ニュースキャスターの給与・年収は?平均月収や支給される手当まとめ

ニュースキャスターの給与・年収は?平均月収や支給される手当まとめ

男女ともに人気の仕事の1つであるニュースキャスターは、とても華やかな世界で仕事をして、高額な給料を貰っているイメージがありますよね。今回の記事では、ニュースキャスターの初任給や平均給与、平均年収、給与を上げる方法についてご紹介します。

ニュースキャスターの初任給

ニュースキャスターの初任給は23~25万円

就職する企業にもよりますが、ニュースキャスターの初任給はだいたい23~25万円ほどです。男女ともに人気の職業であるニュースキャスターですが、初任給は他の職業とあまり変わらない金額となっています。

経験を積んで有名なニュースキャスターになれると給料も跳ね上がりますが、ニュースキャスターになりたての頃は平均的な金額の給料だと思っておくと良さそうです。初任給から高額な給料を貰える可能性は低いため、地道に経験を積んでいくことが大切なようです。

将来的に高収入も期待できる

新人の頃は平均的な給料ですが、20代後半から30代くらいになると給料もぐっと上がり、他職種と比べてもかなりの金額を貰うことができます。長年勤めていると役職が付いたり、ベテランになると任せてもらえる仕事量も増えたりするからです。

給料だけでなく、各種手当や仕事内容も確認する

ニュースキャスターを募集しているテレビ局自体少なく、求人数もかなり少なくなっているのでなかなか就職先を選ぶ余裕がないかもしれません。しかし、求人を見るときは給料だけでなく、その他の条件も確認しましょう。

どのような手当があり、どのくらいの金額が支給されるか、どんな番組に出演できるのか(応募先のテレビ局がどんな番組を放送しているのか)をチェックしておくとミスマッチを減らせます。

あまりにも自分の希望する条件とかけ離れている場合、入社できたとしても長く務めることが難しくなってしまう可能性もあるので、入社前に自分が長く働けそうかどうか見極めることも必要になります。

あまり求人が無いので選択肢が無く、そこしか募集しているところが無い場合を除いて、なるべく自分にマッチしたテレビ局を探しましょう。

ニュースキャスターの平均給与の統計

ニュースキャスターの平均給与は約50万円

ニュースキャスターの平均給与は約50万円となっています。ニュースキャスターの初任給は平均的ですが、ニュース番組にレギュラー出演したり、MCを務めるようになると給料も一気に上がります。

他職種と比べても平均給与は高く、ニュースキャスターとしてキャリアを積めば高収入も見込める職業でしょう。

フリーに転身するとさらに給与アップの可能性も

ニュースキャスターとして働くために、まずはテレビ局に就職しますが、ある程度テレビ局のニュースキャスターとして勤めた後は、フリーのニュースキャスターに転身する人も多くいます。フリーのニュースキャスターに転身することで仕事の幅が広がり、さらに給料アップも期待できるでしょう。

なかには、フリーのニュースキャスターに転身して、うまくいかず仕事が激減してしまった人もいるので、転身するタイミングやフリーになった後の努力も必要です。しかし、テレビ局のニュースキャスターとして勤めている間に関係者や世間の人々から信頼されるような仕事をしていれば、フリーになっても変わらず仕事を続けられるでしょう。

女性の方が、給与が高い場合も

一般的な職業の場合、女性よりも男性の方が、給料が高い場合が多いですが、ニュースキャスターは男性よりも女性の方が給料を多く貰っている可能性があります。

容姿端麗な女性ニュースキャスターは、ニュースキャスターとしてテレビに出るだけでなく、テレビCMに出たり、広告ポスターのモデルも務めたりする場合が多く、ニュースキャスター以外の仕事でも給料を貰える可能性があります。

もちろん男性ニュースキャスターでもCMや広告モデルを務める場合もありますが、圧倒的に女性の方が多く、ニュースキャスター以外の仕事もしている女性のニュースキャスターに関しては男性より給与が高い可能性があるでしょう。

ニュースキャスター以外の仕事も多い

先ほどご紹介した通り、ニュースキャスターは報道番組でニュースを読むだけの仕事ではありません。上記のようにCMに出たり、報道番組以外の番組に出演したりと、幅広い仕事を任せてもらえます。

多くの仕事を任せてもらえるようになるためには、周囲の人との信頼関係や世間の人々からの人気度も関係してきます。人気であればあるほどたくさんの仕事を任せてもらえるでしょう。

仕事の幅が広くなればなるほど収入アップも見込めるので、ニュースキャスターとしての仕事もこなしつつ、他の仕事も任せてもらえるように努力を続けていくことが大切です。

ニュースキャスターの年収統計

ニュースキャスターの平均年収は約600万円

ニュースキャスターの平均給与から計算した平均年収は約600万円です。勤めているテレビ局や年齢、フリーか否かにもよって年収の金額は変わりますが、平均的な金額は600万円ほどです。

人気が出てくるとさまざまな番組から引っ張りだこになったり、レギュラー出演させてもらえるようになったり、年収も一気に上がるようになります。

年収1,000万円越えもある

よくテレビで見る有名なニュースキャスターの方々は、レギュラー出演している番組数も多いことから年収1,000万円を超えているニュースキャスターもいます。

テレビ局に勤めているニュースキャスターも、フリーになったニュースキャスターも1,000万円を超えた実績があり、うまくいけばフリーに転身しなくても高収入になれる場合もあるようです。しかし、年収1,000万円を超えているニュースキャスターの多くはフリーに転身しているので、フリーに転身した方が高収入の可能性は高いかもしれません。

推定年収1億円を超える人もいる

ある程度経験を積んだニュースキャスターは年収1,000万円を超えているケースも多いですが、誰もが知っている有名ニュースキャスターは推定年収1億円越えだとか。推定年収が1億円を超える人はほんの一握りですが、自分次第ではそれくらいの高収入も目指せる職業であるということです。

地方と東京の年収格差もある

地方のテレビ局に勤める場合と東京の有名テレビ局に勤める場合では、かなり年収に差が出てしまいます。地方のテレビ局に勤める場合の平均年収は1,000万円以下ですが、東京のテレビ局に勤める場合の平均年収は1,000万円を超えます。特にキー局と呼ばれる有名どころではさらに高額な年収を貰えることもあり、同じニュースキャスターでも年収にかなり違いが出てきます。

高収入になるために東京の有名なテレビ局に就職することを目指す人も多いですが、有名なテレビ局は求人数も少なく、人気なので狭き門となっています。ニュースキャスターとして就職する場合は、多少収入額が下がってしまいますが、地方のテレビ局も視野に入れた方が良さそうです。

雇用形態によって収入も変わる

新卒でニュースキャスターとしてテレビ局に就職する場合の多くは正社員採用ですが、中途採用だと契約社員の場合もあるようです。当然、正社員よりも契約社員の方が給料は低く、年収も低くなる傾向にあります。

契約社員の場合、あまりにも仕事ができないなどの欠点があると契約更新時に契約を切られてしまう可能性もあるので、長く働くには正社員よりも不利な立場になってしまいます。その分、辞めたくなったら契約を更新しなければいいだけなので、辞めやすいというメリットもありますが。

しかし、契約社員は住宅手当などの各種手当がつかない場合もあり、待遇は良いとは言えないようです。新卒でニュースキャスターを目指すのであれば、断然正社員採用を狙いましょう。

ニュースキャスターの給料・年収まとめ

ニュースキャスターはキャリアを積めば高収入も狙える

ニュースキャスターの初任給は平均的か平均より少し高い程度で、そこまで高額とはいえません。しかし、キャリアを積んでベテランになってくると仕事の幅も広がり、一気に金額がアップし、他職種よりも高額な給料をもらえる可能性が高くなります。

ニュースキャスターはとても人気なうえに募集人数も少ないため、狭き門となりますが、ニュースキャスターとして就職できれば、生活に困らないくらいの給料は貰えそうです。

ニュースキャスターの参考情報

平均年収600万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ニュースキャスターの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB