データサイエンティストの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

データサイエンティストの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

データサイエンティストの平均年収は650万円程度といわれており、国内でも高い水準になります。実力が重視される世界なので若くても優秀な成績を残せば50万円以上の給与を貰うことも可能です。さらに、データサイエンティストは大手企業で働くことが多く、経験を積めば1,000万円程度の年収に達することも可能です。この記事では、データサイエンティストの給与と年収事情をご紹介します。

データサイエンティストの初任給

初任給は22~25万円程度

データサイエンティストの初任給は22~25万円程度と言われており、IT業界の中では平均的な水準になります。データサイエンティストは高額年収を得ることのできる職業として注目されていますが、熟練のスキルを身に着けるまでには時間と努力が必要です。

そのため、新卒で入社した時点では平均的な初任給になるでしょう。厚生労働省が発表している平成29年賃金構造基本統計調査によると、学術研究・専門技術サービス業の給与は大学または大学院卒業で25万円程度になっています。

地域や企業によって違いがありますが、データサイエンティストの初任給もこれらの水準に近いものになるでしょう。

大学院での実績があれば平均以上の初任給も可能

データサイエンティストとして就職する人の多くが、大学や大学院で機械学習や深層学習を行っています。在学中に論文などで優秀な業績を残せば、初任給の時点で他者よりも高い給与を貰える可能性があります。

データサイエンティストには、ビックデータの取り扱いや高度なプログラミングスキルが必要ですが、すでに実績があるなら給与面でも優遇され、平均以上の初任給になる可能性があります。

積極的に研究開発に取り組むことや、ビックデータ取り扱いスキルを習得することが初任給で差をつけるカギになります。

福利厚生によっては初任給もアップ

データサイエンティストを募集している企業は基本的に大手の場合が多く、給与以外の待遇が充実しています。

例えば、社会保険や家賃補助などのサポートが付いていることもあり、一般的なサラリーマンよりも高待遇で迎えられる可能性もあります。そのため、初任給では平均だとしても福利厚生を考慮すると平均を大きく上回る水準になることも期待できます。

近年、ビックデータの分析に注力している大手企業が増えておりデータサイエンティストの需要は増加しています。優秀な人材を確保するために高待遇を用意している企業も少なくなく、データサイエンティストの魅力の一つです。

データサイエンティストの平均給与の統計

データサイエンティストの平均給与は50~55万円

データサイエンティストの給与平均は50~55万円程度と言われており、一般的なサラリーマンと比較するから高い水準になります。

サラリーマンとは違い、年功序列で自動的に給与が上がっていくわけではなく、実力とスキルが重視されます。そのため、20代でも実力が認められれば40~50万円程度の給与になる可能性もあり、能力と実力ある人が大きく稼げる仕事と言えます。

担当領域によって給与も異なる

データサイエンティストにはいくつかの領域があり、担当する領域によって給与水準も異なります。3つの分野をご紹介します。

  • Webマーケティング
  • データ分析
  • アナリスト

例えば、ネットショッピングで活用するためのビックデータを取り扱うデータサイエンティストはWebマーケティングの分野になり、企業情報を収集・分析するのがデータ分析やアナリストということになります。

一概には言えませんが、Webマーケティングのデータサイエンティストの給与は高水準といわれており、60~70万円程度の給与を貰っている人もいます。どの分野で活躍したいと思っているのかによっても給与水準は変わってくるでしょう。

年齢別にみるデータサイエンティストの給与

年齢とともに経験を重ね、データサイエンティストとして実力が認められれば経験に伴って給与が上がっていきます。

インターネットの調査によると20代のデータサイエンティストの給与は25~30万円程度となっており、30代では30~40万円。40代と50代になると45~60万円程度の給与水準になることが見込まれます。

特に経験を重ねて、実力を身に着けた40~50代の間に給与がぐっと上がる傾向があり、その年齢に達するまでにどれだけ経験を積んでおくかが重要になります。

ビッグデータから意味のあるデータを取り出すには広い視野と経験が必要になり、多くのプロジェクトに加わることが高い給与を貰うカギになります。

派遣社員の場合は時給2,200円から3,000円程度

データサイエンティストの求人は正社員だけでなく、派遣社員やアルバイトとしての募集もあります。

インターネットの求人サイトを見るとデータサイエンティストの派遣社員の場合、時給2,200円から3,000円で募集されており、条件によっては4,000円以上の高額時給が設定されている場合もあります。

例えば、時給2,500円で一日8時間働いた場合、440,000万円程度の給与になり、一般的なサラリーマンと比較しても十分な給与になります。特に人工知能AIを取り扱うデータサイエンティストの時給はかなり高くなっており、専門度の高い職業だからこその魅力と言えます。

データサイエンティストの年収統計

データサイエンティストの平均年収は650万円程度

データサイエンティストの平均年収は650万円程度といわれており、一般的な平均年収と比較すると高額になります。日本の平均年収は420万円程度といわれており、地方になると400万円を下回る場合もあります。

データサイエンティストの650万円という平均年収は、コンサルティングファームや監査法人などと比較しても高い水準になり、地方で働くデータサイエンティストでも550~600万円程度の年収に達していることもあります。

データサイエンティストの年収は国内でも高い水準になり、技術革新が進むにつれて今後も増加する可能性があります。

データサイエンティストが年収1,000万円を目指す方法

データサイエンティストとして年収1,000万円を目指すのであれば、まずは大手企業への就職が必要になるでしょう。中小企業でもデータサイエンティストの募集を行っていますが、多くの実力を付けても1,000万円の年収に達するのは難しいと思われます。

また、利用価値の高いデータサイエンティストになるためには、機械学習や統計学に関する実装知識が必要になります。自分の知識や実力を評価してもらうために、難易度の高い資格取得に挑戦したり、最新のサイエンススキルを身に着けるなどの努力が求められます。

加えて、高度なコミュニケーション能力があれば、ビジネスシーンで交渉を進めるうえで優位になり、会社からも重宝されるでしょう。

データサイエンティストとしてのポジション自体、希少性が高く、価値のあるものですが、他者との差別化を図るために何ができるかということを考え続けることが高額年収の足掛かりになります。

アメリカのデータサイエンティストの年収は約1,200万円!

アメリカのデータサイエンティストの年収は1,200万円程度といわれており、日本の約2倍の水準になります。アメリカの一般的な平均年収は430万円程度ですから、日本と変わりはありません。

なぜ、これほどまでにデータサイエンティストの年収が高いのでしょうか。

アメリカでは企業が保有するデータの分析には非常に価値があり、ビッグデータの取り扱いによって会社の運命が大きく変わると考えられているからです。

そのため、優秀なデータサイエンティストを雇うためなら高額な年収を払ってでも獲得したいという思惑があり、人材のスカウトや引き抜きが頻繁に行われています。

また、年収だけでなく、満足度の高い仕事としても評価されており、今後も注目を集める職業になるでしょう。

データサイエンティストの年収が高い理由

非常に高度なスキルが求められ、希少性が高い

データサイエンティストの仕事には高度なスキルが求められ、データの分析だけでなくプログラミングスキルやマーケティング力、データベースの構築や操作が必要です。これらのスキルを身に着けるには多くの時間と努力が求められ、短期間で習得するのは難しいでしょう。

また、国内にはデータサイエンティストになるためのスキルを総合的に学習できる大学が数校しかなく、現場で学んでいくのが一般的です。

データサイエンティストという職業が注目されるようになって日が浅いため、新卒者を教育するための体制も整っておらず、必然的に優秀な人材の取り合いになっている傾向があります。

結果として、データサイエンティストの年収が上がっていき、国内でも高額年収に該当する職業になっているのです。

ビッグデータの分析需要の高まり

日本でも機械学習やビッグデータの分析の需要が高まっており、膨大なデータから一定の法則を抽出して企業利益につなげる動きがみられます。企業によっては利用できるデータの量が非常に多く、素人ではとても取り扱えないレベルになっています。

そこで、データ分析の専門家であるデータサイエンティストが無秩序に見えるデータから意味のあるデータを抜き出し、問題の解決に向けて分析します。

今や優秀なデータサイエンティストを雇えるかどうかが企業の生命線ともいわれるようになり、他よりも高い年収を提示してでも獲得したいという大企業が多くなっています。

一人前のデータサイエンティストになるには、多くの時間がかかるため、すでにスキルと経験を持っている人材を高額年収で囲い込もうという動きがみられます。

大手企業でデータサイエンティストの需要が高い

なぜデータサイエンティストの年収が高いのか?端的に言うと大手企業がデータサイエンティストを必要としており、中小規模に比べて大手の年収が高いのは当然ということになります。

そもそもデータサイエンティストを必要とする企業というのは、ビッグデータを保有していることが条件になり、膨大なデータをもっていない中小規模の会社での需要は限られています。

大手企業では、従業員や顧客のデータが膨大にありますし、製品を生産する企業であれば数量や品質などのデータが大量にあり、ビッグデータの分析次第で経営が大きく変わることもあります。

大手企業の平均年収は高額ですから、それに伴ってデータサイエンティストの年収も高くなります。さらに、会社の中核で働くデータサイエンティストには福利厚生などの高待遇が用意されることもあり、年収以外にも恩恵を受けることが可能です。

データサイエンティストの給与・年収まとめ

勤務する会社、領域によっては1,000万円以上の年収も可能

データサイエンティストの年収は国内平均よりも高く、650万円程度といわれており、若くても実力が認められれば高額年収をもらうことが可能となっています。

アメリカのデータサイエンティストの年収は1,200万円程度といわれており、国内でも大手企業で働き、優秀な成績を収めることで1,000万円以上の年収に達することも可能です。

基本的にデータサイエンティストは大手企業に就職しますし、実力があれば転職先も比較的見つけやすいでしょう。高い年収だけでなく、幅広い働き方ができるのはデータサイエンティストの魅力の一つです。

データサイエンティストの参考情報

平均年収500万円~800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

データサイエンティストの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB