ガーデンデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

ガーデンデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

庭園のデザインを手がけるガーデンデザイナーは、どの程度の給与・年収を受け取ることができるのでしょうか。本記事では、ガーデンデザイナーとして働いた際に得られる平均的な年収・給与、おおよその初任給の金額など収入事情についてご紹介します。

ガーデンデザイナーの初任給

ガーデンデザイナーの初任給は、どの程度受け取ることができるのでしょうか。ガーデンデザイナーの初任給から解説をしていきましょう。

初任給

ガーデンデザイナーの初任給は16万円〜20万円程度です。20代のガーデンデザイナーは主にホームセンターや造園会社でノウハウを学ぶことになるので、給与も安い傾向にあります。一般的な企業よりもやや低いということを認識しておきましょう。

20代のうちにやるべきことは

ガーデンデザイナーとして活躍するために、20代の方はどのようなことに意識すれば良いのでしょうか。ガーデンデザイナーとして活躍をするためには、20代のうちに「ガーデンデザイナーの基礎」を身につけるようにしましょう。

庭が作られる過程を学ぶ

ガーデンデザイナーは、聞き取り調査から完成まですべての工程に関わることになります。庭園がどのようにして作られているのか20代のうちに徹底的に覚えておくと1人前のガーデンデザイナーとして活躍することが期待できます。

ガーデンデザイナーで特に勉強をしなければならないものが、「図面作成」です。図面はお客さんに対してこのような庭を作っているというイメージを伝えることも大切ですが、業者に工事を依頼した際に正確な作業を行なってもらうためにも大切な図面になるので、ガーデンデザイナーの手腕が問われることになります。

正確な図面を作成するためには、数年間先輩の仕事を見ながら仕事内容を覚えておく必要があるので、20代のうちに知識を蓄えておきましょう。

植物に関する知識を学ぶ

ガーデンデザイナーは、豊富な植物の知識があればより満足度の高い庭園を提案することができます。どのような植物を配置するとより効果的な演出ができるのか、庭園のイメージにぴったり合う植物は何かといった引き出しが多くなるので、よりオリジナリティ溢れる庭園を提案することができます。

20代のうちは、ガーデンデザイナーとしてサポートをすることが多くなるので、この期間に植物の知識を学んでおくようにしましょう。

ガーデンデザイナーの平均給与

ガーデンデザイナーの平均給与を紹介していきます。ガーデンデザイナーの給与を平均すると、25〜35万円と所属する会社によって若干ズレがあります。また、正社員とフリーランスで働いているガーデンデザイナーでは給与額も大きく異なります。

正社員の給与

ホームセンターや造園会社などでガーデンデザイナーとして働くと、平均給与は25〜30万円前後です。一般企業よりもやや低い給与のため、待遇に不満を持っている方も少なくありません。

ガーデンデザイナーとしてスキルが高くても給与額は30万後半になり、給与と仕事のバランスが合っていないと感じているガーデンデザイナーも少なくないと言えるでしょう。

フリーランスの給与

フリーランスとして活躍するガーデンデザイナーの給与相場は、30〜70万円と正社員のガーデンデザイナーに比べて高くなる傾向があります。ガーデンデザイナーとして給与を高くしたいのであれば、正社員としてスキルを身につけた上で独立することをオススメします。

給与をあげる方法は

ガーデンデザイナーとして給与をあげるためには、正社員として活躍することよりも、フリーランスで働くことで給与を簡単にあげることができます。フリーランスになるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。フリーランスには次のようなことが求められることになります。

実績を作る

フリーランスのガーデンデザイナーとして活躍するためには、実績が大切です。過去にどのような庭園を手がけていたかが仕事を受注する際に大きく影響するので、実績を作るようにしましょう。

フリーランスのガーデンデザイナーとして実績が多ければ、必然的に仕事が多くなるだけでなく、国の公園整備などの大きな仕事を受注することができる可能性があるので、コツコツと実績を積み上げていくようにしてください。

資格を取得する

ガーデンデザイナーの仕事は資格が不要の仕事です。しかし、資格を保有することで仕事を獲得することが期待できます。ガーデンデザイナー協会が認定している資格を取得すれば、仕事を斡旋してもらえることができる可能性があるので、フリーランスになりたての頃は、仕事に困らない可能性があります。

また、ガーデンデザイナーとして造園技能士の資格を持っていれば図面を作成し現場で意見を言うだけでなく、自ら庭園を作ることができるので、仕事のバリエーションがさらに広がります。

資格を取得することで、ガーデンデザイナーとしてのキャリアアップも期待できるので資格を取得するようにしましょう。

ガーデンデザイナーの平均年収

ガーデンデザイナーの年収統計を紹介していきます。年収を平均すると、300〜500万円です。

正社員として活躍をすれば、この程度受け取ることができます。フリーランスとして活躍すれば、さらに年収が高くなることが期待できるので、年収をあげたい方はフリーランスとして活躍をしましょう。

年収1000万円にする方法は

ガーデンデザイナーの中には、年収1,000万円以上稼いでいる方も少なくありません。1,000万円以上稼いでいるガーデンデザイナーの多くは、フリーランスで活躍している方ばかりです。

正社員として1,000万円以上獲得する方法は、業績の良い造園会社など限られた場所になるため、実現することが難しいと言えます。稼ぎたいのであれば、フリーランスを視野に入れるようにしましょう。

フリーランスとして実績を積み重ねれば、1,000万円以上も夢ではありません。また、フリーランスとしてさまざまな仕事を手がけていると、海外から仕事の依頼が舞い込むこともあります。仕事の活躍する場が増えるので、ガーデンデザイナーを生涯の仕事としたいのであれば、フリーランスを視野に入れて活動をするようにしてください。

フリーランスになるために必要なこと

実績がある程度あれば、フリーランスとして仕事を行うこともできますが、すべてのガーデンデザイナーが生き残れるわけではありません。フリーランスとして生き残ろうと考えているのであれば、営業努力や、仕事に対するスピード、正確性などが求められます。

実績がよくても、新規顧客を獲得するための努力をしていなければ自分の仕事の幅を広げることは難しいと言えるので、フリーランスになる方は、正社員として働いていた時よりもさらに努力が必要であることを認識しておきましょう。

フリーランスとして活躍するという強い意志を持っていればガーデンデザイナーとして活躍する可能性は高くなるので、コミュニケーションスキルと庭園に関する知識を磨いてどのような仕事にも食らいつく姿勢を貫くようにしましょう。

ガーデンデザイナーの給与・年収まとめ

フリーランスになれば、高額年収も期待できる

ガーデンデザイナーは、勤務先によって給与・年収が大きく異なります。少しでも給与や年収を高くしたいのであれば、フリーランスとして活躍するようにしましょう。フリーランスとして活躍をすれば、高額年収も夢ではありません。

ガーデンデザイナーとして活躍をしようと考えている方は、フリーランスを視野に入れて活動することをオススメします。実力一本で高い年収を得られるフリーランスで、多方面で活躍するデザイナーを目指しましょう。

ガーデンデザイナーへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

ユーキャン

ガーデンデザイナーの参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種自然・動物

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ガーデンデザイナーの関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB