作詞家の給与・年収は?作詞によって収入を得る方法や印税以外の収入源などを解説

作詞家の給与・年収は?作詞によって収入を得る方法や印税以外の収入源などを解説

J-POPや歌謡曲、アニメソングや演歌など幅広いジャンルの曲に歌詞をつけることが仕事内容の作詞家は、高い収入を稼ぐことができるのでしょうか。作詞家の職業の初任給や平均給与・年収についての情報をご紹介いたします。

作詞家の初任給

収入源のほとんどが印税

作詞家は一般的な企業と違い固定給が支払わることが少ない職業です。漫画家や小説家と同じ職業の扱いになるので、レコード会社や音楽事務所に所属しているからと言って社員扱いになることは少なくなっています。

そのため、固定給という給与体制ではなく完全出来高制となります。作詞家の職業は実力主義の厳しい世界といえるでしょう。

自身が作詞を手掛けた曲が売れた分だけ収入となる印税報酬のため、初任給の金額幅は作詞家それぞれ違うため初任給に関する詳しいデータはありません。

新人の作詞家の厳しい現実

作詞家は特別な資格がなくても作詞家になることができる職業です。基礎以上の音楽知識を持つことは必要とされておりますが、誰でもいつでも作詞家として活動することができます。

しかし、実力主義の世界である作詞家の職業は活動を初めても仕事を依頼されることはなく、作詞オーディションやコンペに参加し実績を重ねなければいけません。新人の作詞家の場合、年間に自身の歌詞が一曲採用されるだけでも良い方だといわれています。

次に、作詞家の給与についてご紹介します。

作詞家の給与について

完全出来高制と印税収入であるため統計データがない

作曲家の場合は音楽事務所に所属していると月給制で事務所から給与が支払われるため、安定した収入を得ることができます。

しかし、作詞家の収入源のほとんどが印税からの収入のため安定した収入を得ることは難しいです。自身が作詞を提供した楽曲の売り上げがヒットする必要があり、1度ヒットすると月に数百万円以上の印税収入が期待できますが、ほんの一握りの作詞家しかいません。

印税収入以外の収入源

作詞家の収入源は印税以外にも方法があります。「買取り」という方法で自身が作成した歌詞を売り渡すことをいいます。個人やインディーズなど実費でCDを作成する際に楽曲を作成する相手に完全に歌詞を提供する場合の方法で、買取りの金額は相手側との交渉次第なので収入額に個人差が生じます。

買取りを行う場合は、完全に歌詞を相手に提供することになりますので著作権を放棄する形になってしまうので、後にヒット作になったとしても印税収入は発生しません。

印税よりも買取りでの収入を重要視する作詞家もいる

歌詞を提供し印税収入だけで生計を立てている作詞家はごく一部の方しかいらっしゃいません。しかし、作詞家の収入を得る道は印税以外の方法が先ほどご紹介した「買取り」の方法です。

印税は売り上げがある分収入になりますが、新入りの作詞家が歌詞を提供したからと言ってヒット曲となり印税で高収入を得るのは難しく、さらに印税は半年後に数円や数千円、数万円と期待できないほどの収入しかない可能性の方が高いです。

CMソングやイベント用の楽曲など、CD化しない楽曲に歌詞を提供することがあります。その場合も買取りでの方法が選ばれています。

交渉次第でまとまった収入を得ることができる買取りの方法では、作詞家によってはありがたい収入体系と考えている方も多い傾向にあります。

有名な作詞家になると作詞以外の収入を得ることができる

自身が提供した作詞の楽曲がヒット曲となり、作詞家として比較的売れているようになると、テレビやラジオ番組、情報番組のコメンテーターなどに出演することによって「出演料」を得ることができます。

番組出演だけではなく、音楽系の専門学校や講演会、音楽教室などで作詞を作成するにあたっての知識や作業の進め方を教えることで副収入を得ることもできます。しかし、この収入方法も作詞家としての実力がなければ仕事に繋がらないので、作詞家としての名を残せるような楽曲がなければ厳しいといえるでしょう。

次に、作詞家の年収についてご紹介します。

作詞家の平均年収

月に数百万円以上印税収入を得られるのはほんの一握り

作詞家は収入が安定しづらい職業の一つです。新入りの作詞家であれば、生計を立てるのですら困難のため作詞以外の仕事をしながら作詞家活動をしている方もいます。

作詞家の平均年収額は約300万円~500万円前後となっておりますが、提供した作詞の楽曲の売れ行き次第では年収が下がることもあります。

作詞家のボーナスや昇給はあるのか?

作詞家は音楽事務所に所属する、またはフリーランスとして活動することができます。作詞家個人事業主として扱われるため一般企業のようなボーナスはありません。全ては自身が提供した作詞の楽曲の売り上げ次第となります。

作詞家に昇給制度という待遇はなく、作詞家として自身の実力次第で歌手やアイドルの楽曲を手掛けることで人気作家となり、結果年収が上がることへ繋がります。

作詞家で高収入を得るには?

作詞家の中には月に何百万円の収入を得ており年収は何千万と稼いでいる方もいますが、どうしたら作詞家の仕事で高収入を得ることができるのでしょうか。

作詞家として有名な方は阿久悠さん、松本隆さん、小室哲哉さん、秋元康さんと一度はテレビや雑誌、新聞などでお目にかかったことがある名前かと思います。

松本隆さんは寺尾聰さんの「ルビーの指環」の作詞を手がけました。この曲は第23回のレコード大賞を受賞されており、さらに松田聖子さんの曲も作詞しています。松田聖子さんの曲はオリコンで連続1位を獲得した曲数が24曲ありますが、そのうちの17曲は松本隆さんが作詞を手掛けています。

小室哲哉さんの場合は、自身が作詞した楽曲がオリコンシングルチャートでトップ5を独占した実績があります。1996年、1997年と2年連続高額納税者番付で全国4位となっており、推定年収は約23億円といわれています。

秋元康さんは、人気アイドルグループ「AKB48」、「欅坂46」、「乃木坂46」などのプロデューサーでもあり、ほぼ全ての楽曲の作詞を担当しています。秋元康さんは作詞だけではなく、自身の著書の出版やテレビ・ラジオ出演など幅広く活動されていますが、作詞家としてだけの年収は約7,000万円といわれています。

新世紀エヴァンゲリオンのオープニングテーマ曲「残酷な天使のテーゼ」を作詞された、1985年に作詞家デビューを果たした及川眠子さんは年収3,000万円以下になったことがないといわれています。

1988年にWinkの「愛が止まらない Turn It Into Love」の作詞を手掛け、CD売り上げが約64.5万枚と大ヒットとなりました。CD1枚を1,000円とし、印税が1.5%と計算すると作詞家の印税収入額は約967.5万円です。

しかし、当時フジパシフィック音楽出版に所属していた及川眠子さんは、Winkに提供したこの歌詞を買取りで提供しています。買取り金額は3万円だったそうです。

年収が高い方は過去の実績がある方に多く見られますが、いつどんな楽曲がヒットするのかわからないため高い理想を持っていても現実は厳しい職業であるといえるでしょう。

印税収入が多くなった時に気を付けること

自身の作詞を提供した楽曲が仮に大ヒットし、高額な印税収入を得ることができたとしても全て使うのは要注意です。

注意すべきことはずばり、税金です。さきほどご紹介した及川眠子さんは、自身が作詞を提供した楽曲がパチンコ機で使用された際、印税収入額が億を超えたことがありました。

しかし、年収額が億に届いた年の税金金額が約5,400万円といわれています。多額の印税収入を見込める場合は税金対策のために、印税はなるべく使わない方がいいといえるでしょう。

作詞家の給与・年収まとめ

安定した収入を得るのは難しい職業

自身のユーモアとセンスを言葉に表現し曲に歌詞をつける仕事の作詞家は、歌詞を提供した楽曲がヒットすると高額な印税収入をえることができますが、印税収入だけで生活している作詞家はほとんどいません。

印税収入は楽曲の売り上げが発生してから半年後に支給されるので、作詞家の中には提供する作詞を交渉で金額を決める買取りで収入を得ている方もおり、作詞家の収入方法は作詞家自身で決めることができますが、安定した収入得ることは難しい職業といえるでしょう。

作詞家の参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

作詞家の関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB