ラーメン店店長になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

ラーメン店店長になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

シンプルでありながら様々な人を魅了するラーメンですが、ラーメン店の店長になりたいと憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。基本的に、ラーメン店の店長になるには、自力で開業してなる場合と雇われ店長の場合があります。本記事では、ラーメン店店長になるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

ラーメン店店長になるには何が必要?

まず初めに、ラーメン店店長にはどんなことが必要なのか一つずつ紹介していきます。

ラーメンに対してどれだけ情熱を注ぐことができるのか

ラーメン店店長になるために特別な資格というものは必要ありませんし、学歴を求められることもありません。

その分、日本全国にあるラーメン店としのぎを削って「ここが美味しいから、また食べたい」と思わせて生き残って行くためには、相当な努力が必要になってきます。

ラーメン店店長の中にはライバル店を食べ歩き、生き残るためにはどうすればいいかを常に研究している人もいますし、食事や睡眠時間を削ってまでラーメンをどこまで極められるかを考えている人もいます。

ラーメンに対してどれだけの情熱を注ぐことができるのか、魂を込めることができるのかが重要です。

味に対してどれだけ追及することができるのか

独立している人であれば新メニューを考えて新たな一杯を作るためにも、ラーメンの味に対してどれだけ追求することができるのかが必要になってきます。

ラーメン店は日本全国にたくさんあり、お客様は「どこにいってもラーメンが食べられる」状態です。

そのため、変わらない味もとても大事になりますが、様々な人に受け入れて貰えるラーメンを常に考えていなかければなりません。

どの業界でも「向上心」は持たなければなりませんが、ラーメン店店長がより一層必要になってくるといっていいでしょう。

店長なので人材の管理も必要

ラーメン店店長はその店のトップになりますので、ただ単にラーメンを作ってお客様に提供していればいいわけではありません。

人材の管理も必要になってきます。特にチェーン店になると、アルバイトの人たちがたくさん入ってきますので、仕事を覚えてもらうために育成をしたり、良いモチベーションを保ってもらうためにフォローをしなければなりません。

また、店が常に回るように人材の配置を考えたり、シフトを作ったりするのも店長の大事な仕事になってきます。

ラーメン店店長は作る側だけではなく、その店の「経営者」としての認識を持たないといけません。

どれだけの売上を挙げることができるのか、効率よく仕事をするためにはどうすればよいのか、最低限、どれだけの人数を配置しないといけないのかを把握して管理する能力が求められるでしょう。

ラーメン店店長に向いている人、適性がある人

ラーメン店店長に特別な資格は必要なく、努力をすれば誰でもなれるチャンスがあります。次にこの職業に向いている人、適性がある人を紹介していきます。

ラーメンが大好きであることが前提

ラーメン店店長に向いている人は「ラーメンがどれほど好きなのか」この1点に限るといっても過言ではありません。

この仕事を第一線で活躍している人の中には24時間・365日、常にラーメンのことを考えている人もたくさんいます。

ラーメンは他と違って非常にシンプルではありますが、奥深い料理であり味を真剣に追及していかなければなりません。

麺だけではなく、それに合うスープ、具材などをこだわりぬいていける人、ラーメンを心から愛し、現状に満足できず常に高みを目指していける人はラーメン店店長に向いているといってもいいでしょう。

ラーメンのためなら長時間労働も苦にならない人

会社から雇われているラーメンチェーン店店長であれば労働基準法に守られていたり、他の社員やアルバイトで役割分担をするため、想像を超えるような長時間労働をすることは基本的にはないでしょう。

しかし、個人経営の店長は自らの腕を振るわないといけないため、途中で抜けたり、遅めに出勤するといったことはほとんどありません。

また、開店時間から閉店時間だけではなく、仕入れ・仕込みの時間、片付けなどの時間などを含めると本当に長い時間働かないといけません。

定休日も月に1回~2回だけという店も多いので、あまり休める仕事ではないのでラーメンのためなら長時間労働も問題ない方でなければ仕事は続かないといえるでしょう。

負けず嫌いで粘り強い人

ラーメン屋店長を目指す人は「独立開業をしてたくさんお金を稼ぐ」を夢見ている人がほとんどでしょう。しかし、安定してお金を稼ぎたいのであればサラリーマンをしている方が割はよく、楽な場合も多いです。

ラーメン店は競争がとても激しく、激戦区に店を出せば長時間のハードワークになってしまう世界です。出せば「絶対に儲かる」のであればそれでもいいかもしれませんが、現実問題その店が繁盛するのかは未知数です。軌道に乗るまでは苦しい経営が続くことになるかもしれません。

そのような状況下でも「這い上がってやる」という粘り強い気持ちや「あの店に負けたくない」という簡単には諦めないでピンチをチャンスに変え、逆境に立ち向かう力が必要です。

夢を持って、目の前の課題を一つずつ解決して執念を持ちながら仕事をしていけば、ラーメン店店長として大成功するかもしれません。

状況を常に把握して最適な行動・指示が出来る人

ラーメン店店長の下には社員・アルバイト・パートの人たちで店を盛り上げているところもたくさんあります。そのため、店の状況を常に把握して適切に行動・指示出来る人は向いているといってもいいでしょう。

ホールが足りないのか、調理する人が足りないのか、今何が必要なのか、店長自身がどこに入れば店をスムーズに店を回すことができるのか、その場に応じて適切に指示ができる、行動をすることでラーメン店店長として、他の人の見本になることでしょう。

ラーメン店店長になるための学校・教室

次は、ラーメン店店長になるための学校・教室について紹介していきます。

ラーメン店店長は中卒・高卒からでも目指せる

ラーメン店店長を目指すために、この学校に行けば有利というものはありません。あくまでも実力の世界になりますので、チェーン店でも個人経営でも中卒・高卒からでも目指せることが可能で結果が出れば認められる世界です。

それでは学校にいっても意味がないのかというとそうでもありません。料理の専門学校に行けば、それに関する基礎を学ぶことが可能ですし農業関係の学校であれば新鮮な具材の見分け方を学ぶことができます。

知識として学んでおけば、ラーメンに活かせる部分も必ずありますので、決して無駄になることはないでしょう。

ラーメンアカデミーというラーメンの学校が存在している

ラーメン店店長になるための専門学校や大学というのはありませんが「ラーメンアカデミー」という独立や開業を目指せる学校があります。

ラーメン作りの基礎から、自分で作り上げるブランド麺完成まで見てくれたり、基本的には少人数レッスンになりますので納得いくまで質問することもできます。

またアカデミーによっては、自分で作ったブランド麺を実店舗で販売・提供することができますので、お客様の反応を直で見ることが可能です。

短い期間でラーメンのことを教わりたいのであれば、ラーメンアカデミーに入学してみるのもいいでしょう。

ラーメン店店長になるには?まとめ

負けず嫌いで粘り強くラーメンの味をとことん追及していく

ラーメン店店長になるには、ラーメンの味に関しては妥協をしないでとことん追及していく人でなければなりません。

また、苦しい経営であったとしても、粘り強く、周辺店舗に負けない気持ちで美味しいラーメンを作り続けていなかければなりません。

安定した収入を得たい、ハードワークな仕事が嫌な人はラーメン店店長には向いておらず「最高の一杯を作るんだ」と24時間・365日ラーメンのことを考えている人が成功するのではないでしょうか。

ラーメン店の店長は決して楽な仕事ではありませんが、夢のある職業と言えるでしょう。

ラーメン店店長への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

ユーキャン

ラーメン店店長の参考情報

平均年収500万円~800万円
必要資格
  • 食品衛生責任者
資格区分 公的資格
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ラーメン店店長の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB