コンサートプロモーターになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

コンサートプロモーターになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

コンサートの開催にあたって活動を行う「コンサートプロモーター」。そんなコンサートプロモーターになるためには、いったいどのようなことが必要なのでしょうか?本記事では、コンサートプロモーターになるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

コンサートプロモーターになるには何が必要?

特別な資格や学歴を求められる仕事ではない

職業によっては必須資格やスキル、学歴などが求められる場合があります。しかし、コンサートプロモーターの場合は特別な資格やスキル、学歴などが求められる仕事ではないといわれているようです。

コンサートプロモーターとして働いている方の多くは、大学や専門学校を卒業して、そのまま企業へと就職しています。ちなみに、一般的な大学や専門学校を卒業した方でもコンサートプロモーターになることができますが、音楽関連やイベント関連などの学科を持つ学校へと進学して、専門的な知識を学んでいる方も少なくありません。

専門的な知識を持っていれば就職直後から活躍することができますし、会社からも優遇される可能性が高いです。ですので、将来的にコンサートプロモーターになりたいという方は、このような学科を持つ学校へと進学してみてはいかがでしょうか?

イベント関連のアルバイト経験があると有利

コンサートプロモーターになるには必須資格がない分、仕事に関する知識をどれくらい持っているのか、または実務経験などが重視される職業となっています。

学生時代にイベント関連やコンサート会場のアルバイト経験がある方、またはイベント制作会社に勤めていた経験がある方は、就職の際に有利になるといわれています。学校で学んだこと以上に、実際の現場での経験が重視される仕事なのです。

そのため、過去にコンサートやイベント会場でお仕事をした経験がある方は、未経験の方に比べて採用される確率は高いといえるでしょう。資格や学歴よりも経験重視の仕事なので、現在学生の方でコンサートプロモーターになりたいという方は、今から経験を積んでおくと良いかもしれませんね。

コミュニケーション能力や管理能力といったスキルが必要

コンサートプロモーターは、仕事をする上でさまざまな人と関わることが多いため、円滑に仕事を進めるためにもコミュニケーション能力が必要になるといわれています。さまざまな分野に分かれてそれぞれのスタッフが協力して仕事を行うため、人と関わることが多い職種といえるでしょう。

また、コンサートプロモーターの仕事内容には、リハーサルから本番までのスケジュール管理、必要な予算の管理やどれくらいの規模で行うのかという企画を考えなければなりません。責任感はもちろんのこと、管理能力なども求められるので、人によっては向き不向きのある仕事でもあります。

必要な資格や学歴はありませんが、かといって誰でもできる仕事というわけでもありません。コンサートプロモーターになるにはコミュニケーション能力や管理能力といったスキルが求められるので、将来的に目指している方はこのようなスキルを身につける努力が必要になるでしょう。

コンサートプロモーターに向いている人、適性がある人

細かいところへの気配りができる

仕事場となるコンサート会場では、数多くのスタッフと一緒になって仕事を行います。自分が担当する仕事はもちろんですが、周りのスタッフとの協力がコンサート成功へと繋がるので、周囲への配慮や細かいところへの気配りが必要です。

自分の仕事をこなしつつ手が空いているときは他のスタッフを手伝う、同時にできる仕事があれば一緒にこなしておくなど、このような気遣いができる方はコンサートプロモーターに向いているといえるでしょう。

さまざまなことにおいて視野が広く、常に周りの状況を把握して対応できるという方は、コンサートプロモーターを目指してみてはいかがでしょうか?

イベントや音楽などが好きな人

コンサートプロモーターとして適性がある人の特徴には、イベントや音楽などが好きな人が挙げられています。

というのも、コンサートプロモーターには実務経験だけではなく、コンサートで行うイベントや音楽関連などの知識も必要になります。音楽的な知識や知見に富んでいるという方にとっては、他の人以上にコンサートプロモーターはなりやすい仕事だと言えるのではないでしょうか。

また、自分だけでなく他の人にもイベントや音楽の楽しさを伝えたいという方も、コンサートプロモーターに向いているといわれています。「来てくれたお客さんに心から楽しんでもらいたい!」と思う気持ちも、コンサートプロモーターには必要だといわれています。

責任感が強く自分の仕事をしっかりと行う

どんな仕事にもいえることですが、自分の仕事に責任をもって行うことができる方は、コンサートプロモーターに向いているといわれています。大勢のスタッフがさまざまな分野に分かれて仕事を担当しているため、どれか1つでもミスを出してしまえばコンサートを成功させることができません。

つまり、お客さんを満足できる仕事ができなくなってしまうため、コンサートプロモーターは責任感が強く自分の仕事をしっかりと行える方に向いています。自分がやるべきことは最後までやりきる、どんな大変なことでも真剣に取り組むという方は、コンサートプロモーターを目指してみてはいかがでしょうか?

社会人としての一般常識をきちんとわきまえている

コンサートプロモーターの仕事は上下関係に厳しい業界といわれているため、挨拶はもちろんのこと、上司や先輩に対する礼儀を重んじることが大切です。挨拶や礼儀は社会人になれば当然必須となる一般常識です。

そのため、一般常識をきちんとわきまえている方であれば、コンサートプロモーターになることができるでしょう。気配りや責任感は仕事をしながらでも努力次第で身につけることができるので、常識面に自信のある方は目指してみてはいかがでしょうか?

コンサートプロモーターになるための学校・教室

音楽関連やイベント関連の学科を持つ大学や専門学校

音楽関連やイベント関連の学科を持つ大学や専門学校であれば、専門的な知識を身につけることができます。

コンサートプロモーターになるには資格や学歴ではなく、経験や知識が求められるので、卒業後はすぐに就職したいという方は、このような学科を持つ学校へと進学することをおすすめします。

イベント系のアルバイトで実務経験を積む

これまでにもいくつかご紹介したように、コンサートプロモーターは学校や教室に通うということよりも「実務経験」が重視される仕事です。そのため、現在学生の方で将来コンサートプロモーターを目指しているという方は、イベント系のアルバイトで実務経験を積んでおくと良いでしょう。

または、コンサート関係のアルバイトがあれば、より効果的に経験を積むことができます。アルバイトだとできる仕事は限られますが、正社員や他の人が行っている仕事を実際に見ることができるので、コンサートプロモーターになったときにはきっと仕事に役立てることができるでしょう。

コンサートプロモーターになるには?まとめ

必須となる資格はなく、実務経験があった方が有利になれる

コンサートプロモーターになるには、資格ではなく実務経験の有無が関係しています。採用には経験者が優遇される傾向があるので、イベント関連のアルバイトや仕事経験があると有利になるでしょう。

また、未経験の方でもイベント関連や音楽関連の学科を持つ学校に通うことで、専門的な知識を学ぶことができます。学校で勉強しつつアルバイトで経験を積めば、就職にも成功しやすく社員としてしっかりと働くことができるでしょう。

コンサートプロモーターの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

コンサートプロモーターの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB