パン職人になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

パン職人になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

ハードな職人の世界だからこそ、パン職人になるには知識や技術を磨く以外にも精神的にも肉体的にも強い事が重要です。仕事として続けるにはパンに関しての強い情熱を持ち続けられるかがポイント。どんな性格の人が向いているのか、求められる適性やパン職人になるための学校選び、取得すると就職や転職に有利な資格などの情報をご紹介します。

パン職人になるには何が必要?

パン職人を目指すならパンが好きという気持ちが必ず必要

パン職人になるには、いくつか必要な要素が考えられますが、まずはパンが好きという気持ちを持ち続ける事が一つです。楽しそうに見える職業ですが、一日中パンに囲まれて過ごす事になります。体力的にもハードですし、とても地味な作業の積み重ねや日々の努力によって成り立っています。

パン職人の生活は朝早くから開店することから夜が明けないうちに職場に行きすべての商品のパンをお店に並べるまでひたすらパンを焼き続けなければいけません。毎日ひたすらお店の中で過ごし、パンの単価が低く消費期限が短いので売れ残った時のロスも大きいので給料が不安定だったり低めの傾向にあります。

焼きたてのパンの香りの中で働けることに喜びを感じるような人、とにかくパンが大好きである人こそがパン職人として仕事を続けられる、求められる人なのです。

探求心がパン職人の仕事に役立つ

パン職人として働くためには飽くなき探求心を持つことも大切です。パン職人は既存のパンを焼くだけではなく新しいパン作りを考え続ける職業だからです。

焼き加減や材料の量によっても全く異なる味や食感になるパンはとても繊細なものです。失敗しても失敗の原因を究明して自身の思い描く味や食感に近づける事を考える力が支えになっていると言えます。

思い付きで組み合わせた材料が美味しいパンに仕上がるかもしれません。探求心の試作から新しいパンが生まれることもある探求心はパン職人に大きく求められます。

明るさもパン職人の大切な要素

パン職人の現場はとてもハードですが、明るさもパン職人には求められる要素です。購入するお客様に幸せを届けるのがパン職人ですが、パン職人が暗く元気がなかったらそんな人が作ったパンを購入する人は少ないと考えられます。

どんなにハードな業務にも明るく元気に振舞えることもパン職人に求められるのです。

体力も必要なパン職人の仕事

パン職人の仕事は意外とハードなので、基礎体力があることも重要です。パンを作る際には朝から晩まで立ちっぱなしで作業が多く、小麦粉の袋も担いだり焼きあがった多くのパンをオーブンから出したり力仕事も避けては通れません。

最近では女性のパン職人も多く活躍していますが、ある程度の体力があり最低限の力仕事が出来る事がパン職人になるには大切なことです。

絶対必要ではないがパン職人に関する資格があるほうが有利

パン職人になるには何かの資格が絶対に必要という訳ではありません。
とはいえ資格を持っていれば一定のスキルを証明することが出来て、転職の際にも待遇面で有利に働く可能性はあるでしょう。最終的に独立を目指している人などは資格を取得しておくとよいでしょう。

パン職人とて働く人が取得する資格の代表的なものとして、パンアドバイザーやパンコーディネーターが挙げられます。民間の資格ですがスキルの照明には繋がるでしょう。

パン職人に向いている人、適性がある人

パン職人になるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

時間管理能力はパン職人の適性のひとつ

パン職人に求められる能力として、まずは時間管理能力が求められます。
日が昇る前から仕事が始まり、日が沈んでから終わるまで殆ど休みなく働き続けるのがパン職人の1日。

店頭並んでいるパンを切らさないようにするために時間差で焼き続ける必要があり、時間に追われることも多くあります。決まったタイムスケジュールの中で1つ1つの作業を効率的にこなすことが出来る時間管理能力も必要になります。

パン職人は強いメンタリティが必要

パンを焦がす事や配合を間違えてしまう事は一人前と呼ばれるパン職人になるまでミスは必ずあります。パン職人としてミスに凹んだりしては務まらないです。上司から文句を言われることも多くありますが、失敗も成長の機会と捉えて、原因を理解して改善に繋げられることが大切。

失敗を恐れないで取り組む姿勢も大切で、常に高みを目指すことが出来る情熱、失敗を含めた経験も成長の糧に出来る強靭なメンタリティがあればパン職人として成長することが出来ます。

食品科学に興味があることもパン職人の適性

パン作りは生地を発酵させて美味しさや食感が決まります。発酵に関してその日の室温や湿度に応じて臨機応変に時間や原料を調整する必要があります。パン職人として食品科学に関する知識を持って技術を身に付ける努力は欠かせないものなのです。

パン作りを科学的に考えられる人、興味を持つ続けられる人ほど、発酵に関する作業で力を発揮して他とは異なる美味しいパンを追及することが出来ます。

手先が器用な人もパン職人向き

パンのサイズは一口サイズのものからフランスパンのような大きなものまで様々です。限られた時間の中でデコレーションを施せる手先の器用さもパン職人には有利でしょう。慣れれば出来るようになるパン作りではありますが、手先が器用であれば細かい部分が完成されたパンに現れるのです。

マーケティング力もパン職人になるには求められる

他の店舗がどの様な商品を出しているか、今どんなパンが流行っているか求められているかなど世の中の動きに敏感であることも大切です。パンは変化に富んだ食べ物であり、休日に食べ歩きをしたり、雑誌やSNSで情報を集めたりして売れる商品を察知する能力があると望ましいです。

協調性がパン職人には求められる

一人前のパン職人になるには、先輩の職人から多くのことを学び、同じ職場の仲間と協力して仕事をする事も多くあります。周囲の状況を読んで役割をしっかりと見出せる事や学ばせてもらうという真摯な姿勢を持ち続ける事がパン職人に求められます。

どんな仕事でも前向きに取り組んで、人の意見を素直に聞いて行動できる力がある人はパン職人の適性があると考えられます。

パン職人になるための学校

パン職人になるために学校に通うことは、自分と同じようにパン職人を目指す仲間に出会えるということ。お互いに学びライバルとして刺激し合う事が魅力です。

パン作りの基礎が学べる専門学校

パン職人になるには専門学校に通う人が多いです。食品に関する仕事であるために専門用語も多く、材料の配合や焼き時間などのタイミングなどスキルも必要になります。パンによっては特殊な作り方で焼き上げるものもあります。

専門学校に通う事でパン職人として必要な基礎知識を学び、スキルを身に付ける事が出来ます。しっかりとした分配で守られた時間で焼き上げる事がパンを美味しくする秘訣であり、あらゆる角度からパンについての力を身に付けることが出来ることがメリットです。

カリキュラムやサポート内容を比較して学校選びを

パン職人になるための専門学校は全国にあり選択肢は豊富にあります。学校によっては現役のプロのパン職人からの指導を受けられる授業もあります。プロによる指導はパン職人になるための不安解消や将来的に役立つ現場の雰囲気を感じられる大きな魅力あります。

大学や短大でもパン職人になるための勉強が可能

パン職人になるために学校に通う選択肢として専門学校以外では大学の中にもパンに関する学部が用意されている事があります。

以下のような学部・学科名の場合は、パン職人を目指す人のためのカリキュラムが用意されていることがあるので詳しくチェックしてみるといいでしょう。

  • 調理学部
  • 食物学部

店舗で修業を積み、パン職人になることも可能

パン職人になるには絶対に専門的な学校で知識や技術を学ばないといけないという決まりはありません。

現場で実際に働きながらスキルを身に付ける事も選択肢としてあります。求人情報は北海道から沖縄まで全国的に求人がある仕事で、未経験からでも採用される可能性もあります。必要な知識を現場で早く身に着けられる事は魅力の1つ。

パン職人になるには?まとめ

資格があればベター。まずはパンが好きな事やメンタルの強さがパン職人を続ける原動力に

パンが大好きな事と強靭なメンタリティ。パン職人になるにはどんな仕事がハードでも続けられる力が必要です。加えて、体力やマーケティング力があれば繊細なパン職人の仕事で強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就くことは可能な職業ですが、資格や経験があれば有利です。専門学校や大学などでパン職人としての基本的な知識を学び、パンアドバイザーなどの資格を取得していれば転職や開業の際に有利になる可能性があるでしょう。

パン職人の参考情報

平均年収300万円〜400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

パン職人の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB