システムアナリストの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

システムアナリストの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

システムアナリストは資格がなくてもなることができますが、関係する資格を持っておくと就職や転職を有利に進められます。特におすすめなのが、ITストラテジスト試験です。難易度が高く合格率は10~15%ですが、システムアナリストに必要な能力とスキルを磨くことができます。この記事では、システムアナリストに役立つ可能性が高い資格・試験についてご紹介します。

システムアナリストの資格、ITストラテジスト試験とは?

システムアナリストに必須となる資格はありませんが、ITエンジニアとしてのスキルを証明できる資格・試験を取得することで就職や転職に有利になります。

システムアナリストに役立つ資格はたくさんありますが、数ある資格の中でも特に人気・格ともに高い資格としてITストラテジスト試験がおすすめです。今回は、ITストラテジスト試験に焦点を当てて解説します。

国家資格であり、情報処理の試験の中でも高難易度

ITストラテジスト試験は、情報処理技術者試験の中でも最難関の資格試験であり、システムアナリストを目指す人など、高度なITエンジニアが挑戦しています。

この資格は経済産業省が認定する国家試験として位置づけられており、合格するためには十分な準備期間と対策が必要です。

ITストラテジスト試験の内容は、情報処理に関する問題だけでなく、IT戦略や会社経営に関係するものがあります。そのため、システムアナリストとして十分な経験を持っている人でも合格することが難しく、何度もチャレンジして合格する人も少なくありません。

しかし、難易度が高い資格試験だからこそ、合格すると大きな意味があり、挑戦するだけの価値があります。

ITストラテジスト試験を受けるメリット

ITストラテジスト試験に合格することで、ITエンジニアとしてのスキルを証明できるだけでなく、ITコンサルタントや会社経営に必要な知識を持つ者として認知されます。

将来的には大手企業に就職して、ITコンサルティングや最高情報責任者としてのポジションを任してもらえるかもしれません。

実際、システムアナリストは、会社経営に大きな影響を与えるシステム開発の提案を行ったり、導入や運用のサポートを担当します。

的確に状況を判断して、IT戦略を打ち立てていくためには、会社経営やITコンサルティングの知識が欠かせません。

今後もIT戦略の需要が増していくことを考えると、ITストラテジスト試験を受けることには大きなメリットがあります。

過去はシステムアナリスト試験として実施

過去には、システムアナリスト試験と上級システムアドミニストレータ試験というものがあり、難易度は非常に高く、平均の合格率は5%程度でした。

ITエンジニアとして経験がある人でも合格するためには多大の準備と努力が必要な試験として知られていました。

ITストラテジスト試験は、システムアナリスト試験と上級システムアドミニストレータ試験を合体させたもので、IT業界でも信頼性の高い資格として認知されています。

システムアナリストを目指すのであれば、是非、挑戦したい資格です。

ITストラテジスト試験の対象者

ITストラテジスト試験には受験資格はないので、初心者であっても受験することが可能です。ただし、試験の対象者は、高度なIT人材として確立した専門分野を持っている人、となっており、企業の経営戦略や情報技術の改革や最適化を促進できる人が対象になっています。

ITストラテジスト試験では、ビジネスモラルや経営戦略の問題が出題され、企業内で部下を指導するスキルと知識が問われます。単に、参考書を丸暗記するだけでは対応が難しく、総合的な能力が問われます。

ITストラテジスト試験の概要

ITストラテジスト試験は郵便またはインターネット上で申し込むことができます。郵送の場合、願書を情報処理推進機構に送り、インターネット申し込みの場合は公式サイトから行ないます。

この試験は年に一回のみ行われ、公式サイトに掲載されます。願書の提出は試験の二カ月前までに行う必要があるので注意しましょう。

ITストラテジスト試験の難易度・合格率

平均の合格率は10~15%程度

ITストラテジスト試験の平均の合格率は10~15%程度となっており、情報処理系の資格・試験の中でも高い難易度になっています。合格率をほかの資格と比較すると、司法試験や公認会計士に次ぐ、難しさと考えていいでしょう。

当然、合格するためにはしっかりとした対策が必要になり、専門学校や資格スクールで効率の良い学習計画を練る必要があります。

情報処理系の資格・試験に挑戦したことがないのであれば、難易度の低い、基本情報技術者試験や応用情報技術者試験からトライするのもいいでしょう。

平成29年の合格率

ITストラテジスト試験の合格率は15%程度ですが、実施される年によって若干の違いがあります。

例えば、平成29年の合格率は14.7%となっており、内訳として約7,000人が受験して700人程度が合格しています。

受験者の中には、何度も挑戦している人も多く、最短期間で合格を目指すためには、試験の偏差値や合格率を分析して、自分の実力に合わせてトライすることが重要です。

ITストラテジスト試験に合格するための勉強時間

ITストラテジスト試験に挑む人の経験値やスキルには差があるため、一概には言えませんが、合格するためには少なくても半年から一年程度の学習期間が必要になるでしょう。

資格スクールに通えば、比較的短期間で合格できる可能性がありますが、現実離れした短期間の目標を設定すると挫折の原因になります。

一日に費やせる学習時間は人によって異なります。社会人として働いている人であれば、平日2~3時間程度、休日に8時間程度の学習プランを組めるでしょう。

自分に合った学習計画をしっかりと組むことで合格できる可能性が高くなります。

合格率をあげるポイント

ITストラテジスト試験はマークシート方式で行われるので、難解な単語を丸暗記する必要はありません。それよりも、出題されやすい問題の傾向を見極めて、参考書から必要な部分を重点的に学習することが重要です。

また、この試験ではITの知識だけでなく国語力も重要になります。システムアナリストとして活躍するためには、IT知識のない人に分かりやすく説明して納得させる必要があります。

ITストラテジスト試験には、論文形式の問題が用意されているので、的確な言葉で状況を説明して解決策を提示できるスキルを磨いておく必要があります。

システムアナリストの資格が取れる学校や講座

大阪情報コンピュータ専門学校

大阪情報コンピュータ専門学校には、情報処理IT系学科が設置されており、コンピュータの領域でライバルに差を付けたい生徒が学習しています。

卒業後、ITエンジニアの即戦力として活躍できるようにプログラミングやネットワーク構築、データベース管理などのスキルと知識を習得できます。

将来、システムアナリストを目指すのであれば、ITスペシャリストコースやネットワークセキュリティを専攻するといいでしょう。

実際の現場で使用されているコンピュータや設備が完備されているので、高度な知識を持つIT人材として成長したい人におすすめです。

大原学園専門学校

大原学園・専門学校には、情報処理・SE・プログラマー学科が用意されており、システムエンジニアやプログラマー、Webプログラマーになるための勉強をしています。

難易度の高いプログラミング言語学習や設計・分析のカリキュラムも組み込まれており、卒業後にシステムエンジニアとして活躍し、将来的にはシステムアナリストを目指すことができます。

基本情報技術者や応用情報技術者、ORACLE認定技術者などの資格取得を支援してくれるので、効率よくIT資格を取ることが可能です。

東京電子専門学校

東京電子専門学校には、情報処理科が設置されており、基本的な知識から応用学までを幅広く学習できます。システムアナリストになりたいのであれば、情報処理3年制や高度情報システム科、ネットワークセキュリティ化などを選択するといいでしょう。

これらの学科では、基本情報技術者試験やITパスポート試験、情報セキュリティマネジメント試験などの資格取得を支援してくれるので、合格に向けて効率よく学習できます。

また、就職時には、個人の希望に沿った業界への斡旋をサポートしてくれるので、システムアナリストになりたいという夢を後押ししてくれます。

YSE横浜システム工学院専門学校

YSE横浜システム工学院専門学校は、通学制と通信制を選択できるスクールになっており、通学制であれば、IT・ゲームソフト科やロボット・IoTソフト科、AIサービス活用科が用意されています。通信を選択すればITライセンス科を選択することができ、IT業界で活躍できる資格取得を目指せます。

就職時には専任のスタッフが一人ひとりに向き合い、個人の希望に沿った就職を叶えるために尽力してくれます。システムアナリストになるために必要なステップを手助けしてくれます。

システムアナリストの資格・試験まとめ

システムアナリストが取得すべきITストラテジスト試験は高難易度

システムアナリストはIT・システム開発の最上流工程を取り仕切る仕事なので、情報処理系の資格を持っておくと、就職や転職に有利になります。

特に、ITストラテジスト試験はIT業界では難易度の高い資格・試験として知られており、ITエンジニアとしての知識だけではなく、コミュニケーション能力なども問われます。

合格率は10~15%と低くなっていますが、参考書などを使ってしっかりとした対策を講じれば合格できる可能性があります。専門学校や資格スクールでは、資格取得をサポートしてくれるので自分に合った学校を選ぶことをおすすめします。

システムアナリストの参考情報

平均年収600万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

システムアナリストの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB