サービスエンジニアになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

サービスエンジニアになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

サービスエンジニアになるには、機械メンテナンスを行うための知識とスキルが必要になります。大型機械や精密機器などを取り扱うため、担当分野に特化した製品知識が欠かせません。さらに、ヒアリングに基づいた問題の解決能力や冷静に状況を判断して、トラブルの解決にあたる論理的思考も必要です。理系の大学では、機械工学や電子工学を学習できるのでサービスエンジニアになる基盤を据えることができます。この記事では、サービスエンジニアになるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

サービスエンジニアになるには?

サービスエンジニアになるには、技術系の求人に応募して合格すること

サービスエンジニアになるには、技術系のポジションを募集している企業に応募して、合格する必要があります。機械や機器の製造や販売を行っている企業では、製品のメンテナンスや修理を行うためにサービスエンジニアを募集しています。

例えば、一般企業向けのコピー機の点検や大型機械などの修理を担当するエンジニアは技術部門として募集されており、面接に合格した後、数か月の研修を受けてから現場に赴くことになります。

もちろん、最初から機械のすべてを詳しく把握することはできないので、先輩サービスエンジニアに付き添いながらスキルを習得していくことになるでしょう。

責任の重い仕事ですし、フットワークの軽さも重視されます。面接官からの採用を勝ち取るためには、やる気をしっかりとアピールすることやサービスエンジニアへの意気込みを熱く伝えることが重要です。

業務用機器や家電製品の知識・スキルが必須

サービスエンジニアになるには、業務用機器や家電製品の修理・点検行うための知識が欠かせません。

例えば、工業用の大型機器をメンテナンスを行う場合、製品の設計図や電気系統の配線図などを把握しておく必要があります。

また、一般的な業務用機器を取り扱う場合、コピー機やプリンター、エレベーターやエスカレーターなどの機械製品の構造を熟知していないと修理や点検を行うことはできません。

さらに、家電製品に対応するサービスエンジニアには、洗濯機や冷蔵庫、オーディオ機器などの構造を知っておく必要があります。サービスエンジニアによって担当する分野は異なるため、幅広い知識とスキルを持っていれば多方面で活躍できます。

プログラミングなどのITスキルがあれば有利

サービスエンジニアは通信機器などの製品を取り扱うこともあるので、プログラミングなどのITスキルがあると就職や転職に有利になります。

例えば、コンピューターの誤作動や故障に対応するためには、アプリケーションシステムの構造やプログラミングの基礎知識が欠かせません。

コンピューター機器の故障はクライアントにも大きな迷惑をかけることになるため、一刻も早く問題を解決する必要があります。情報処理などのスキルがあればサービスエンジニアとして幅広く活躍できるでしょう。

関係する資格を保有している場合、キャリアアップも可能

サービスエンジニアは機械・機器の専門家ですが、資格がなくてもなることができます。実際、サービスエンジニアの仕事は実務経験を通してスキルを習得していく必要があり、新卒で入社した場合、現場でスキルを磨き成長していくことになります。

資格なしでもサービスエンジニアになれますが、関係する資格を持っておくことでキャリアアップに役立ちますし、取り扱える業務の幅も広がります。

例えば、電気機器を取り扱う際には電気工事施行管理技士の資格が必要になる場合があり、他にも安全の観点から法律上の資格取得が義務付けられているものもあります。

サービスエンジニアとして多方面で活躍したいと思っているなら、早い段階で資格取得に挑戦することをおすすめします。

サービスエンジニアに関係する資格

電気工事やメンテナンスを担当するサービスエンジニアの場合、電気工事施工管理技士の資格が必要になる場合があり、2級と1級に分かれているので自分のスキルに合わせて挑戦できます。

さらに、家電製品を専門にするサービスエンジニアの場合、家電製品エンジニアや家電製品アドバイザーという資格に挑戦することも効果的です。家電製品の基本知識から応用スキルまでを習得できます。

もし、IT系の資格取得に挑戦したいのであれば、マイクロソフトが認定している資格MCP(Microsoft Certification Program)やITサービスマネージャー試験、基本情報技術者試験などもおすすめです。

英語の資格があれば海外仕様にも対応可能

サービスエンジニアは国内メーカの製品だけでなく海外仕様の機器も取り扱います。そのため、英語力を高めておくことで多種多様な分野で実力を発揮できます。

特に重要になるのが読む能力です。海外製品の構造や特徴、メンテナンス方法が英語の場合、一つ一つを読み解いて作業を進めていきます。英語を解読するのに時間がかかると作業に支障が出てしまいますし、クライアントにも迷惑をかけます。

最近では海外からの輸入製品も増えており、グローバル化についていくためにはサービスエンジニアにも英語力が必要です。TOEICやTOEFL、IELTSや英検の資格を持っておくといいでしょう。

サービスエンジニアに向いている人、適正がある人

機械エンジニアの仕事が好きな人

サービスエンジニアは機械・機器と向き合って仕事するので、機械エンジニアの仕事が性に合わないという人は続けていくのが難しいでしょう。IT技術に関心があり、できる限り自分のスキルを向上させていきたいと思う人の方が出世して、成功する確率が高くなります。

企業で採用を検討する時にも、IT技術に対する関心度合いや機械エンジニアへの意気込みを強く持っている人を優遇する傾向があります。そのため、自分がサービスエンジニアの仕事を本当に好きなのかどうかよく検討してから進む道を決めることをお勧めします。

ヒアリングに基づいた問題解決スキル

サービスエンジニアにとって最も重要といえる能力が、ヒアリング能力と問題解決スキルです。どちらが欠けてもサービスエンジニアとして致命的となり、両方を持ち合わせておく必要があります。

機械のトラブルが発生した際は、なるべく早くクライアントのところに駆けつけ、どのような状況なのかをヒアリングします。いつから、どのような問題が発生しているのかを注意深く聞き、問題の切り分けを行ないます。

サービスエンジニアの頭の中で問題の原因が分かったら、それをクライアントに分かりやすく説明します。何が原因で、どこをどのように修正すると改善するのかを提示することでクライアントは安心します。

トラブルが発生するというのは自社製品の信用を損ない、大きなクレームに発展する可能性もあることなので、サービスエンジニアにコミュニケーション能力は欠かせません。

課題と向き合って問題を解決できる能力

サービスエンジニアは問題を未然に防ぐ仕事でもあります。トラブルに発展しそうな部分は前もって対策を講じておくことは重要ですし、過去の事例を参考に対策を考えることも欠かせません。

今、どんな課題が自社製品にあるのか、解決するためにどうするべきなのかを常に考え、提案できる人はサービスエンジニアとしての適性を持っているでしょう。

このような能力を持つエンジニアは会社でも重宝されますし、クライアントからも信頼できるサービスエンジニアとみてもらえます。問題が発生した時にどう対応するかも重要ですが、トラブル起きないように調整するのもサービスエンジニアとして重要なスキルです。

冷静に状況を判断できる能力

サービスエンジニアは状況を冷静に判断して、論理的に物事を考えられる人でなければいけません。というのも、問題が発生した時クライアントが怒っていたり、パニック状態になっていることもあるからです。

サービスエンジニアも一緒になって慌てふためくようでは問題は解決しませんし、かえって悪化する可能性もあります。時には、怒りや罵声を浴びながら問題の原因を突き止め、一刻も早い解決策を見つけ出すには冷静さと論理的な思考が必要です。

どんな状況でも自分のパフォーマンス力と発揮できる人、強いメンタル力を持つ人はサービスエンジニアとして適性を持っており、会社やクライアントからも重宝されるでしょう。

最新の技術に関心のある人

サービスエンジニアは常に最新の情報に通じており、エンジニアスキルを向上させるための勉強を続けられる人が適しています。

特にIT業界の移り変わりは早いため過去の方法では対応できない場合も少なくありません。最新のトレンドに敏感であったり、多方面にアンテナを張り情報を吸収できる人の方がサービスエンジニアとして成功しやすくなります。

サービスエンジニアになるための学校や講座

サービスエンジニアになるには、どのような進路を進めばいいのでしょうか。おすすめの学校をご紹介します。

大学または短大

電子工学または機械工学などがおすすめ

サービスエンジニアになるために大学や短大に進学するのであれば、理系の大学が有効です。特に電子工学や機械工学科ではサービスエンジニアとして活躍するためのスキルを習得することができますし、自分の得意分野を作り出すことができます。

幅広い領域に対応できることもサービスエンジニアとして武器になりますが、一つの分野に特化してスキルを磨くもの効果的です。

例えば、電子機器などの精密機械の分野で、高度な学習をすれば、年収も高額になる可能性がありますし、大手企業への就職が可能になります。

実際、大手企業は大学卒業者を優遇して採用する傾向がありますから、高額年収を目指したい人や大手で活躍したい人は大学への進学が効果的です。

専門学校

情報工学科またはITビジネス科などが効果的

サービスエンジニアになるために専門学校に通うのであれば、ITや情報処理に特化した学校がいいでしょう。具体的には、情報工学科やITビジネス学科、情報エンジニア科などがおすすめです。

また、専門学校ではサービスエンジニアに必要な資格の取得をサポートしてくれるので、多くの試験に合格することで、就職や転職の時に有利になります。ただし、サービスエンジニアに関係する資格はたくさんあるため、どの分野の資格を取りたいのか明確なビジョンが必要です。

さらに専門学校では、最新の機器を使って実践学習ができるため、就職した後も即戦力として活躍できる可能性があります。在学中にどれだけ実践をイメージした学習を行うか、最新のIT情報に精通しておくかが重要になります。

サービスエンジニアになるには?まとめ

サービスエンジニアになるには機械・機器に関する知識が必須!ヒアリング力や冷静な判断力も欠かせない

サービスエンジニアになるには、取り扱う製品に関する知識が必要になり、加えてプログラミングなどの専門スキルが求められます。

資格や学歴は必要ありませんが、IT系の資格を持っておけば有利になりますし、理系の大学で学習すれば大手企業への就職などの面で優遇されます。

また、IT系の専門学校で学習して、実践に役立つ知識を習得し、資格取得に励むという方法もあります。どのような方法でサービスエンジニアになるのか、自分の理想を固めてから進路を決定することをおすすめします。

サービスエンジニアの参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

サービスエンジニアの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB