ニュースキャスターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

ニュースキャスターになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

相手に情報を伝える仕事のニュースキャスターになるには、一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。今回はこの記事でニュースキャスターに必要なスキルや知識、向いている人の性格的特徴などをご紹介します。

ニュースキャスターになるには何が必要?

不特定多数の人に対して分かりやすく正しく伝えるスキルが必要

ニュースキャスターになるにはいくつかの必要な要素が考えられますが、人の事が好きで思いやりを持ち続ける事がひとつです。

華やかに見える職業ですが、視聴者に伝えることが仕事のニュースキャスターは不特定多数の人に対して正しく伝える事はとても難しい事です。ニュースキャスターの仕事は分かりやすく、正しく気持ちを込めて情報伝達する必要があるので、人が好きでなければとても務まらないと考えられます。

ただニュースを読んで伝えるだけの仕事ではないニュースキャスターはいくら実力があっても、番組企画や制作したりするスタッフがいなければ活躍出来ないので、いつでも人に敬意を払う必要があるのです。ニュースキャスターとして大きく活躍したいのであれば、謙虚な気持ちで豊かな心を持っていることが必要な事になります。

強く気持ちを持つことがニュースキャスターの仕事に役立つ

ニュースキャスターの仕事は、自分自身と深く向き合う必要のある仕事でもあります。入社すると自身の名前が全国に知れ渡り、時には他のニュースキャスターと比べられることもあり、その怖さは本人しか分かりません。

ニュースキャスターの仕事をしていれば自分自身の至らない所に目を逸らしたくなる事も出てきます。そんな時にも自分と向き合い、壁を乗り越える為に努力出来る人がニュースキャスターとして成功を収めるのです。

経験を積んでも絶対に成功できる仕事ではないからこそ、長い時間をかけて突き進める精神力が必要なのです。

正しい発音や日本語力はニュースキャスターの大切な要素

ニュースキャスターは視聴者にしっかりと伝える事が仕事になるので、正しい発音や正しい日本語力は必要不可欠です。ニュースでは読み間違いは許されない事なので、しっかりと言葉を理解している必要があり、時には自身の知らない事柄でニュースを読むこともあるので、全体的に知識は頭に入れて置くことも大切です。

高すぎず低すぎず、聞き取りやすい声で活舌よく、何より人に伝わりやすい話し方が出来るかがニュースキャスターとしてはポイントになるのです。

場合によっては海外のゲストにインタビューなど様々な相手と会話をする事もあり、海外の相手にも対応できる様にしておけばニュースキャスターとして有利になるでしょう。

キャラクターも必要なニュースキャスターの仕事

ニュースキャスターとして番組の顔として愛されるキャラクターという事も必要な事です。タレント性も強いニュースキャスターにとって親しみやすさやはとても大切で、実力を上回ることもあります。

愛されるキャラクターであれば親しみやすさから多くの人が集まってきますし、ニュースを見ている視聴者からも覚えてくれやすくなります。人気のニュースキャスターはなぜ愛されているのか立ち振る舞いから研究して、盗める所は盗んでキャラクターを意識する事も大切です。

自己表現能力も必要なニュースキャスター

ニュースキャスターはただニュースを読むだけではなく、出演者から意見を求められたり自分の言葉で表現する事も多いのです。言葉の選択や話し方などもとても大事で、オリジナリティが有るか無いか自己表現能力で周囲と大きく差がつきます。

自身の興味のない事でも積極的に挑戦して経験を積んで、感性を豊かに保って表現を身に着ける事もニュースキャスターとしては大事です。

体力も必要なニュースキャスターの仕事

ニュースキャスターは何時ニュースを伝えるのか不規則な仕事でもあります。朝方にニュースを読む場合には朝の2時に起きて準備をしたり、深夜にニュースを伝えるのであれば寝る間も惜しんで準備をしなければいけません。

不規則な時間が多いニュースキャスターの仕事だからこそ、何よりその環境に耐え抜く体力、体調を整える自己管理がニュースキャスターとして求められます。

タレント性の強いニュースキャスターではスキャンダルは絶対にやってはいけない事、ニュースキャスターとしての責任を持った行動としても自己管理が必要になるのです。

ニュースキャスターに向いている人、適性がある人

ニュースキャスターになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

明るい事はニュースキャスターの適性のひとつ

ニュースキャスターに求められる適性として、まずは明るい事が挙げられます。テレビで見るニュースキャスターが怒っていたり、暗い雰囲気であればすぐにチャンネルを変えてしまうと思います。

そのため、ニュースキャスターは基本的にいつも明るくポジティブであることが大事になります。ニュースキャスターとして成功したいと考えるのであれば、ポジティブに普段から明るい事が適性と言えます。

ニュースキャスターは負けず嫌いを活かせる仕事

ニュースキャスターの仕事には失敗はよくある事で、他の仕事でも言えることですが、特にニュースキャスターは生放送などで頭が真っ白になることや言葉が出なくなることも多くあります。

失敗をすることで気持ちも落ちますし、怒られることもあります。性格的に負けず嫌いの人は、悔しいという事をバネに上達もしていくのです。プレッシャーの大きい仕事であるが故に、強気で負けず嫌いな人はニュースキャスターとしては向いています。

冷静に気持ちの切り替えが早い人

ニュースキャスターはどんなに現在の自身の気持ちが落ち込んでいても、カメラの前であれば冷静に元気よく立ち振る舞う必要があります。そのため、プライベートで良くない事があっても気持ちを切り替える必要があります。

生放送が多いニュースキャスターの仕事では、トラブルにも冷静に対処し立て直す必要があるのです。すぐに気持ちを切り替えが出来る人はニュースキャスターとして向いているでしょう。

責任感もニュースキャスターになるには求められる

ニュースキャスターは責任感も求められる仕事です。人前で話すニュースキャスターは特にプロ意識が求められ、多くの人に自身が見られているという自覚が必要で、番組を背負っているという心構えも必要です。

ニュースキャスターの仕事は、一般的な仕事に比べても簡単に休むことが出来ない仕事です。普段から体調に気を付けて、責任感を持って仕事に取り組む必要があるのです。ュースキャスターとして責任感は基本的なポイントで、人気の高い個性的なニュースキャスターでも、基本的には真面目に取り組んでいるものです。

高感度の高いルックスはニュースキャスターとして必要

仕方がないポイントではありますが、テレビに露出する仕事のニュースキャスターはルックスも大切な要素の一つです。顔の見た目はどうしようもない事ですが、清潔感や好感を持たれるタイプになる事は努力次第でどうにかなります。

人前で話すことが仕事のニュースキャスターなので、高感度の高いルックスは男性でも女性でも求められるのです。

ニュースキャスターになるための学校

ニュースキャスターになるために学校に通うことは、自分と同じようにニュースキャスターを目指す仲間に出会えるということです。倍率が高い世界だからこそお互い切磋琢磨し、励ましあい刺激しあうこともできるのが魅力です。

ニュースキャスターの基礎が学べる専門学校

ニュースキャスターになるには、専門学校や大学を卒業してテレビ局の採用試験に合格してアシスタントから経験を積んでなる事が基本パターンです。

専門学校に通う事で、大学よりも専門的にニュースキャスターとしての知識や実習を積んでスキルを磨くことが出来るでしょう。トラブルや語学力、語彙力なども培う事が出来るので、ニュースキャスターの仕事に対応できる力をつけることが出来るのもメリットです。

カリキュラムや業界とのネットワークを比較して学校選びを

ニュースキャスターになるための専門学校は全国にあり、選択肢は豊富といえます。

専門学校によっては最新の機材が揃っていて、まるで放送局のようなスタジオで実習することが出来たり、業界のプロが知識や技術を直接指導してくれたり、カリキュラムも専門学校によって大きな差があるのです。

長く専門学校でニュースキャスターになるため学ぶので、将来的に業界とのつながりも合わせて検討しておくこともお勧めと言えます。

ニュースキャスターになるには?まとめ

思いやりと負けず嫌い。伝える能力や健康な体がニュースキャスターを続ける原動力に

自身を強く持ち思いやりを持つこと。ニュースキャスターになるには、どんなに仕事が辛くても続けられる力が必要です。加えて説明する伝える力や自己表現力、責任感がある人はプレッシャーのかかるニュースキャスターの仕事で強い武器になると考えられます。

専門学校や大学を卒業してテレビ局の採用試験に合格してから始めるニュースキャスターとしての道ですが、専門学校で知識や経験を積んで学び続けることで一歩抜きんでたニュースキャスターになれるのです。

ニュースキャスターの参考情報

平均年収600万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ニュースキャスターの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB