美術スタッフの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

美術スタッフの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

演劇や舞台をはじめ、番組・ドラマ・映画などのセットの作成を行っている「美術スタッフ」。高い技術とセンスが問われる仕事だといわれていますが、一体どれくらいの収入を得られる仕事なのでしょうか?このページは、そんな美術スタッフの初任給や、平均的な給与・年収についてご紹介していきます。

美術スタッフの初任給

美術スタッフの初任給は約16~20万円

美術スタッフの初任給は、約16~20万円前後が相場となっているようです。

専門学校や美術大学を出ている方であれば美術スタッフとして働くことができますが、新人の間はプロとしての技術や仕事の経験が少ないため、初任給は低めとなっているようです。

ちなみに、一般企業に入社した人の初任給も同じくらい、または少し高め程度なので、一般的な職種と比較しても大きな差はないようです。また、専門的な学校で学んだ知識や技術は確かに大切なものですが、未経験の方の場合は独学による勉強も必要だといわれています。

というのも、経験はもちろんですが、美術スタッフとしての知識・技術・センスが昇進や給与アップに繋がるので、この仕事で安定した収入を得るのであれば、独学もやっておくべきことなのかもしれません。

新人の間は残業をしても給与は低め

「残業をすれば初任給も高くなるのでは?」と考えている方は多いと思いますが、美術スタッフの場合は残業代も込みでご紹介した初任給となっているようです。そのため、入社1年目の間は残業をしても給与は約16~20万円なので、年収でいうと約300万円前後の収入となるようです。

ですが、1年間で美術スタッフとしての経験を積み、セットを作る技術やデザインのセンスを安なうことができます。ですので、入社2年目からは給与額アップを期待できるので、下積みの期間はどんなことでも真剣に仕事に取り組む姿勢が重要になるでしょう。

入社する会社によっては初任給も異なる

美術スタッフを目指している方の中には、これまでの内容から初任給が低すぎると感じている方も少なくないでしょう。しかし、ご紹介した初任給はあくまでも平均的な給与額ですし、入社する会社によっても異なります。

有名な大手企業に入社できれば初任給も平均よりは高くなる可能性はありますし、小規模の会社であればさらに低い初任給になることも考えられます。ですので、就職や転職で美術スタッフになりたいという方は、入社する会社を事前に調べてから応募することをおすすめします。

ちなみに、最近では就職や転職をサポートしてくれるサービスがあります。希望条件に合わせて就職先や転職先を紹介してくれるので、初任給や給与に関して満足できる会社を見つけることができるでしょう。

キャリアアップには経験が必要

美術スタッフに限ったことではありませんが、どんな職種でもキャリアアップをすることで高収入を狙うことができます。というのも、キャリアアップができるということは、当然ですがさまざまな現場で経験を積んでいますし、知識・技術・センスなども向上しているからです。

特に、未経験から美術スタッフを目指す方は人一倍の努力が必要なので、給与アップを目的としてキャリアアップを目指すのはとても大変です。しかし、すこしでも収入額を高めたいという方は、新人の間にしっかりと下積みを行って、将来に備えておくことをおすすめします。

美術スタッフの平均給与

美術スタッフの平均年収は約20~30万円

美術スタッフの平均年収は、約20~30万円が相場となっているようです。初任給に比べるとかなり給与額が高めとなっているため、頑張って続けて入れば高収入を得ることができるでしょう。

ちなみに、平均給与に関しても初任給と同じく、勤めている会社によって異なりますし、持っている技術やセンスなどによっても左右する可能性があります。美術スタッフには作り物とは思えないセットを作る技術や、テーマに合わせたセットを作りあげるセンスがとても重要になります。

ですので、高収入を得るためには入社する会社選びだけでなく、自分自身のスキルも高めておく必要があるかもしれません。また、作成するセットは舞台や映画などの雰囲気をリアルに演出する重要なカギとなるので、高度なスキルを身に受けておけば昇進の声がかかり、給与アップを目指すことができる可能性もあるでしょう。

昇進すれば高収入を得ることも可能

セットの作成にはいくつかの担当に分かれて作成されるといわれていて、自分のポジションによって担当が決まるようです。例えば、演出に必要な小道具の準備や大道具の作成、よりとある空間を作りあげるセットの装飾などに分担して作業が行われます。

ですが、これらの担当をされている方の多くは、ご紹介した平均給与となっています。しかし、昇進して美術監督にまで上り詰めることができれば、平均給与は大幅に上回る給与を得ることが可能になるといわれています。

美術監督は作成するセット設計の総責任者という重要なポジションとなるので、昇進前に比べると仕事内容は大変です。ですが、それに見合った収入を得ることができるので、美術スタッフを目指している方は、いずれ監督を目指してみてはいかがでしょうか。

経験と仕事に対する姿勢が収入アップに繋がる

美術スタッフに求められるのは、指示通りのセットを精巧に作り上げることはもちろん、難しい繊細な指示に対しても真面目に取り組む姿勢が重要だといわれています。セット作成の技術やセンスは経験を積まなければ習得できないものですし、取り組む姿勢はあなたのやる気次第です。

しかし、昇格して高収入を得るためには、このような美術スタッフとしての経験や仕事に対する姿勢が重要になるでしょう。物作りが好きな方におすすめされている仕事ですが、単に作るのが好きというだけでやっていける仕事ではないので、よく考えてから就職・転職を行うことをおすすめします。

アルバイトなら高時給を期待できる

アルバイトによる最低賃金は平均で約800円の時給となっています。しかし、アルバイトで美術スタッフとして働く場合、時給は約1,000円が相場となっています。地域や会社によっても異なりますが、他の職種に比べて高時給となる仕事なのでおすすめです。

「美術スタッフってアルバイトでできる仕事なの?」と疑問に思う方はいると思いますが、既存スタッフだけでは人手が足りないという場合、アルバイトの募集をかけることがあります。

一時的なアルバイトではありますが、他に職種に比べて高時給なので、学生さんや高時給なアルバイト先を探している方にはおすすめです。もし求人を見かけたら、ぜひ一度アルバイトとして働いてみてはいかがでしょうか?

美術スタッフの平均年収

美術スタッフの平均年収は約300~500万円

美術スタッフの平均年収は、約300~500万円前後がおおよその相場となっているようです。なお、テレビ局勤務の場合は、この金額以上になる可能性はあります。

あくまでも平均年収なので、勤めている会社や受けもつ仕事量によって異なる場合があります。さらに、同じ会社の美術スタッフでも、それぞれの役職によっては当然給与額が異なるので、年収にも差があるでしょう。

ですが、経験を積んで技術やセンスを磨き、どんな仕事でも真剣に取り組むことができれば、昇進によって役職に就くことができるので、年収アップを目指すことができるでしょう。

美術監督になれば年収1,000万円も夢じゃない

上記でもご紹介しましたが、美術監督になれば高収入を目指すことができます。というのも、美術スタッフの中で最も上の役職が美術監督となっていて、年収は約600~1,000万円といわれています。

美術監督になれば仕事内容はよりハードなものになりますが、年収1,000万円も夢ではないので、ぜひ目指したい役職ではないでしょうか。このような年収は他の職種でもそう簡単に取得できるものではないため、美術スタッフとして本気で高収入を目指すのであれば、ぜひ美術監督を目指してみてください。

美術スタッフの給与・年収まとめ

美術スタッフの年収レベルはやや高めだが、新人の間は収入が少ない

美術スタッフの年収レベルは入社する企業次第な部分はありますが、勤続年数がある程度に達すれば一般的な日本の平均年収ほどはもらえるでしょう。

しかし、初任給は低めとなっているため、新人の間は高収入を望むのは難しいようです。

美術スタッフへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

美術スタッフの参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

美術スタッフの関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB