アプリケーションエンジニアの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

アプリケーションエンジニアの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

アプリケーションエンジニアの給料は40~50万円程度と言われており、開発現場での実績があればサラリーマンの平均年収より高い水準が期待できます。また、平均年収は450~600万円程度ですが、資格取得や手掛けるプロジェクトの規模によって、平均以上の年収をもらうことができます。この記事では、アプリケーションエンジニアの収入面についてご紹介します。

アプリケーションエンジニアの初任給

初任給の平均は20~22万円程度

アプリケーションエンジニアの初任給の平均は20~22万円程度となっており、ITエンジニアとしては平均的な水準となります。

厚生労働省が発表している平成29年賃金構造基本統計調査に参照すると、専門技術サービス業に就職した高校卒業生の給与は19万円程度となっているので、それと比較するとアプリケーションエンジニアの初任給は若干高い水準になります。

現在のアプリケーションの開発の市場では、スマートフォンアプリやロボット系のアプリケーション開発が盛んに行われており、新卒のアプリケーションエンジニアもそれらのプロジェクトに参加する可能性があります。

アプリケーションエンジニアの平均給与の統計

平均給与は40~50万円程度

アプリケーションエンジニアの給与平均は40~50万円程度になっており、個人の実力や努める企業の規模によって差がでてきます。

平成29年賃金構造基本統計調査を参照すると、専門技術サービス業に従事するエンジニアの平均給与は以下のようになっています。

大学卒業者の場合

年代 平均給与
20代 25万円程度
30代 35~38万円程度
40代 45万円程度
50代 55~60万円程度

アプリケーションエンジニアは実力が重視される世界ですが、年齢に伴ってスキルを磨き上げれば50万円程度の給与を貰える可能性があります。

派遣社員やアルバイトの場合、時給は2,000円~2,900円程度

アプリケーションエンジニアとして働く方法は正社員だけではありません。インターネット上の求人をチェックすると派遣社員やアルバイトでも需要があります。その場合の平均時給は2,000円から2,900円程度となっており、通常の派遣やアルバイトの時給と比較すると高額です。

一日8時間、22日勤務した場合、350,000円から500,000万円程度の給与になります。正社員でなくても確実に仕事が貰える環境にあれば、生活に困ることはないでしょう。

また、アプリケーションの開発分野において、特別な実績があったり、大企業での勤務経験がある場合はさらに高い時給になることも予想されます。いろいろな方法で働けるというのはアプリケーションエンジニアの魅力です。

給料アップに必要な経験と実績とは?

アプリケーションエンジニアとして、キャリアアップしたいのあれば経験と実績が必要です。以下のような経験は給料アップにつながります。

  • 最新技術を活用した難易度の高いアプリ開発
  • 規模の大きな開発プロジェクトの負荷対策
  • 開発コストの高いプロジェクト
  • 海外展開が期待できるアプリケーションの開発
  • マネジメントスキル
  • アプリ市場の分析やコンサルティング業務

上記のような経験があれば、平均よりも高い給与水準に達する可能性があります。そのため、アプリケーションエンジニアとして入社したら、なるべくたくさんのプロジェクトに参加できるように努力することが重要です。

アプリケーションエンジニアの転職事情

情報処理系の求人需要は高く、転職しやすい

アプリケーションエンジニアとして高い給料を貰いたい場合、転職を視野に入れることもできます。実際、IT業界は人手不足が深刻化しており、ITエンジニアの需要は増加傾向にあります。

厚生労働省が発表している情報によると情報処理・通信技術者の求人倍率は3倍程度になっており、他の業種の平均値約1.5倍よりも高い数値になっています。

つまり、高い技術力と経験があり、今後も自分の能力とスキルを開花させたいのであれば、大企業や大きなアプリケーション開発を手掛けている企業への転職が給与アップにつながるということです。

インターネットで検索してもたくさんの求人を見つけることができますし、転職エージェントに相談すれば、一般公開されていない高待遇求人を紹介してくれるかもしれません。

アプリケーションエンジニアが転職しやすい職業

アプリケーションエンジニアとして、スキルを積んだ場合、どのような職業に転職できるのでしょうか。アプリケーションエンジニアが転職しやすい仕事をご紹介します。

システムエンジニア

アプリケーションエンジニアとシステムエンジニアの仕事は類似しており、システムエンジニアの方が情報開発において広範囲を担当します。

そのため、アプリケーションエンジニアの多くは、システムエンジニアとしての経験を積んでおり、アプリ開発よりもシステム設計の方が自分に向いていると判断した場合、転職することも可能です。

システムエンジニアの平均給与は35~45万円程度と言われており、実力が評価されれば50万円以上も可能です。

フィールドアプリケーションエンジニア

フィールドアプリケーションエンジニアとは、アプリケーションの開発スキルを活かして、営業マンに同行し、クライアントに最適な商品を提案する人のことです。

半導体メーカなど、希少価値が高い領域で活躍することが多く、特殊性の高い知識が必要になります。当然、アプリケーション開発に関する知識も必要になるのでアプリケーションエンジニアが転職しやすい職業です。

フィールドアプリケーションエンジニアの平均給与は30~50万円程度と言われており、大きなシステム開発のプロジェクトを担当して成功させれば、アプリケーションエンジニアよりも高い給与水準を目指すことも可能です。

特に営業を得意とする人、半導体開発などのスキルを持っている人におすすめです。

アプリケーションエンジニアの年収統計

平均年収は450~560万円程度

アプリケーションエンジニアの平均年収は450~560万円程度と考えられており、システム開発における経験や実力によって差がでてきます。

アプリケーション開発といっても中小規模レベルのものから、数千万円規模の開発費用を組むものまで様々です。そのため、大企業で働くアプリケーションエンジニアの場合、経験と実力が認められれば600万円以上の年収に達することも可能です。

年功序列よりも実力と成績が重視される世界ですから、自己レベルを上げることが年収アップに直結すると考えていいでしょう。

資格保持者は平均年収が高い

アプリケーションエンジニアには役立つ資格がたくさんあります。特に、システムアーキテクト試験は情報処理試験の中でも難易度が高く、国家資格として認定されています。

平均よりも高い年収を目指したいのであれば、アプリケーションエンジニアに役立つ資格取得に励むことをおすすめします。

企業によっては資格手当というものを設けている場合があり、難易度の高い資格を持っていると2~3万円程度の手当てが支給されます。

また、資格を取るためのサポートをしてくれる会社もあり、セミナーや研修代、イベントへの参加費用を会社が負担してくれます。

勉強は苦手という方も多いかもしれませんが、アプリケーションエンジニアとしての活躍の幅を広げるためには資格を取ることが重要なポイントになります。

マネジメントスキルがあれば年収アップに繋がる

アプリケーションエンジニアの中でも、マネジメントスキルを持っている人は会社の中での重宝され、年収も800万円程度になることもあります。

プロジェクトマネジメントに参加するためにはアプリ業界の市場調査やユーザーの動向をマネジメントする必要があり、それことがアプリ開発の成功を左右するものとなります。

さらにコンサルティング業務も監督できる場合、年収1,000万円も夢ではありません。頑張りしだいで可能性が無限に広がるのもアプリケーションエンジニアの魅力です。

アプリケーションエンジニアのキャリアステップ

アプリケーションエンジニアはどのような形でキャリアアップできるのでしうょか。将来的にもっと成長して活躍したいという方に役立つ情報をご紹介します。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとは、システム開発の組み立てからプロジェクトの進行管理、メンバーの選定、完成したシステムの精度確認までを監督する人です。

全体を見渡せる視野や他部門との連携をまとめる能力が必要になり、アプリケーションエンジニアとして磨いたスキルを活かすことができます。プロジェクトマネージャーには以下の能力が求められます。

  • システム開発の予定作成
  • プロジェクトを成功させるための人員配置
  • システム開発の進捗管理

アプリケーションエンジニアとして開発を手掛ける時にも、これらのスキルと能力を磨くように意識することで、新しい分野において活躍の幅を広げることができます。

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは、新しいシステムの導入から提案までを取り仕切り、IT戦略に基づいた経営戦略や業務フローの改善を提案することです。

ITコンサルタントには、ヒアリング力や提案力、マネジメントスキルが必要になり、アプリケーションエンジニアとして培った、営業力や市場調査力などを発揮できます。

ITコンサルタントになるためには、ITコーディネータやプロジェクトマネジメント試験、中小企業診断士などの資格があれば有利になります。

どれも難易度の高い資格試験ですが、アプリケーションエンジニアとして働きながら、これらの資格取得に挑戦すれば、キャリアパスにつなげることができます。

アプリケーションエンジニアとして独立する

アプリケーションエンジニアとして十分の経験と実力を身に着けたら、経営者として独立する方法もあります。雇用されるのではなく、新しく企業を立ち上げて、アプリケーションの開発を手掛けます。

IT業界にはベンチャー企業が多く存在し、そのほとんどが何らかのアプリ開発に取り組んでいます。それだけ、アプリケーションの開発は需要があり、ヒット商品を生み出せば会社に大きな利益を与えることになり、数億円規模の売り上げも夢ではありません。

アプリケーションエンジニアとして、別の職業に転身するのもいいですし、アプリ開発の専門家として独自で開発を進める道もあります。

アプリケーションエンジニアの給与・年収まとめ

アプリケーションエンジニアは資格取得や独立で平均以上の年収も可能

アプリケーションエンジニアの平均年収は450~600万円程度となっており、平均給与は40~50万円程度です。

ITエンジニアとしては平均的な給与と年収水準ですが、資格を取得したり、大手へ転職したり、役職につくなどすれば、1,000万円近い年収に達することも十分可能です。

また、アプリケーション開発のプロフェッショナルとして、独立開業する方法もあります。開発したアプリが大ヒットするれば億単位の売り上げも可能です。

どのようなアプリケーションエンジニアを目指したいと思っているのかによって、給与や年収に違いがでてきます。

アプリケーションエンジニアの参考情報

平均年収450万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アプリケーションエンジニアの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB