美術スタッフの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

美術スタッフの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

舞台や映画などのセットを作成する美術スタッフですが、「必要な資格はあるの?」と疑問に感じている方は多いのではないでしょうか?そこで、今回は美術スタッフに役立つ資格・試験についてご紹介していきます。資格を取れる学校についてもご紹介していますので、美術スタッフを目指している方はぜひ参考にして、就職・転職の役に立ててみてください。

美術スタッフの資格とは?

美術スタッフに必須となる資格はない

仕事によっては必ず必須となる資格があるものや、資格不要でできるものもあります。そして、美術スタッフは何かしらの資格が必要だと思われがちですが、実は資格不要でできる職業となっています。

専門的な知識や技術などの習得は必要ですが、学校の教師や病院の医師・看護師のように資格を必要とする仕事ではないので、誰でも目指すことができる職種といえるでしょう。また、美術スタッフは資格を持っていることよりも、技術やセンスといったスキルの方が重視されています。

作成するテーマに合わせたセット作りはもちろん、見ている人に違和感を与えず、リアルな雰囲気を作ることが大切です。例えば、時代劇系の作品であれば、その時代にふさわしいセットや小道具などを使う必要があります。

少しでも現代風のものが混じっていれば不自然になってしまうので、その時代の風景や建物、使用されていたアイテムなどの研究も必要になるでしょう。

資格は不要だが専門的な学校での勉強は必要

美術スタッフは資格を必要としない仕事ですが、右も左もわからない未経験者の場合は、採用されるのは難しいでしょう。そのため、専門的な学校に通って基礎知識や必要な技術などを学ぶ必要があります。

また、より必要なことを学びたいのであれば、学校に通いながらアルバイトとして美術スタッフの仕事をするのもおすすめです。学校で学んだことを実際に生かすことができたり、プロの美術スタッフの仕事ぶりを見たりなど、とても良い勉強になるでしょう。

ちなみに、美術スタッフは人手が足りないときにアルバイトの募集を行っているので、求人情報を確認しておくと見つかるかもしれません。将来、美術スタッフとして働きたい、転職をして美術スタッフの仕事をしたいと考えている方は、まず専門的な学校で基本的なことを学びましょう。

専門的な学校についてはこちらの記事でもご紹介しているので、ご興味のある方はぜひ最後まで読んでみてください。

資格よりも美術スタッフとしての技術やセンスなどのスキルが重要

上記でもご紹介しましたが、美術スタッフは資格よりも技術やセンスなどスキルが重要視されています。例えばですが、細かいところまでリアルに表現できるセットや小道具・大道具の作成技術、テーマに合った雰囲気を演出できるセンスなど、このようなスキルは必須といっても過言ではありません。

また、作成する作品によってはセットに使用するインテリア、役者が身に着ける衣装のファッション、セットや道具では演出できない部分を補うCG技術などが求められる場合があります。

このように、資格は不要でも身に着けておくべきことはたくさんあるので、美術スタッフとして幅広く活躍したいのであれば、たくさんのスキルを取得することが大切です。とはいえ、このようなスキルを学校での勉強だけで身に着けるのは難しいです。

つまり、実際に美術スタッフとして働き始めてから習得できることになるため、技術習得は入社してからのことですので、まずは学校で必要な基礎をしっかりと学んでおきましょう。

優秀な美術スタッフになるためには下積みが肝心

美術スタッフといっても、実際の現場では様々な担当に分かれて仕事を行います。役職によって担当するものは異なりますが、新入社員はアシスタントからのスタートとなるようです。

はじめのうちは他の方の補助程度の仕事になると思いますが、徐々に与えられる仕事が増えていくでしょう。しかし、そのためには一つひとつの仕事に真剣に取り組み、しっかりと下積みを積むことが大切です。

下積みは技術習得にも役立つことですし、将来的に役職に就くためにも大切なことです。そのときの経験でしか得られないこともあるため、仕事に対する姿勢にも注意することが大切かもしれません。

美術スタッフに役立つ可能性がある資格

携わる仕事によっては役に立つ「CGクリエイター検定」

必ず必要な資格ではありませんが、「CGクリエイター検定」を習得してみてはいかがでしょうか?携わる仕事によってはCG技術が必要になる場合があるため、取得しておけば役に立つ資格でしょう。

また、取得しておくことで仕事の幅が広がる可能性が高いので、持っていて損をすることのない資格です。美術スタッフに関連する資格を持っておきたいという方は、ぜひこちらの資格取得を検討してみてください。

テーマによって最適な雰囲気を演出できる「インテリアデザイナー資格」

セットを作るのが仕事の美術スタッフは、テーマに合った雰囲気を作る技術とセンスが求められます。撮影するセットをより高いクオリティーに仕上げる技術を求めるのであれば、インテリアデザイナー資格の取得がおすすめです。

インテリアを使ってテーマにふさわしいセットや雰囲気を作ることができるので、インテリアデザイナー資格検定を受けて取得しておけば仕事にとても役立つ資格になるはずです。少しでも美術スタッフとしての腕を磨きたい方は、ぜひこちらの資格を取得してみてはいかがでしょうか。

美術スタッフに役立つ資格やスキルが学べる学校等

美術スタッフの目指すならデザイン系の専門学校や美術大学

美術スタッフを目指すのであれば、デザイン系の学科を持つ専門学校、または美術大学に亜興ことをおすすめします。

基礎的な知識や技術などを学ぶことができますし、学校によっては関連する資格を取得できるかもしれません。必要なことをしっかりと学び、関連資格も取得できれば、卒業後はすぐに就職できるでしょう。

美術監督のもとへ弟子入りを申し込む

一般的には専門的な学校に通うことがおすすめされていますが、フリーで活動している美術監督のもとへ弟子入りを申し込むという方法があります。基礎的なことはもちろんですが、実践と経験を積みながら技術を習得することもできるので、効率よく学ぶことができるでしょう。

しかし、弟子を取る美術監督は少なく、誰でも簡単に弟子入りできないので、狭き門といわれています。ですので、確実に知識を学んでスキルを習得するのであれば、専門的な学校に通うことをおすすめします。

美術スタッフの資格・試験まとめ

美術スタッフに資格不要だが、技術の習得は必要!

美術スタッフは資格不要でなれる仕事なので、誰でも目指すことができる仕事となっています。しかし、技術の習得には個人差があるため、美術スタッフとして続けていけるかはその人次第といえるでしょう。

しかし、諦めずに美術スタッフを続けていれば、いずれは業務上必要となる技術やスキルを習得することができるでしょう。また、関連資格も取得しておけば仕事に役立てることができるので、ぜひ取得してみてください。

美術スタッフの参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

美術スタッフの関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB