スケート選手の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

スケート選手の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

人々を感動、魅了させるスケート選手は、男女問わず人気の高い仕事です。スケート選手は主にフィギュアスケートとスピードスケートがあり、仕事内容も異なります。華やかに見えて実際は厳しい練習の積み重ねが多いスケート選手の毎日。このページでは、スケート選手の仕事の特徴や魅力などについてまとめました。

スケート選手とはどんな仕事?

スケート選手は2種類に分かれる

スケート選手は、主にフィギュアスケートとスピードスケートに種類が分かれています。

どちらかというとフィギュアスケートの方がメジャーではありますが、共通点はどちらも競技を通して観客を魅了させる事です。フィギュアスケートは演技や表現力、技を競うのに対して、スピードスケートはその名の通りスピードで競う競技になります。

国内外のアイスショーに出演する

スケート選手は国内外のアイスショーに出演して表現力豊かに演じる仕事です。日本国内でも北米や欧米などアイスショーは世界中で行われています。ただアイスショーに出演するだけでなく、演技や構成に工夫を凝らす事が大切です。

競技会ではないので4回転ジャンプなど高難易度の演技を行う必要はないですが、とにかく観客を楽しませる事を意識します。観客のウケが悪くなれば次の仕事依頼に影響するので、しっかりとショーに向けての準備が必要になるでしょう。

自分の世界を探求するのが必要な仕事

フィギュアスケート選手の場合には自分の世界感を演出として表現しなければ良い結果を出す事は出来ません。次の大会やショーに向けて自分の世界感を出せる演出を考えないといけないので、探究心やアイデアが豊かな力が求められるでしょう。

バランス力が求められる仕事

スピードスケートの世界では、氷の上を素早く駆け抜けて競争を勝ち抜く必要があります。試合に向けて体力をつけてスピードに乗って走りきれるバランス力が求められると考えられます。

優遇されてはいるが残業をすることも

スピードスケート選手の場合には多くが一般企業で一般社員と同じ待遇で就職をしています。仕事を終えてからや休日に練習を行います。スケート選手として残業は優遇されている傾向にありますが、勤務先によっては残業をする事もあります。一日練習が出来る場合もありますが、勤務先が忙しければ残業もある事は覚えておいてください。

スケート選手の仕事は意外とハード。体力が必要

スケート選手はフィギュアスケートでもスピードスケートでも華やかで優雅なイメージがあるかもしれませんが、血の滲むような練習を繰り返し、朝から夜遅くまで演出に合わせた練習やタイムを縮める練習を行います。スピードスケートの場合には一般企業に就職して、休日を使って練習を行う事もあるので、体力的にも負担が大きいです。

スケート選手の仕事は人々を魅了する事

スケート選手の仕事は、大会で結果を出して人々を魅了する事です。フィギュアスケートでは美しい動きや演出で、スピードスケートでは爽快感溢れる動きで人々を魅了します。

その他にスケート選手がする仕事

スケート選手の仕事は華麗な動きやスピード感溢れる動きで人々を引き付ける事だけではありません。

アイスショーに参加する

フィギュアのシーズン中にはアイスショーに参加する事もスケート選手の仕事です。日程に合わせて衣装合わせや打ち合わせ、取材などへの対応もします。ショーに合わせて食事内容や体調を整えて、コンディションに合わせて練習を行います。

スケートリンクで練習ができる時間はフィギュアの場合には限られているので、練習の時間をメインに予定を立てていきます。

大会に出場する

スピードスケートは定期的に大会があり、そこで結果を残す事がオリンピックに繋がります。いくつもの大会で良い成績を残すために日々の練習も欠かせません。

テレビ、CMの出演

スピードスケートでもフィギュアスケートでも、人気が出たりオリンピックで優秀な成績を収める事が出来ればテレビやCMの出演依頼が来るようになります。テレビやCMはスケート選手の大きな収入源の一つであるため、出演する番組やCMの内容によって準備をしておく事も大切になるでしょう。

バレエやダンスのレッスン

フィギュアスケートに限った話ではありますが、華麗な演技をするためにスケートの練習以外にもダンスやバレエのレッスンをしている人が多いです。人によって異なりますが、週に2回〜3回はリズム感や美しさを磨くためにバレエやダンスのレッスンを行う事もフィギュアのスケート選手には欠かせません。

練習からはじまるスケート選手の仕事

スケート選手の仕事は地道な練習から始まります。血の滲むような練習を続けてやっとプロになったとしても、そこで大会やショーなどで結果を出さないといけないので、常に練習を重ねて美しい演技力や技を磨いたり、少しでもスピードを縮める事をしなければいけません。

練習は、フィギュアスケートでもスピードスケートでも大切なことです。幼いうちに練習を行い、10代に大会出場を目指すのが一般的です。スケート選手として活躍出来るのは、20代後半くらいまでと選手生命も短い事から若いうちに結果を出す事が大切になるのです。

30代で転職の区切りになることが多い

スケート選手の世界では選手生命が短いことから30代になると転職をする人が多いです。テレビでキャラクターが受けてタレントに転向する人もいます。

スケート選手としての過去の経験や実績を活かしてコーチに転職する人も多く、中にはサラリーマンとして一般企業に転職をする人も。スケート選手という仕事は第二の人生をどのような仕事をしていくか選択肢が多いと考えられます。

スケート選手の仕事のやりがい

観客を楽しませる

スケート選手の仕事のやりがいは観客を楽しませる事も一つあります。フィギュアでは曲に合わせてジャンプや華麗なスケートで魅了する演技を最高の状態で魅せられる時にやりがいを感じるでしょう。

スピードスケートの場合には、爽快感溢れる動きを見せて観客を興奮させる時にやりがいを感じられるでしょう。どちらも限られた短い時間に凝縮されているので、失敗せずにスケーティングが出来ることが最高の喜びとも言えるでしょう。

スキルアップが出来る

スケート選手はショーや大会で華々しい姿を見ることが出来ますが、その華々しさの裏には厳しい練習があります。練習を経て新しい技を覚えたり、タイムが少しでも縮まる事はスケート選手として大きなやりがいに感じられるでしょう。自分の可能性が少しでも広がった時に大きな喜びを感じられます。

スケート選手の仕事内容まとめ

スケート選手は地道な練習と努力が求められる仕事

スケート選手はフィギュアスケートでもスピードスケートでも観客を沸かし魅了するのが仕事です。またそのために、日々自己研さんを積み、スキルを磨いていくことも求められます。

最初はオリンピックを目指し練習を重ねて大会に挑みます。日々新しい技や演技を磨く努力やタイムを少しでも縮める工夫が必要になるでしょう。練習量も多く結果を出すまでには時間がかかり、選手生命も短い特徴があります。しかし自分の演技によって観客を沸かし喜ばせられる事は何よりのやりがいに感じられるはずです。

スケート選手の参考情報

平均年収1000万円~1500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種スポーツ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

スケート選手の関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB