ホールスタッフになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

ホールスタッフになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

お客様を接客するホールスタッフになるには、一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか?飲食店のホールスタッフの場合、アルバイトなどからはじめるのが簡単ですが、パチンコ店のホールスタッフの場合はある程度の接客スキルなどは求められるでしょう。本記事では、ホールスタッフになるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

ホールスタッフになるには何が必要?

ホールスタッフになるには接客するための心構えが必要

ホールスタッフになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずはお客様を満足させたいという心構えを持ち続けることです。

誰でもなれる職業ですが、単にホールスタッフに興味があるだけでは、就職はできても仕事を続けることは難しいかもしれません。体力的にハードですし、地味な作業の繰り返しによって成り立っているからです。

接客の世界なので時にお客様に辛辣な言葉を言われるかもしれません。時には接客に対して壁にぶち当たり、納得のいく仕事ができないこともあるでしょう。

ホールスタッフとして諦めず仕事を続けるには、お客様を満足させたいという情熱を持ち続けられるかで変わってくると考えられます。

コミュニケーション力もホールスタッフの仕事に役立つ

ホールスタッフとして働くにはコミュニケーション力も大切です。来店するお客様と会話をすることもホールスタッフの大切な仕事だからです。

お客様の中にはスタッフと会話することを楽しみにしている人もいます。丁寧な態度で接客することで始めて訪れた人がまた利用したいと思ってくれるかもしれません。

配膳やレジ、オーダーなどの仕事をしながらお客様とコミュニケーションをとる必要があるのでどちらも疎かにしないようにバランスよく対応しなければいけません。

おもてなしの心もホールスタッフの大切な要素

ホールスタッフは接客がメインなので、お客様と接する機会は多いです。ホールスタッフとしておもてなしの心を持つことは基本的なポイントと言えるでしょう。

また、笑顔で挨拶したり丁寧な対応をすることは、ホールスタッフに限らず社会人として求められる基本要素となります。

体力も必要なホールスタッフの業務

ホールスタッフの業務は意外とハードなので、基礎体力がしっかりと持つことも重要です。ホールスタッフの仕事は接客以外にも納品された食材を運んだり、店内の清掃、接客している時には1日中立ちっぱなしというのは基本です。

特に新人の頃は覚えることも多く、全体の流れを理解するために残ってイメージの練習をするなど長時間労働になりやすいでしょう。

お客様に楽しく満足してもらうための接客をするにも体が資本です。自己管理をしっかりと行って、体調を崩さないようにしましょう。

絶対必要ではないがホールスタッフに関する資格があるほうが有利

ホールスタッフになるには何かの資格が必ず必要というわけではありません。

ですが、資格を持っていればスキルの証明になり、就職や転職に有利に働く可能性は高いです。将来的に規模の大きなレストランでホールスタッフとして働きたい場合には資格を取得しておくとよいでしょう。

ホールスタッフとして働く人が取得する資格で代表的なものは、レストランサービス技能協会や和食マイスターなどが挙げられます。レストランサービス技能協会は飲食業界で唯一の国家試験であり実務経験が必要な資格ではありますが、取得することで高待遇での転職が期待できます。

語学力でコミュニケーションの幅を広げる

ホールスタッフになるには、英会話ができないといけないわけではありません。ですが、日常会話程度のコミュニケーションが出来ればホールスタッフとして仕事の幅が広がります。

カフェやレストランなどホールスタッフが働く勤務先にお客様もして訪れるのは日本人だけではありません。外国人も多く利用してきます。接客する場面で英語が出来れば、より商品の魅力を伝えることが出来るでしょう。

語学に関する意欲を持つことはホールスタッフとしてプラスになると考えられます。

ホールスタッフに向いている人、適性がある人

ホールスタッフになるには、性格的な要素や自分の元々のセンスが影響することが多いです。

忍耐力はホールスタッフの適性のひとつ

ホールスタッフに求められる適性として、まずは忍耐力があげられます。毎日来店するお客様を接客するのがホールスタッフの仕事の基本。

多くのお客様が訪れても接客に差が出ないように毎日手を抜かずに繰り返す力が求められるでしょう。

ホールスタッフには協調性が求められる

ホールスタッフが働く飲食店では他にも同じホールスタッフやキッチン、オーナーなどあらゆる人が働いています。

オーダーを素早くキッチンに渡して、円滑にお店を回すためにも協調性が求められます。仕事の話やプライベートな話が出来ると日々の業務にも充実感が生まれます。

臨機応変に対応できる力があるとベター

ホールスタッフでは、配膳やレジ、オーダーなど仕事はとても多くあります。

お客様が困っていたり、トラブルに巻き込まれることもよくあることです。イレギュラーなケースにも臨機応変に対応できる力がホールスタッフとしては求められます。

マルチタスクが得意な人もホールスタッフ向き

ホールスタッフの仕事はとても慌ただしくなるシーンが多いです。オーダーや片付け、レジなどを状況に応じてこなしていく必要があります。

お客様のオーダーを聞いた時に一緒に片付けも行うなどマルチタスクで仕事をしなければいけません。他の仕事をしていてもお客様から呼ばれればすぐにお客様の元に行きます。

頭の中で情報を整理しながら仕事が出来る人はホールスタッフに向いていると考えられます。

ホールスタッフになるための学校

接客の基礎が学べる専門学校

ホールスタッフになるには、専門学校を卒業してから就職する人もいます。職業柄、接客に関して覚えることや専門用語も多く、身につけるべきスキルは多くあります。

専門学校に通うことによりホールスタッフに必要な基礎知識を学べるでしょう。

カリキュラムを比較して学校選びを

ホールスタッフになるための専門学校は全国にあるため、その選択肢は豊富です。

学校によっては、現役で働くホールスタッフの指導を受けられる授業が用意されていることもあります。プロの指導を受けることで、より現場に近い雰囲気を感じられるでしょう。

また、資格取得の支援や就職のサポートが手厚い学校なら卒業後の進路の不安は少なくなるでしょう。

専門学校といっても学校によってカリキュラムは大きく異なります。自分がなりたいホールスタッフ像に近づけるように、専門学校は比較して選ぶようにしましょう。

店舗で修業を積み、ホールスタッフになることも可能

ホールスタッフになるには、専門的な学校で知識や技術を学ばないといけない訳ではありません。現場で実際に働き、知識やスキルを身に付けるとよいでしょう。

求人情報を検索すればホールスタッフは北海道から沖縄まで全国的に求人があります。未経験でも採用される可能性がありますし、現場に最初から飛び込むことで知識が早く身に付くでしょう。

雇用形態もアルバイトからスタートすることが多く、最初は雑用からとなる場合が多いようです。ホールスタッフとしてどの様な職場で働くかによっても異なります。

ホールスタッフになるには?まとめ

基本的にコミュニケーション力さえあれば誰にでもなれる職業

ホールスタッフになるには、接客に対する前向きな姿勢やコミュニケーション力、どんなに仕事がハードな環境でも続けられる意思が必要です。

また、忍耐力や協調性がある人は、ホールスタッフという職業では強みになると考えられます。

未経験でも仕事が出来ますが、資格や学歴があればベターです。専門学校や大学で接客の知識やスキルを学んだり、レストランサービス技能協会や和食マイスターの資格を持っていれば就職にも有利に働く可能性があるでしょう。

ホールスタッフの参考情報

平均年収200万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ホールスタッフの関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB