広告制作会社社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

広告制作会社社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

テレビCMやポスターなど、デジタル広告・リアル広告問わず、さまざまな広告物のデザイン・制作を行う「広告制作会社社員」という職業。そんな広告制作会社社員になるためには、いったいどのようなことが必要なのでしょうか?本記事では、広告制作会社社員になるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

広告制作会社社員になるには何が必要?

美術系や芸術系の大学でデザインの基礎やスキルを学ぶ

広告制作会社社員になるには、まず美術系や芸術系の大学でデザインの基礎やスキルなどを学ぶ必要があります。というのも、広告業界で働く方の多くはクリエイティブな能力に優れた方が多く、会社自体もそのような人材を求めている傾向があります。

広告物は見る人によって与える印象が変わりますし、インパクトのないものであれば人の記憶に残りづらいので広告の意味がなくなってしまいます。そのため、デザインに関する豊富な知識を持っていて、なおかつ制作スキルを持っている方は、会社の即戦力となるので採用されやすいといえるでしょう。

デザイン系の専門学校で勉強して就職をする

会社によっては大卒以外でも採用しているところがあるため、そのような会社に就職するのであれば、デザイン系の専門学校で勉強するというのもなるための1つの方法です。近年、広告デザインを専門的に学べる学校が増えているため、広告制作会社社員として必要な知識や技術を身に付けることができます。

広告にはポスターや新聞広告などの紙媒体や、動画やCG技術を使ったデジタル広告などがあり、それぞれで求められるスキルが異なります。このような専門的スキルは学校で行われる授業で学ぶことができますし、実習を受けることでスキルを身に付けることができます。

そのため、広告制作会社社員を目指すのであれば、広告デザインを専門的に学べる専門学校への進学を検討してみてはいかがでしょうか。

広告制作会社社員になるには想像力や発想力が必要

広告制作会社社員になるにはデザイン系の知識や技術はもちろん必要ですが、特に重要になるのは「想像力」と「発想力」です。見た目のデザインはもちろんのこと、制作するコンセプトやインパクトを与えるキャッチコピーなど、このようなアイデアを考えるスキルが求められます。

また、広告は見る人によって受け取り方が異なるので、他にはないデザインを考えつつ一般常識の範囲内で制作しなければなりません。そのため、広告制作会社社員を目指すのであれば豊かな発想力や想像力、一般的な常識が必要になるといえるでしょう。

制作する広告デザインは会社の顔となるものなので、良い作品を作成できれば依頼人か信頼を得ることができます。信頼関係を気づくことができればその分仕事の依頼へと繋がるので、このようなスキルは必須といっても過言ではないでしょう。

なるために必須となる資格はない

職業によってはなるために必要な資格がありますが、広告制作会社社員には必要となる資格はありません。そのため、必要な知識・技術・スキルを持っている方であれば、誰でも目指すことができます。

また、現時点で知識や技術を持っていなくても、専門学校などで学ぶことができます。そのため、就職だけではなく転職で広告制作会社社員になることを検討されている方は、専門学校で必要な知識や技術を学びましょう。

広告制作会社社員に向いている人、適性がある人

アイデアマンは広告制作会社社員に向いている

広告制作会社社員には豊かな発想力と想像力が求められます。そのため、アイデアマンであればさまざまな広告デザインを考えることができるので、広告制作会社社員に向いているといえるでしょう。

また、企画を担当する職務経験のある方も、広告制作会社社員に向いているといえるでしょう。

一般的な感性をきちんと持ち合わせている

広告のデザインは見る人に与える印象が異なるので、作成した広告デザインによっては不快感を与えてしまいます。そのため、誰が見ても好印象となるような広告デザインを制作するためにも、一般的な感性は広告制作会社社員に必須です。

そのため、一般的な感性をきちんと持ち合わせている方は、広告制作会社社員に適性があるといえるでしょう。

ポジティブで自分に自信を持っている

広告制作会社社員の仕事では社内・社外を問わず文句を言われることが多いといわれているため、強いメンタルを持っていなければ仕事を続けることが難しいそうです。中には上司から受けた厳しい言葉で退職を考える方もいますし、転職をして他の職種で働く人もいるといわれています。

そのため、常にポジティブな考えを持っていて自分に自信を持っている方は精神面が強いので、広告制作会社社員に向いているといえるでしょう。

体力に自信のある人

仕事が忙しい時期は残業をすることが多く、場合によっては徹夜で作業を行うこともあるため、体力のいる職業だといわれています。そのため、体力に自信のある方や不規則な生活でも体調管理のできる方は、広告制作会社社員に向いているといえるでしょう。

また、会社によっては仮眠室が設けられているところがあるそうですが、全ての会社に設置されているわけではありません。場合によってはソファーや寝袋を使って床で寝ることもあるそうなので、どんな場所でも寝られるという人も広告制作会社社員に向いているといえるでしょう。

広告制作会社社員になるための学校・教室

広告制作会社社員になるための知識と技術を学べる学校

広告制作会社社員を目指すのであれば、デザイン系やメディア学などの学科を設けている学校に通うことをおすすめします。

専門的な知識や技術を学ぶことができるので、将来的に「広告制作会社社員になりたい」と考えている学生さんは、ご紹介した学科のある学校へと進学してみてはいかがでしょうか。

また、専門学校であれば関連資格を取得することができるので、持っておきたい資格があれば取得しておくと良いでしょう。

デザインやマスコミ系の勉強なら通信講座でも受けられる

「働きながらノウハウを学びたい」「学校に通うことが難しい」という方は、デザインやマスコミ系などの勉強ができる通信講座がおすすめです。

送られてくる教材を使って自分のペースで学ぶことができるので、働いている方でも空き時間を使ってしっかりと勉強できます。

働きながら広告制作会社社員を目指している方は、ぜひ通信講座を利用してみてはいかがでしょうか。

広告制作会社社員になるには?まとめ

広告制作会社社員になるにはデザインの基礎やスキルが必要

広告制作会社社員になるには、デザイン関連の知識とスキルの習得が必要となります。そのため、美術系や芸術系の大学、または広告デザインを専門的に学べる専門学校に通う必要があるでしょう。

しかし、人によっては学校に通うことが難しいという方もいるはずです。そのような場合は、デザインやマスコミ系の勉強ができる通信講座を利用して、広告制作会社社員になるための勉強を行ってみてはいかがでしょうか。

ミイダスで「あなたの適正年収」を診断可能!

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値、スキル、パーソナリティを診断・データ分析できるサービスです。

広告制作会社社員の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

広告制作会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB