マンション管理人になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

マンション管理人になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

マンション管理人は、マンションの受付や各所の点検、清掃などを日々行うことで、マンションを維持管理する仕事です。マンション管理人になるには特別な資格は必須ではありませんが、どういった人に向いているのでしょうか。今回は、マンション管理人に向いている適性や、求められるスキル、関連資格等についてご紹介します。

マンション管理人になるには何が必要?

裏方に回り、地味で地道な作業がコツコツこなせること

マンション管理人の仕事は、来訪者への対応よりも、日々の設備の点検、修理立会い、廊下や入口の清掃、庭掃除や庭仕事、ゴミ捨て場の確認、不審者がいないかどうかの警備や住人の出入りに不審な点がないかなどの監視など、マンションそのものを維持して行くために必要不可欠となる仕事が主です。

それらの仕事は表に出ることが少なく、目立つこともありません。ゆえに明確な成果も出づらいですが、マンションの入居者の安全を守り、日々快適にマンションで暮らせるために、誰かがやらないといけません。その仕事をまさに任されているのが、マンション管理人です。

日々快適にマンションで暮らすためには、思いの外多くの作業があり、時には多くの人の手が掛かっています。一見いつもと変わらないように見えるマンションは、永久的に状態が維持されるものではありません。日用品と同じで、日々使用していれば当然のように劣化しますし、些細な損傷があるだけでも、照明やガラスの落下や天井や壁の崩落などの壊滅的な事故につながる可能性があります。

マンション管理人の仕事は、マンションの外見のみならず、水回りやインフラ周りなども含めて、毎日のように点検し、異常がないかを確認し続けなければならない、非常に地味で、かつ地道な仕事です。そうした仕事が大した苦もなくこなせることが、マンション管理人の必須条件です。

入居者のプライバシーを筆頭に、秘密を守れること

マンション管理人は賃貸にせよ分譲にせよ、入居者の住居というプライバシー空間を管理する仕事です。

マンション管理人の仕事をしていると、様々な入居者の個人情報やプライバシーに触れることも多くなります。それだけでなく、日々入居者と接する機会や、居住者同士の会話、居住者からの噂話などで、入居者の性格や隠しておきたい秘密などを知ってしまったり、伝え聞いたりすることもあるでしょう。

しかし、マンション管理人は、そうした情報を勝手に他人に話すようなことはしてはいけません。いかに居住者と仲良く、アットホームに接することが許されている環境であるとしても、マンション管理人という立場で人の秘密をバラすようなことをしては、当然のことながらプライバシーの侵害になりますし、マンション管理人としての信頼を失墜させる結果になります。

マンション管理人は入居者の安全を守る仕事です。その為に、入居者のプライバシーをもしっかりと守らなければならない仕事でもあります。そうした責務をしっかりと自覚し、余計なこと、喋らなくてもいいことを話さないように心掛け、全ての入居者に関して、節度を持って、一定の距離感を保って接することが重要です。

マンション管理人に向いている人、適性がある人

接客が好きで気遣いもできる、コミュニケーション能力が高い人

マンション管理人は、ただ地味に設備の維持に勤しむだけの仕事ではありません。

入居者をお客様として考え、お客様である入居者が安心して、安全に生活できるように日々の仕事に取り組む姿勢が必要なのはもちろんのこと、実際に入居者と顔を合わせることも多くある仕事です。入居者と顔を合わせた時には挨拶は欠かせませんし、挨拶の際は、丁重な所作と、にこやかな笑顔を心掛ける必要があります。

マンション管理人は、外部からの来訪者に対してもしっかりと対応しなければならないので、さながらオフィスの受付のような仕事も任されます。電話応対や、入居希望者の対応や、業者への応対、業者のメンテナンス作業や入居者と契約して行う引っ越し作業などの際の立会いも、場合によっては求められる仕事です。

そうした意味ではマンション管理人も接客業であり、人並み以上のコミュニケーション能力を求められます。礼儀作法、言葉遣いを始め、社会人としての基本的なマナーをしっかりと備えてないと務まらない仕事です。その一方で、建物を常に清潔に綺麗に保つ日々の地道な作業も重要で、損傷や破損がないか、故障、生活に支障が出るような障害物がないかどうか、入居者が困るような不都合はないか、常に気を配っておく必要があります。

みんなのために親身になって接することができる人、接客能力が高い人、日々細かいところまで気が回る人などは、マンション管理人に向いています。マンションの顔となり、かつ屋台骨にもなるような心掛けが、マンション管理人にとって大切です。

トラブル解決能力が高い、仲裁が得意な人

マンションというのは、たくさんの年齢も人間性も異なる他人が一つの集合住宅に入居しているという環境なため、入居者同士のトラブルをはじめとした、些細ないざこざがつきものです。そうした時に管理人の存在は非常に重要になります。

世の中には様々な人間がいますから、故意の嫌がらせや敵意を向けられたりすることもあり得ますし、水漏れなどのトラブルによって、不本意に隣人を傷つけてしまったり、迷惑をかけてしまうこともあり得る話です。入居者同士のトラブルは、大抵の場合、一手に管理人の元に集まってきます。

こうしたトラブルが起きた際、入居者それぞれに話を聞くなど、管理人という第三者としての立場から仲裁をしたり、犯罪性が高い内容であれば警察を呼んで対応してもらったり、不動産会社やマンションの運営組織が絡むようなトラブルの場合であればそうした会社とのやりとりも引き受けて、管理人として解決に向けて動いていかねばなりません。

そうしたトラブルが発生した時に、出来うる限りの最善手を打てる人、最も平和的な解決をするためにどのように動いていけばいいのかをしっかり判断して、実行に移せるようなトラブル解決能力がある人が、マンション管理人に向いています。

例えばサークルや部活などで、人間関係のトラブルが発生した時に、俯瞰した目線から揉めている当人たちの間にしっかり入っていける人は、マンション管理人に欠かせない能力を持っていると言えるでしょう。

フットワークが軽く、対応能力が高い、頼り甲斐のある人

マンション管理人には、非常に様々な仕事が舞い込みます。日々のマンション維持管理に関わる仕事には、手作業のみならず、接客サービスや、オフィスワーク、デスクワークが主体の仕事、電話応対や各所への報告業務などその内容は非常に多岐に渡ります。入居者の抱える悩みや様々な困りごとに、しっかりとした対応ができる能力が求められます。

これは必ずしも、管理人自身が解決しようとする必要はありません。大切なのは、入居者を始め、対応する相手が不安にならないように、しっかりと「対応する」ことです。マンション管理人の仕事の中には税務的な処理や、法律が絡むやりとりなどもありますが、税理士や弁護士、行政書士など他の資格の専門性が強く絡むような行為はできません。

そうした依頼があった際に、任せるべきはちゃんと専門家に迅速に連絡して後の対応を引き継ぐなど、各所への繋ぎ役として、フットワーク軽く対応できる人がマンション管理人に向いています。

マンション管理人になるための学校・教室

資格は必須ではない、資格を取るにも様々な道がある

マンション管理人の仕事を行う際に、特別な資格は必要ありません。しかし、マンション管理人は高齢者のセカンドキャリアを中心として非常に人気が高く、競争率も高い仕事です。そうした競争に勝ち抜くためのアピールポイントにもなりますし、資格を取っておいて困ることはないでしょう。

マンション管理に関する資格としては、「マンション管理士」「管理業務主任者」などがあります。マンション管理士は国家資格で、マンション管理組合の運営、管理規約の見直し、管理組合に対する助言など、マンション管理に関するより高度な仕事内容を引き受ける人たちを指し、資格取得には国家試験合格が必須となります。国家試験は誰でも受験可能な割に、合格率は例年10%を切る難関資格となっています。

管理業務主任者は、管理業務に際する専門知識に精通したマンション管理者を指し、マンション管理の際に一定以上の設置義務があります。管理人よりも管理会社の営業などが取得することが多い資格ですが、合格率は23%ほどと、マンション管理士よりは易しめの資格となっています。

マンション管理士、管理業務主任者の資格を取るために特別な学歴は必要ないため、試験対策を行うための予備校、専門学校、通信教育課程、あるいは独学で勉強する人もいます。必要な知識量が膨大で、試験難度がかなり高い資格となっているので、特に社会人の独学では非常に難しいとされています。

資格を取るなら、しっかりとした試験対策を行える予備校などに通うのが近道と言えるでしょう。

マンション管理人になるには?まとめ

地味ではありつつも、日々の生活の営みに寄与する重要な仕事

マンションは、人々が安心、安全に暮らして行くために重要な「住居」であり、マンション管理人は、沢山の入居者の暮らしの土台となる住居を維持管理して行く仕事です。あまり毎日意識されるほど表立った仕事ではありますが、いざという時には居ないと困る、重要かつ責任のある仕事であり、人気の職業でもあります。

高い競争率の中でマンション管理人の雇用を得るには、マンション管理に関する国家資格の取得などによって高度な専門知識を証明できるよう、日々勉学に打ち込む必要があります。

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

マンション管理人の関連記事

建築に関する他の職業KANREN JOB