スケート選手の給与・年収は?競技で実績を残すことで知名度・人気が上がり、収入も比例する

スケート選手の給与・年収は?競技で実績を残すことで知名度・人気が上がり、収入も比例する

なりたい職業でも上位のスケート選手。平均の給与や年収はいくらくらいなのでしょうか?今回はこの記事で、スケート選手の平均給与や年収とともに給与アップの可能性や手段についてご紹介します。

スケート選手の初任給

新人スケート選手の給与は平均20~60万円

スケート選手として働く場合、給与は選手の実績によって変化します。オリンピックで活躍した後であればアイスショーへの出演料も1回の公演で数百万円になります。

初任給としては初任給は20~60万円前後が相場と言われています。多くの人を魅了する職業としても人気のスケート選手は給与面でも夢があると考えられます。しかし、プロになるまではアマチュアですので、スケート選手としての収入はゼロです。

実績によって給与が変動するので、新人の頃はそこまで給与面は期待出来ませんが有名になればなるほどにCMやイベントなどの出演依頼が来るようになり、大幅な月収を獲得できる可能性が高いです。

異業種からスケート選手への転職は給与の確認を

異業種からスケート選手に転職する場合には、あまり多いケースでないのですが、転職前の仕事内容によって大幅に給与がダウンする可能性があります。スケート選手を目指す人は幼いうちから練習を重ねて10代でやっと大会に出場が出来るという厳しい世界で戦っています。

異業種から転職してすぐにプロとして活躍することは不可能です。さらに人気や実績が給与に影響するのがスケート選手の世界であるので、一からスタートでは給与面では期待できません。それでも異業種からスケート選手になるときには慎重な判断が必要になるでしょう。

スケート選手の平均給与

スケート選手の平均給与は約94万円

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」 のデータ によるとスケート選手の平均給与は、全国平均が約94万円となっています。

プロになるため個人レッスンやクラブに所属して毎日練習を行い、大会で良い成績を残す事でプロの道が開けます。血の滲むような練習を重ねて結果を出すことで、プロとしてスタートラインに立つことが出来るスケート選手の給与レベルは、かなり高めと考えられます。

当然プロになったからと言って高収入が得られる訳ではなく、プロになってからも活躍して、人気を獲得しなければいけません。

人気に応じて給与もアップすることが多い

スケート選手の給与は、人気に応じてアップするのが一般的です。氷の上で人々を魅了させる技術が必要な仕事であることから、人気を獲得することも大切で、人気が出ればテレビやイベント出演の依頼、CM依頼なども来るようになり、一気に給与を獲得することが出来るでしょう。

フィギュアスケート選手のほうが給与は高め

スケート選手と言ってもフィギュアスケートとスピードスケートによって平均給与が異なります。フィギュアスケートの場合には有名選手やメダリストになるとCM依頼なども含めると月収は1,000万円を超える人もいます。フィギュアスケートの選手は選手生命が短く、稼げる期間を考えると10年と言われています。

フィギュアスケートの大会の優勝賞品は数百万円からと言われていて、得られる月収も大きいです。賞金の金額の大きさから夢がある仕事と思いがちですが、練習や用具、トレーナーへの報酬など自己負担の割合も大きいと言われています。

スピードスケート選手の給与面は特殊

スピードスケートのプロはフィギュア選手に比べると収入は低くなる傾向が強いです。当然人気や実績によって左右される部分も大きいのですが、具体的に一般企業で一般社員と同じ待遇で就職して、仕事を終えてから練習をすることが多いです。残業などは優遇されていると言われていますが、勤務先によっても差があるようです。

会社と契約を結んだ場合には、事務所契約も考えられます。企業によっては1,000万円などの奨励金が出る事から会社員として年収をプラスアルファにするには大会で良い結果を出すことが大切になります。プロスピードスケート選手の収入源は、広告媒体出演料や奨励金が大きく影響していると考えられます。

実績によっては給与アップにつながることも

スケート選手の給与は一般的に高い方ですが、いくつもの大会で優勝するなどの高実績を収める事が出来れば、大幅な給与アップが見込める仕事と言えます。オリンピックへの出場経験があればショーへの出演料は50万円~200万円と言われています。

ショーの出演も工夫次第で出演料がアップする

スケート選手の収入の一つでもあるアイスショーでは、その人の実績に応じて出演料が異なります。ですがアイスショーに長く出演していると、出演料は人気によっても増えたり減ったりすることがあるでしょう。

アイスショーへの収入を安定させるためにもスピンや表現力の持ち味を磨くことやコミカルで面白い動きを取り入れるなどの工夫をしているスケート選手もいます。オリンピックでメダル獲得が出来なかった選手でも工夫によって、メダリストよりも出演料が高くなるケースもあります。

スケート選手の平均年収

スケート選手の年収は1,000~1500万円前後

スケート選手の平均年収を、厚生労働省の統計一覧の平均給与と年間賞与から算出すると、約1,327万円になります。

新人の給与が約20~60万円なので、年収も200万円台~700万円台になることも考えられます。初任給としても活躍した実績や人気によっても変動しやすい職業ですが、一般的なスケート選手の年収は1,000万円以上と予想されます。

スケート選手が目指すオリンピックでメダリストになることが出来れば、その後のメディア出演やCM出演によっても高年収が期待できるでしょう。年収レベルは高めの傾向にあると考えられます。

スケート選手の生涯年収は

スピードスケートの場合には、10代で大会にデビューしても選手生命の限界は30代前半と言われています。スケート選手としての賞金を考えると少ないと言われています。

フィギュアスケートでは、最も高い賞金額がグランプリファイナルの280万円で、最多でもグランプリ2試合とファイナルしか出場は出来ない事から華やかに見えるフィギュアスケートでも選手としての収入は低い事がわかります。総合的に見るとスケート選手としての生涯年収は選手生命が短い事から低めであると考えられます。

引退後はコーチ職として高年収を期待できる

選手生命が身近いとされるスケート選手の次の就職先に多いのがコーチ職です。スケート選手の競技を離れるとショーなどの出演がなくなりますが、スポンサーがついて広告塔になれば数千万円の年収は得られると考えられます。コーチ職としてもスケートを教える人数や過去の実績によっても得られる金額は変動すると言えます。

引退後はタレントとして活躍している人も

スケート選手を引退した後にキャラクター的な人気が出てテレビに引っ張りだこになる人も中にはいます。テレビの出演料やCM収入などで高年収を稼いでいる人もいます。タレントとして活躍できる人は一握りで、プロスケート選手からサラリーマンへ転向する事が殆どの様です。

スケート選手の給与・年収まとめ

スケート選手の年収レベルは高め。人気や実績で大きく得られる収入は変動する

スケート選手の平均給与や年収レベルは、アマチュアからプロになるための練習量を考えると高めの傾向と言えます。実績を残し、人気が出るかによっても差が生まれやすいでしょう。

スケート選手でもフィギュアスケートとスピードスケートによっても差はありますが、オリンピックで実績を残すことが出来るかも一つのポイントになるかもしれません。スケート選手という職業は、練習を欠かさず努力を続ければプロとして自分の理想が叶うかもしれない夢のある仕事と言えるでしょう。

スケート選手の参考情報

平均年収1000万円~1500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種スポーツ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

スケート選手の関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB