ガーデンデザイナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ガーデンデザイナーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ガーデンデザイナーは、その名の通り庭を設計しデザインする職業です。では、ガーデンデザイナーに向いている人とは、どのようなスキルや人間性を持っている人なのでしょうか。このページでは、ガーデンデザイナーになるために、求められるスキルや知識、向いている人の特徴などをご紹介します。

ガーデンデザイナーになるには何が必要?

ガーデンデザイナーになるためには、どのようなスキルや資格が必要なのでしょうか。ガーデンデザイナーに求められるものは一体どのようなものがあるのか、詳しく紹介していきます。

庭園を設計する基礎的な知識

ガーデンデザイナーは、依頼に応じた庭園を設計する仕事です。時には、イメージだけを伝えられて庭園を提案することもあります。このような場合、庭園の基礎的な知識がないと良い庭園を作ることができません。

また、庭園を依頼するお客さんの中には庭園に詳しい方もいます。このような方が専門的な要望を伝えることもあるので、ガーデンデザイナーは庭園を設計するための最低限の知識が必要になります。

それでは、ガーデンデザイナーになるために備えておいた方がよい最低限の知識とは、一体どのようなものなのでしょうか。求められる最低限の知識について紹介していきます。

植物や石の知識

ガーデンデザイナーには、植物や石の知識が必要になります。庭園といっても、和をベースにしたものもあれば、洋風を意識したデザインのものもあります。これらの庭園では求められる植物や石が異なります。このような時に、どのような植物を配置するとより雰囲気に合う庭園を演出できるのかがわかるので、植物への知識は必要不可欠です。

植物の知識があれば、正しい手入れ方法をはじめ美しく見える季節などをお客さんに提案することができるので、庭園の見た目だけでなくプラスアルファの面を提案することができます。

庭園の知識

庭園といっても、アメリカ、ヨーロッパ、日本、アジアによって庭園の構造が大きく異なります。お客さんから、「中世ヨーロッパ風の庭園を作って欲しい」「京都の銀閣寺のような庭園を作ってほしい」という要望を求められることもあります。

このような時に、庭園の知識があればイメージがその時点で沸いているので、お客さんとのスムーズなやりとりができるだけでなく完成イメージもお客さんと共有できるため、ミスなく庭園を設計することができます。ガーデンデザイナーになる方は、庭園の知識も必要であると言えるでしょう。

コミュニケーション能力

ガーデンデザイナーには、コミュニケーション能力も求められます。ガーデンデザイナーは庭を設計するのであって、実際に施工を手がけるのは庭師などの業者になります。業者によっては細かいニュアンスを伝える必要性があるため、コミュニケーション能力は必要不可欠になります。

コミュニケーション能力の高いガーデンデザイナーになれば、業者だけでなく顧客とのやりとりもスムーズに行うことができるので、庭に関する知識を磨いていくだけでなく、コミュニケーション能力を磨いていくようにしましょう。

ガーデンデザイナーに向いている人、適性がある人

ガーデンデザイナーに向いている人や、適性がある人はどのような人物なのでしょうか。ガーデンデザイナーに向いている人・適性のある人物について、紹介していきます。

向いている人

ガーデンデザイナーに向いている人は、次のようなスキルを備えている人です。

庭園によく足を運ぶ

庭園によく足を運ぶ人は、さまざまな形の庭園を目にしているので、ガーデンデザイナーとして働いても優秀な実績を残すことが期待できます。庭園に多く足を運べば運ぶほど、庭園に関する知識が磨かれていくので、庭園によく足を運ぶ人にはオススメの仕事だと言えます。

綺麗なものが好き

庭園には美しさが求められます。綺麗に物を整えることが好きな人や、綺麗なものが好きという方は、庭園を設計した際に、美しく見えるためにはどのようなことが必要なのかを考えることができるので、オススメの仕事だと言えます。

植物が好き

美しい庭園を並べる際は、ただ美しいだけでなく、植物の良さを活用した庭園を設計することも求められます。特に、日本の庭園ではどの植物をメインにするかを決め、それに伴って石や竹など際立たせるものを配置します。

植物が好きであれば、どのような配置をすればうまくいくかを感覚で掴むことができるので、植物が好きな人にもオススメの仕事です。

パソコン作業が得意

ガーデンデザイナーは、庭園を設計する際に完成イメージ図を作ることがあります。この時にパソコン作業に慣れていると、イメージ図を簡単に作りあげることができます。普段からパソコン操作に慣れている人は、ガーデンデザイナーの仕事に向いていると認識しておきましょう。

適性のある人

適性のある人は、次のような人物です。次のようなスキルがあれば、ガーデンデザイナーとして活躍できる可能性があるので、ぜひチェックしておきましょう。

デザインセンスがある人

どの庭園を設計するにしても、デザインセンスが求められます。綺麗な庭園を設計するためには、デザインセンスが求められるため、もともと芸術的なデザインのセンスがある方には向いている仕事だと言えるでしょう。物を作ったり、服のデザインを考えたりすることが得意な人にはオススメです。

責任感がある人

いくら良い庭園を設計しても、顧客が満足しなければ設計を再度やり直すケースもあります。責任感がある人であれば、どのような状況でも最後までやり通すことができるので、責任感の強い人にはオススメの仕事だと言えるでしょう。

ガーデンデザイナーになるための学校・教室

ガーデンデザイナーになるための学校や教室、スキルを磨く方法を紹介していきます。

芸術系の学校で学ぶ

ガーデンデザイナーになるための特別な専門学校や芸術学校はありません。しかし、建築の基礎やデザインのスキルは芸術系の学校で学ぶことができるので、ガーデンデザイナーの基礎を学びたい方は、芸術系の学校に通うことをおすすめします。

実践的なことは学ぶことができない反面、庭園をデザインするために必要な建築の基礎を学べばバリエーション豊富な庭園を提案することができるので、基礎を学ぶためにも勉強するようにしましょう。

ガーデンデザイナー協会が主催するセミナーで学ぶ

ガーデンデザイナーは、ガーデンデザイナー協会が認定している資格があります。この資格を取得していれば、ガーデンデザイナーとしてのスキルがあることを証明することができるので、ガーデンデザイナー協会が主催するセミナーを受講することをおすすめします。

セミナーを受けることで、専門的な知識を学ぶだけでなく実践で役立つ知識を身につけることができるので、ガーデンデザイナー協会が主催するセミナーに出席することをおすすめします。

ガーデンデザイナーのスキルをあげるためには

ガーデンデザイナーのスキルをあげるためには、多くの庭園を見ることが大切です。さまざまな庭園を見ることで、自分が庭園を設計する時に役立てることができます。

少しでも、ガーデンデザイナーとしてのスキルをあげたいと考えている方は、さまざまな庭園に足を運び、そこで活用されている手法や植物に触れる機会を作りましょう。

ガーデンデザイナーになるには?まとめ

熱意があればガーデンデザイナーになることができます

ガーデンデザイナーになるために必要なことは、庭園への情熱と最低限の知識です。庭園への情熱があれば、さまざまな作品を手がけることができるだけでなく、一人前のデザイナーとして活躍することが期待できます。

ガーデニングの需要は高く、腕があれば様々な場面で活躍できますので、ぜひガーデンデザイナーを目指しましょう。

ガーデンデザイナーの参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種自然・動物

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ガーデンデザイナーの関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB