飲食店社員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

飲食店社員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

飲食店社員になるには、どのようなことが求められるのでしょうか。このページでは、飲食店社員になるにはどのようなことが求められるのか、適性のある人物、向いている人物はどのような人物であるのかを紹介します。飲食業界で就職を検討している人は参考にしてください。

飲食店社員になるには何が必要?

飲食店社員になりたければ、次のようなスキルを身につけておくと優秀な飲食店店員として活躍することができます。飲食店社員になることを考えている人は、自分にスキルが備わっているかチェックしてみましょう。

接客スキル

飲食店社員になるのであれば、接客スキルが求められます。接客はアルバイトが中心に行いますが、社員も接客の基本を身につけていないと、現場でアルバイトの教育がうまくできなかったり、適切な指示を出すことができません。

社員になるのであれば、接客スキルもアルバイト以上のスキルを求められることになります。サービス業をはじめとして飲食店などで接客を行っていた経験がある人は、自分の接客スキルが社員のレベルに達しているか、もし達していなければ、接客の極意を再確認しましょう。

接客スキルは実践していくことも大切ですが、ホテルなどのサービスを実際に受けることで参考にすることも可能です。接客に答えはないので、自分なりに研究して接客に求められるスキルを磨きましょう。

スタッフ管理能力

飲食店社員には、スタッフの管理能力も必要です。新人アルバイトの研修から、休憩時間の設定、シフトの作成、給料計算など、スタッフに関するさまざまなものを適切に管理することが大切です。適切に管理することができなければ、場合によってはアルバイトに迷惑をかけてしまうことがあります。

また、お店の忙しい時間帯にアルバイトがどのようなことをやっているのか全体を把握する能力がなければ、お客さんとトラブルを起こしてしまう可能性があります。

このような点から、スタッフ管理能力が飲食店社員には求められるので、実践経験を積み重ねていきながら、飲食店社員に求められるスキルを身につけていきましょう。

調理師免許は社員に必要か

飲食店社員には、調理師免許は必要なのでしょうか。基本的に調理師免許は必要ではありません。しかし、調理師免許を持っていることで仕事の幅を広げることが可能になります。

将来独立して飲食店を開業しようと検討しているのであれば、調理師免許をもっておくと役に立つので、将来のことを考えて調理師免許を取得しましょう。

チェーン店と独立店のどちらが良いか

大手チェーン店と独立の飲食店社員、どちらが良いのでしょうか。どちらも良い点と悪い点があります。大手チェーンであれば、労働環境が整っているものの、上に掲げた目標を達成しなければいけないという問題があります。

一方独立店では、お店の経営者に直接意見を言うことができるので、自分の考えた企画でお客さんを喜ばすことも可能です。しかし、その代わり給料が安い、人手不足により休みが不規則といった問題点があります。

飲食店店員に向いている人、適性がある人

飲食店店員に向いている人や、適性がある人はどのような人物なのか。飲食店店員に向いている人、適性がある人物について紹介していきます。

向いている人

飲食店社員に向いている人は、次のようなスキルを兼ね備えている人です。次のようなスキルを既にもっている人は、飲食店社員として活躍することができる可能性があります。

人を感動させることが好き

飲食店店員の仕事は、接客、料理でお客様を感動させる仕事です。高級店になれば、人に感動を与え、楽しませることがとても大切です。日頃から人にサプライズをすることが好きな人であれば、接客するお客様に対して感動を与えることができます。

チェーン店の飲食店店員はサービスが固定されているため、他のお店のような独自のサービスを提供することが難しいものの、笑顔や元気な声で接客することで、お客様に気持ち良く店内で過ごしてもらう環境を作ることができます。

どのようなお店に勤務するとしても、人を感動させたい、おいしい食事が食べられる場所を提供したいという気持ちがなければ飲食店社員に向いていないといえます。

不規則な休みでも対応が可能

飲食店は、土日も営業をしているケースが多くシフト制で働くことになるため不規則な休みになりがちです。

土日が休みでも構わない人、連休ではなく飛び石で休みがあっても困らないという人は飲食店での働き方が向いているといえます。不規則な休みに対応することができなければ、飲食店社員は務まらないので、これから飲食店で働くことを考えている人は、働き方をしっかり検討したうえで目指すようにしましょう。

適性のある人

飲食店員として適性のある人は次のような人物です。次のような人は、飲食店社員として適性があるといえるでしょう。

料理が得意

飲食店社員の中でも料理が得意な人は、調理場でも活躍することができるため、仕事の幅が広がる可能性があります。調理師免許の資格を持っていなくても、料理が好きであれば、今どんな料理をお客様が求めているのか意見を提案することもできます。

また、人が足りない時は調理場に立ち調理場チームのサポートを臨機応変に行うことも可能です。将来的に独立してお店を開業することもできるので、料理が得意な人は飲食店社員を目指しましょう。

コミュニケーション能力が高い

飲食店社員にはコミュニケーション能力が求められます。時にはアルバイトの不満を吸い上げて上に報告することもあります。

コミュニケーション能力が高くなければ、アルバイトとの距離もできお店で働くスタッフのモチベーションにも大きく影響するので、コミュニケーション能力が高い人は、飲食店社員に適しているといえます。

冷静な判断ができる

飲食店では、忙しい時間帯でいかに店内のスタッフが冷静に対応しトラブルを避けてサービスを提供することができるかが問われます。この時、アルバイトだけで判断できないことも多くあります。

このようなケースに遭遇した時に冷静に判断することができる、店内が混み合ってきた時にスタッフに適切な指示を出すことができるかが飲食店社員に問われます。冷静な判断ができない社員のいるお店は、売上げに大きく影響してしまう可能性が高いといえます。

飲食店社員になるための学校・教室

飲食店社員を養成するような学校や教室はありません。大手チェーンを展開する飲食店の中には、社内研修をしっかり行う会社もあるので、社内の専門的なスキルは入社した後に学ぶことをおすすめします。

その一方で、飲食店社員を志している人が通うとプラスになる学校もあります。どのような学校かを詳しく紹介しましょう。

商業系の大学に通う

商業系の大学では、スタッフを管理するスキルや経営をするうえで大切なノウハウを学ぶことができる学科もあります。このような商業系の学校に通うことで、お店の経営方法をどのようにすれば良いかを学ぶことができます。

飲食店社員は、経営者としてのスキルを身につけておけば店長として才能を発揮し、キャリアを積み重ねていけば、お店を経営する側として飲食店に携わる可能性があります。

将来的に飲食店を経営したいと考えているのであれば、商業系の大学に通い、飲食店に必要なビジネスのノウハウを身につけておきましょう。

飲食店社員になるには?まとめ

どのようなかたちで飲食店に携わりたいかを考える

飲食店社員になるには、どのようなかたちで飲食店に携わりたいかを考えることが大切です。

携わり方を考えていれば、調理師免許を取得すべき、経営学を学ぶべき、接客を極める必要がある、などといったそれぞれの目標に合わせた課題が見つかります。

目標を持たなければ、飲食店社員としての価値はないので、これから飲食店社員を目指している人は、ぜひ今回挙げたポイントを参考にしてください。

飲食店社員の参考情報

平均年収250万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

飲食店社員の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB