アプリケーションエンジニアの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

アプリケーションエンジニアの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

アプリケーションエンジニアの仕事内容は、アプリケーションの開発を行うことです。アプリケーションエンジニアには、業務系やWeb系、スマートフォン系アプリケーションがありますが、いずれにしてもクライアントとを打ち合わせを行い、最適なシステムの導入を取り仕切ります。ITエンジニアとしてのスキルだけでなく、コミュニケーション能力が必要になり、将来的にはキャリアアップも目指せる仕事です。

アプリケーションエンジニアの仕事内容とは?

アプリを開発する人をアプリケーションエンジニアと呼ぶ

アプリケーションエンジニアの仕事内容は、アプリケーション開発を取り仕切ることです。

クライアントと打ち合わせを行い、作業を効率化させたり、特定の問題を解決するために最適なシステム開発を提案します。実は、アプリケーションエンジニアには、3つの種類があります。

  • スマートフォンアプリケーション
  • Webアプリケーション
  • 業務系アプリケーション

それぞれの種類については後で詳しく解説しますが、いずれの業務を担当するにしても、アプリケーションエンジニアはシステム開発や設計、動作テストまでを行ないます。

上流工程から下流工程までを取り仕切る仕事

アプリケーションエンジニアは、アプリケーションの開発を取り仕切りますが、クライアントの打ち合わせから、最終のテスト確認まで、上流工程から下流工程までの過程に加わります。

しかし、すべての作業を一人で担当するのではなく、数名のアプリケーションエンジニアが要件定義や設計、システム開発を担当し、プロジェクトを進行させます。

自社のシステム開発に携わるアプリケーションエンジニアもいますし、企業クライアントに対して、アプリケーションの開発を提案することもあります。

IT業界での多種多様な知識が求められる仕事

アプリケーションエンジニアは、システムの設計や開発、システムの動作確認などを行なう必要があるので、ネットワーク構築やハードウェア、セキュリティ対策など、アプリケーション開発に直接は関係しない知識も必要になります。

また、大規模なプロジェクトになると、大勢のスタッフを統括する責任があったり、IT市場を調査したうえでのアプリケーションの開発を依頼されることもあります。そのため、ITエンジニアとしての知識だけでなく、マネジメントの経験と知識も必要です。

アプリケーションエンジニアの主な仕事内容

システム開発の要件定義

アプリケーションエンジニアの仕事はシステム開発の要件定義から始まり、個人や企業との打ち合わせを行います。クライアントの意向を確認しながら、どのようなアプリケーションが最適なのか、現場に出向いて状況を見極めます。

その際、クライアントがイメージしている費用感をヒアリングして、どのくらいのコストでアプリ開発を進められるのかも検討します。

解決すべき問題を多面的に把握するためにもアプリケーションエンジニアには、コミュニケーション能力が必要です。要件定義を済ませたら、アプリケーションの設計段階に進みます。

アプリケーションの開発とテスト作業

クライアントの意向を確認し、アプリケーションシステムの開発に着手します。開発するアプリケーションの種類によって違いがありますが、基本的には要件定義に基づいて設計が進みます。

設計が完了したら、動作確認を行い、小さなエラーが発生していないか、何度も確認作業を行ないます。

プログラミングやシステム上のトラブルが生じている場合、正常に稼働するように調整を行い、動作テストを完了させます。最後にクラアントに確認してもらい、完成したシステムを納品します。

運用と保守点検

アプリケーションエンジニアは、納品した後の運用と保守点検も担当します。開発したアプリケーションが納品後、何らかのトラブルを抱えた場合、現場に出向いて修正や復元作業を行ないます。

また、実際に使用してから改善点が浮き彫りになることもあります。その際は、クライアントの意向を聞きながら、アプリケーションのアップデート作業を行ないます。

導入したアプリケーションがウイルスに汚染されると需要な情報が流出してしまう恐れがありますから、常に正常に機能しているか、ウイルス感染の可能性がないかなどを定期的にチェックするのもアプリケーションエンジニアの役目です。

アプリケーションエンジニアの種類

アプリケーションエンジニアの仕事内容は3つの領域に分類できます。それぞれの内容を解説します。

スマホ系アプリケーションエンジニア

スマホ系アプリケーションエンジニアは、スマートフォン用のアプリケーション開発を手掛けます。実際、スマートフォンが主流になってから、ブラウザよりもスマホでインターネットを利用する人が急増し、アプリケーションエンジニアの求人も増加傾向にあります。

スマホ系アプリケーションエンジニアとして注意すべき点は、ユーザはパソコンの画面とは違って、小さな画面でアプリを利用するため、シンプルで見やすいデザインを追求する必要があります。

今後、さらにスマートフォンの利用者は増加すると見込まれているので、アプリケーションエンジニアとして活躍できる分野も拡張されるでしょう。

Web系アプリケーションエンジニア

Web系アプリケーションエンジニアはブラウザ上で活用できるアプリケーションの開発を担当します。最近では、オンラインショッピングサイトやポータルサイトなどで利用できるシステムを開発することが主流になっています。

アプリケーションはスマートフォンで利用するものというイメージが強いですが、パソコンでの利用者も多く、利用者にとって使いやすいアプリケーションを開発することが重要な課題です。

Web系アプリケーションエンジニアは個人ユーザに限らず、企業内専用で使用する業務用アプリケーションの開発も手掛けます。この場合もクライアントの意向を正確にくみ取るコミュニケーション能力が重要になります。

業務系アプリケーションエンジニア

業務系アプリケーションエンジニアの仕事内容は、銀行ATMのような私たちの生活に大きな影響を与えるシステムを開発することです。

この業務を担当するアプリケーションエンジニアは、クライアントと打ち合わせを行い、業務を効率化するためのアプリケーションを提案し、設計を行ないます。設計が完了したらプログラミングの修正や動作テストまでを担当し、アップデートや運用までを取り仕切ります。

業務系アプリケーションエンジニアの場合、導入現場まで出向き、なにをどうすれば業務を効率化できるかをディスカッションします。そのため、ヒアリング力が重要になり、コミュニケーション能力が求められる分野です。

アプリケーションエンジニアの仕事のやりがい

幅広い分野で活躍できる

アプリケーションエンジニアは幅広い分野で活躍できる仕事です。例えば、電子部品メーカーや半導体製造に関わるアプリケーションエンジニアもいますし、CAD関係の開発を手掛ける人もいます。

アプリケーションエンジニアはシステム開発と営業職を兼ね備えたポジションになるので、多種多様な領域で活躍できます。IT業界が好きで、自分の知識と経験を最大限に伸ばしたいと思っている人には、やりがいのある環境です。

人に喜ばれるものを作れる

アプリケーションエンジニアの仕事は人の役に立つ仕事です。企業または個人レベルであれ、困っている人のために自分のスキルと知識を活かすことができるのは大きな喜びになります。

クライアントと話し合い、チームで設計や開発を行ない、一つのアプリケーションが誕生した時の喜びはアプリケーションエンジニアならではのものです。

導入後、業務効率が向上したり、コストの削減が達成できた、などの報告を聞くとこれからもアプリケーションエンジニアとしてスキルと知識を伸ばしていこうという気持ちになります。

通常のプログラマーより好待遇が期待できる

アプリケーションエンジニアは通常のプログラマーよりも経験とスキルが必要になると言われており、会社によっては高待遇の条件で働くことができます。

給料や年収も通常のプログラマーよりも多く貰える可能性があり、よい雇用条件の下で働きたいと思っている人にはおすすめです。

実際、アプリケーションエンジニアの多くは、一般のプログラマーとしてネットワーク構築やデータベース管理、要件定義やクライアントに対する営業力を磨いてきた人たちです。

プログラマーとしてキャリアップしたいと思っているならアプリケーションエンジニアになることを目指してもいいでしょう。

キャリアップしやすい

アプリケーションエンジニアは単にプログラミング作業を行なうだけでなく、開発プロジェクトのまとめ役を担うこともあります。ITエンジニアとしての知識だけでなくマネジメント力が必要になり、会社の中でも重責を任されます。

難しさやストレスを感じることもありますが、多くのプロジェクトに関わることでIT業界で活躍できる幅を広げ、自身のキャリアアップにつなげることが可能です。

今後もIT業界は成長していくと見込まれていますから、将来の可能性を広げてくれる魅力的な仕事です。

アプリケーションエンジニアの仕事内容まとめ

アプリケーションエンジニアの仕事は要件定義から保守・運用まで

アプリケーションエンジニアとは、アプリ開発を取り仕切る人のことで、システムの要件定義から保守・運用までを行ないます。

チーム単位でプロジェクトに着手しますが、上流工程から下流工程までに対応できるように、幅広い知識と技術力が必要になります。

アプリケーションエンジニアは幅広い分野で活躍できますし、IT業界でキャリアアップを目指すことも可能です。

アプリ開発の専門家として大きく成長したいと思っている人にはおすすめの職業です。

アプリケーションエンジニアの参考情報

平均年収450万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種コンピューター

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アプリケーションエンジニアの関連記事

コンピューターに関する他の職業KANREN JOB