カフェオーナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

カフェオーナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

カフェオーナーになるには、知識や技術を磨く以外に精神的にも肉体的にも強さは必要です。仕事として成功させるためには、事業計画と経営の知識があるか否かが非常に重要となります。本記事では、カフェオーナーになるために必要なこと、向いている人の特徴などについてご紹介します。

カフェオーナーになるには何が必要?

カフェオーナーになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずはお客様の為に癒しを提供したい、提供するドリンクや食事に対して情熱を持ち続ける事が挙げられます。

優雅に見える職業ですが、単純にやってみたいという気持ちだけではカフェオーナーを目指すことができても仕事を続ける事は困難と言えます。カフェオーナーは地味な作業の積み重ねや日々の努力によっても成り立っている仕事です。

カフェオーナーの収入は訪れるお客様によるものです。お客様を喜ばせる為に癒せる為に工夫する事や食事やドリンクにこだわる情熱を継続できるかどうかで変わってくると言えるでしょう。

探求心がカフェオーナーの仕事に役立つ

カフェオーナーとして働くには飽くなき探究心も必要になるでしょう。カフェオーナーはどうすればお客様を喜ばせられるかという事を考えて新しいメニューを考え続ける大切な仕事だからです。

カフェは至る所にあるためライバルも多いです。コーヒーにおいても豆の種類や水の温度で味が大きく変わります。他のカフェよりも人気を出せるか、どうすればコーヒーの味が思い描く味になるかを考える力が支えになる事は多いでしょう。

口に入れた人が幸せな気分になるようなメニューを作る事や他の店と比べて人気を出せるか探究心と好奇心から生まれる事も多いにあると考えられます。

おもてなしの心もカフェオーナーの大切な要素

カフェオーナーは自分も含めてお店を経営している人と自分以外のスタッフを雇ってサービスを提供している2種類に分かれます。

カフェオーナーの中で自分がお店に立って運営している人の中には、自分のカフェでドリンクや食事、雰囲気で満足してもらいたいと思っている人も多いですが、その気持ちはそのままお客様へのおもてなしにも繋がるはずです。

笑顔で挨拶、積極的にコミュニケーションをとることもカフェオーナーになるには求められるスキルの一つと言えるでしょう。

体力も必要なカフェオーナーの仕事

カフェオーナーの仕事は意外とハードなので基礎体力がしっかりある事も大切です。帳簿付けや原価計算などのお金の事や食材の仕入れ、仕込みや店舗清掃など基本的には全てを一人でこなさなければいけません。又、店舗に立つ時には基本的に立ちっぱなしで仕事をしなければいけません。

満足できる空間、食事やドリンクの提供をするためにも体が資本。自己管理を行い体調を崩さないようにする事も大切です。

絶対必要ではないがカフェオーナーに関する資格があるほうが有利

カフェオーナーには資格を取らなければいかない決まりはありません。ですが、資格を持っていればスキルや知識の証明になるのでお客様としても安心して利用出来る事から人気が出る一つのポイントになるかもしれません。

カフェオーナーとして働く人が取得する資格の中では、コーヒーマイスターやコーヒーインストラクター検定が挙げられます。

語学力でコミュニケーションの幅を広げる

カフェオーナーになるには英会話が出来ないとダメという訳ではありません。日常会話が出来るようになると仕事の幅が広がる可能性はあります。

カフェを訪れるのは日本人だけでなく外国人を接客する事もあるでしょう。外国人相手に英会話を使用して商品説明が出来ればより魅力を伝えることができます。

カフェオーナーとして語学に意欲を持つ事はプラスになると考えられます。

カフェオーナーに向いている人、適性がある人

カフェオーナーになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

根気よく続けられる力はカフェオーナーの適性のひとつ

カフェオーナーに求められる適性として根気よく続けられる力があげられます。経営をしていると上手くいかない時も必ず出てきます。売り上げが悪い時もありますし外部の評価を気にするようにもなるでしょう。

カフェオーナーとして経営する立場として一喜一憂しそうになるかもしれませんが、諦めずに根気よく仕事を続けられる気持ちが大切です。根気の良さが生まれ持ってある人であればカフェオーナーとしての適性はあるもの考えられます。

事業計画や目標設定がしっかり出来る人はカフェオーナー向き

カフェオーナーを目指す人は、お店の雰囲気やこだわりなどの理想があると考えられます。事業計画をしっかりと立て、目標を持つ事はモチベーションを維持する為には大切な事でしょう。

憧れだけでは競争率の高いカフェオーナーは務まりません。現実に目を背けず目標設定をしっかり定める事が出来る人はカフェオーナーとして向いています。

損得だけでなく行動ができる人

カフェオーナーとして成功して高収入を獲得したいと考える人もいるかもしれません。ですがカフェオーナーとして十分に稼いでいる人は一握りです。夢を持って店を開いたとしても短期間で店を閉めてしまう結果も多く無情な世界でもあります。

そんな無情な世界でも自分のお店が出したいカフェオーナーとして頑張りたいと思うのであればお金に変えられない熱いものがあるはずです。損得だけで考えずに自分の目標に向かって進める人がカフェオーナーとして適性があると考えられます。

カフェオーナーになるための学校

カフェオーナーを目指して学校に通う事は、カフェオーナーを目指している仲間に出会えるという事。刺激し合いながら生活出来る事は大きな魅力と言えます。

洋菓子づくりの基礎が学べる専門学校

カフェオーナーになるには専門学校に通う人は多いです。職業柄、接客やコーディネート、開業などやる事は多く専門性も高いと考えられます。豆の知識や焙煎などもカフェオーナーとしては必要なスキルです。

専門学校に通う事でカフェオーナーとして必要な基礎知識を学びスキルを身につけることが出来るでしょう。

カリキュラムやサポートを比較して学校選びを

カフェオーナーになるための専門学校は全国的にも多く選択肢は豊富です。学校によっては現役のカフェオーナーから直接的な指導を受けられる授業が用意されている事があります。

資格取得支援や就職の支援が手厚い学校であれば、卒業した後に進路で不安になる事は少ないでしょう。昼間社会人として働いている人であれば夜間コースを選ぶ事も良いでしょう。

学校によってカリキュラムやサポート内容は異なります。自分が目指すカフェオーナー像に近づけるように慎重に比較をして学校選びを行いましょう。

大学でもパティシエになるための勉強が可能

カフェオーナーになるには学校に通う選択してとして専門学校以外に大学に通うという選択肢があります。

大学では経済学や経営学、調理学を学ぶことによってカフェオーナーを目指す人のためのカリキュラムが組まれていることがあるのでチェックしてみると良いでしょう。

店舗で修業を積みカフェオーナーになることも可能

カフェオーナーになるには専門的な学校で学ばないといけない訳ではありません。現場で実際に働きながらカフェオーナーとしてスキルを身に付けるのも選択肢です。

雇用形態としてはアルバイトや契約社員からスタートすることが多く長期的な時間をかけてカフェオーナーとしての技術を身につけていくことになります。

カフェオーナーになるには?まとめ

資格があればベター。情熱やおもてなしの心がカフェオーナーを続ける原動力に

ドリンクや食事など細かいことにもこだわるカフェに対する情熱とお客様を癒したいというおもてなしの心。カフェオーナーになるにはどんなに仕事がハードでも続けられる力が必要です。加えて体力や根気よく仕事に向き合える人はカフェオーナーの仕事で強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就く事は可能ですが、資格や学歴があればベターです。専門学校や大学でカフェオーナーとしての知識を学び、コーヒーマイスターやコーヒーインストラクター検定の資格を持っていればより良い仕事が出来るでしょう。

カフェオーナーへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

カフェオーナーの参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

カフェオーナーの関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB