせた食材を使ったりしますし、冬になれば雪を表現するような和菓子を作ります。

和菓子は季節に合わせて創作されるため、ニ十四節季や季節ごとの花や行事などについての知識が必要です。

和菓子職人に向いている人、適性がある人

美的センスは和菓子職人に必要なスキルの一つ

和菓子職人になるためには生まれ持った性格やスキルなども関係します。向いている適性の一つに美的センスがあります。和菓子は日本に慣れ親しまれている伝統文化の一つでもあり、茶道の際にも和菓子は絶対に欠かせないものです。

四季折々の自然の美しさをお菓子で表現するためには美的センスが欠かせません。そのためにはデザインや装飾などのスキルを磨き続けることが大切です。

鋭敏な味覚と嗅覚も重要

和菓子を作る際には見た目の美しさが必要ですが、それと同様に味も重要です。どんなに美しい和菓子でもおいしくなければ感動させることができません。そのため和菓子職人になるには、鋭敏な味覚と嗅覚を持っていることが必要です。

和菓子で用いられる食材の一つに餡子がありますが、餡子だけでもつぶあん、こしあん、白あん、くりあん、うぐいすあん、ゆずあん、ごまあんなどたくさんの種類があります。和菓子職人は一つひとつの味や香りを覚えて、他の食材とマッチしたお菓子を作り上げることが求められます。

手先が器用さも大切なスキル

和菓子職人になるために有利なスキルとして手先の器用さがあげられます。和菓子の多くは職人の手によって作られます。和菓子によっては細かい作業が求められることもありますが、日によって味や形が変わらないように丁寧に作り続けなければなりません。

冠婚葬祭やお茶席などでは大量の注文が入ることもありますが、品質を落とすことなく和菓子を作らなければなりません。そうした時でも手先が器用ならば、スピーディーにたくさんの和菓子を作ることができるでしょう。

清潔感があることは和菓子職人とっての適正の一つ

食材を扱う和菓子職人にとって重要な適正の一つに清潔感があげられます。手洗いから始まって手洗いで終わるというように、和菓子職人は清潔であることにいつも気を配らなければなりません。そのため、身だしなみに整えられない人や調理場などを清潔にできない人は和菓子職人には向いていないといえるでしょう。

修行する和菓子屋によりますが、場所によっては髪形についても厳しい就業規定が設けられているところもあります。

和菓子職人になるための学校・教室

和菓子職人になるための専門学校

和菓子職人になるために専門学校に通う人もいます。専門学校では和菓子作りに必要な調理の基礎を学ぶことができます。最低限の知識や技術があれば、和菓子職人として働き始めたときでも比較的スムーズに技術を習得できます。

専門学校では食品衛生や礼儀作法も学べる

専門学校では、和菓子をはじめとしたお菓子の作り方だけでなく、食品衛生学や礼儀作法といった調理以外の知識も習得できます。和菓子は食べ物を扱う仕事ですので、病気にならないように気を配ることや和菓子を提供する際のマナーについても学ぶことは大切です。

専門学校によっては製菓衛生師などの国家資格を習得できるところもあります。和菓子職人になるための必要な資格ではありませんが、資格を取得することで食に関するスキルを身につけていることを証明できます。

授業内容やカリキュラムを比較して自分の目標に合わせた学校選びを

和菓子職人を目指す人の多くは、製菓専門学校や調理専門学校で和菓子の知識や技術を習得します。

専門学校によっては和菓子に特化した授業を展開するところや洋菓子や他の調理技術を習得できるところもあります。さらに、将来的に独立開業を目指す人のためにマネジメントについて学ぶことのできる専門学校もあります。そのため、自分が将来描く和菓子職人に合わせた学校選びをするのは大切です。

専門学校によっては夜間に授業が行われているところもあります。昼間は和菓子屋で修行を積みながら、夜は専門学校で技術を磨くのも一つの方法です。

和菓子職人に弟子入りする人もいる

学校以外で和菓子職人を目指す方法として、和菓子職人に弟子入りすることがあげられます。下積みからスタートして徐々に和菓子の基礎を習得します。

ただし和菓子職人によって厳しい修行を行っているところもあり、一人前の和菓子職人なるため数年から数十年の年月がかかることもあります。そのため、弟子入りして和菓子職人を目指す場合には、どんなことでも最後までやりぬくという覚悟が求められるでしょう。

和菓子職人になるには?まとめ

和菓子が好きであることは大切な要素、手先の器用さや美的感覚があればベター

和菓子職人になるには、和菓子が好きであることや和菓子職人になりたいという強い情熱、さらに長時間でも質の高い和菓子を作ることができる体力が求められます。さらに美的感覚や手先の器用さがあれば、和菓子職人になるための武器になることでしょう。

未経験でも和菓子職人を目指すことはできますが、専門学校になどに通うならば調理の基礎を学べます。また、専門学校によっては製菓衛生師などの国家資格を取得できます。

和菓子職人の参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

和菓子職人の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB