和菓子職人の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

和菓子職人の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

季節に合わせた美しい和菓子を作る和菓子職人の平均給与や年収はどのくらいなのでしょうか?このページでは、和菓子職人の給与や年収、さらに収入アップの方法や転職の場合の給与などについてもご紹介します。

和菓子職人の初任給

新人和菓子職人の給与は平均10~15万円

和菓子職人として働く場合、初任給は10~15万円が相場といわれています。

新人和菓子職人は、見習いとして和菓子店に就職するため、働きながら技術を身につけます。そのため初任給についてはかなり安く、「教えてもらってるのにお金をもらえるだけでもありがたい」という考え方があるため、給与は他の業種と比較してもかなり低く抑えられます。

さらに見習いの和菓子職人は、清掃や洗い物といった雑用の仕事が中心になるため、体力的にもかなりハードです。そのため対価はかなり低めと考えておいたほうがよいでしょう。

専門学校から和菓子職人を目指す人も

以前は中学校や高校卒業後に和菓子屋に就職して、一から技術を教わることが普通でしたが、最近では調理や菓子の専門学校で学んでから和菓子職人を目指す人もいます。

初任給に関しては、見習いの和菓子職人と同レベルになることも多いですが、基本的な調理の技術を身につけているため、就職後のスキルの習得には有利になることもあります。

同業種からの転職は即戦力として扱われることも

和菓子職人の中には自分のスキルを高めるために、さらに高いレベルの場所で知識や技術を習得する人もいます。同業種からの転職に関しては、年齢が重視されることがあります。

若い和菓子職人の場合は、和菓子職人にとって重要な煮る、練る、蒸す、焼くといった技術を習得しているため、即戦力として扱われることもあります。

さらに体力に関しても、和菓子職人にとって大切な豆類や粉類や砂糖といった食材を運ぶことにも慣れているため、信頼されやすくなります。そのため、同業種から転職する場合は、早めのうちから転職するのがおすすめです。

一方で、ベテランの和菓子職人については転職が難しくなることもあります。仕事を教える人は、同年代や年上の職人に指導することを難しく感じてしまうことがありますし、教えてもらう人も、指導を受け入れにくく感じることがあるため、転職については慎重な検討が必要でしょう。

転職の場合の給与については、勤務する和菓子屋によっても異なりますが、20~30万円の給与でスタートすることもあります。

異業種から和菓子職人の転職は給与の確認を

異業種から和菓子職人に転職する場合は、見習いの和菓子職人として採用される場合が多いため、給与についても新人の見習い和菓子職人と同等の給与になる可能性が高いです。

転職前の仕事が、和菓子職人とまったく関係のない仕事だった場合には大幅に給与が下がることも考えられます。そのため、他業種からの転職はじっくりと検討してから選択するのが良いでしょう。

和菓子職人の平均給与

和菓子職人の平均給与は25~30万円

厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」 のデータ によると、食品製造業の平均給与は、全国平均が26~29万円となっています。

国や自治体による和菓子職人の給与に関する詳細なデータはありませんが、和菓子職人についても食品製造業の平均給与に近い25~30万円が現実的な金額となります。和菓子職人の仕事は立ちっぱなしの作業が多く、砂糖や粉類といった重量のある食材を運ぶこともあります。

さらに勤務時間も長く、朝はその日の和菓子の下準備をしたり、夜は清掃や翌日の和菓子の下準備をしたりします。そのため、ハードな仕事内容で考えるなら、和菓子職人の給与レベルは低めといえるでしょう。

ただし、和菓子職人の仕事は収入の面だけでなく、おいしくて美しい和菓子を通してお客さんを笑顔にするというやりがいもあります。そのため、多くの人を喜ばすということに重きを置けば長く続けることができるでしょう。

勤務期間に応じて給与もアップすることが多い

和菓子職人の給与は勤務期間によってアップするのが一般的です。和菓子職人になるための特別な資格はないため、学歴によって給与が左右されることはありません。また和菓子に関する知識や技術を身につけて、重要なポジションを任されるようになれば、給与アップの可能性もあります。

就職活動の際には給与以外の手当もチェック

食品製造業の統計によると、給与とは別に支給される残業代や賞与について、年間で50~80万円が支給されています。

和菓子の世界では、通常の営業時間だけでなく営業前や営業後もさまざまな仕事があるため、残業が多い傾向にあります。そのため就職活動をする際には、残業代や賞与などの各種手当の支給についての確認が必要です。

男女でも平均給与に差がある

和菓子職人の多くは男性ですが、近年では女性の和菓子職人も増えています。ただし厚生労働省の統計一覧によると男性と女性とでも平均給与に差があり、男性の平均給与が26~33万円なのに対し、女性の平均給与は18~22万円となっています。

男女間で給与の開きがある理由として、女性は結婚や出産のため現場を一時的に離れたり、退職してしまうことがあげられます。和菓子の世界では、修行期間が数年から数十年になることもあるため、一人前の和菓子職人になる前に退職してしまうこともあります。

和菓子職人の平均年収

和菓子職人の年収は150~400万円前後

食品製造業の平均年収を厚生労働省の統計一覧の平均給与と年間賞与から算出すると、340~400万円です。新人の場合は、給与が10~15万円のため年収が100万円台になることも考えられますが、和菓子職人全体で見た際の一般的な年収は250~400万円が現実的な金額となります。

和菓子職人は、拘束時間も長く肉体的にもきつい仕事ですが、年収レベルに関しては他の業種と比較して低めの傾向にあるといえます。

独立すれば平均給与以上の給与や年収も可能

平均以上の給与や年収を稼いでいる和菓子職人の中には、独立して自分の和菓子屋を開業している人もいます。

和菓子に関する知識や技術、オリジナルの和菓子を創作できるスキルがあれば独立することも可能です。季節に合った練り切りなどの和菓子を創作して多くのお客さんを集めることができれば、年収1,000万円を目指すことも可能です。

もちろん、独立して成功するためには高い技術力やセンスが必要です。さらに美しい和菓子を作るだけでなく、黒字経営ができる才覚も求められます。成功への道は簡単ではありませんが、いつか自分の店を開いて多くの人に自分の和菓子を食べてもらいたい、という高い目標を持つことが必要です。

和カフェとして独立する人も

近年ではさまざまな形態のカフェがあり、日本茶やほうじ茶を中心としたドリンクやスイーツを提供しているカフェもあります。和菓子職人の中には独立して「和カフェ」を開業したり、カフェで勤務する和菓子職人として転職する人もいます。

和カフェへ転職すれば自由度の高いメニューを提供できる

和カフェで提供する和菓子は、古くから伝わる伝統的な和菓子とは異なりますが、日本茶に合ったオリジナルの和菓子を開発したり、和菓子と洋菓子をミックスしたオリジナルのスイーツを提供したりするなど自由度が高くなります。

和菓子職人の給与・年収まとめ

和菓子職人の年収レベルは低め。やりがいを見つけることが大切な仕事

和菓子職人の平均給与や年収レベルは、体力的にハードな上、修行期間も長いため、仕事内容で考えれば低めの傾向です。そのため収入面だけでなく、和菓子を購入するお客さんを笑顔にさせるというやりがいを見つけることが重要です。

また、和菓子職人として高収入を得るための方法として、独立開業があげられます。オリジナルの商品を開発するための高いスキルや技術が求められますが、成功すれば年収1,000万円も可能です。

和菓子職人の参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

和菓子職人の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB