CMプランナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

CMプランナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

CMを作る上で欠かすことができない役割を担うのが、CMプランナーです。CMプランナーの年収、給与はどの程度もらうことができるのでしょうか。このページでは、CMプランナーの初任給・平均的な給与・平均的な年収など収入についてご紹介します。

CMプランナーの初任給

CMプランナーの初任給はどの程度もらうことができるのでしょうか。CMプランナーの初任給は就職する企業によってさまざまです。平均すると約20万円になります。

企業による待遇の違い

CMプランナーは、就職する企業の業績によって大きく金額が異なります。業績の良い一流の会社に就職をすれば、22万円〜27万円前後の初任給が期待できます。一方で中小の企業になると価格は大きく減り20万円前半ということも考えられます。

就職する企業によって、給与が異なるので少しでも高い給与を期待するのであれば、大手企業を目指すようにしてください。

中小と大手どちらが有利

CMプランナーとして、中小の広告会社と大手の広告会社どちらが良いのでしょうか。CMプランナーを目指す多くの人が、大手の広告代理店に入社することに憧れると思いますが、大手の方が優れているというわけではありません。

CMプランナーは、その人のスキルが最も重要な判断材料になるため、中小の広告代理店に入社しても一流のCMプランナーとして活躍している人もいます。そのため、良し悪しで判断するのではなく、自分が理想としているCMを作っている会社や、憧れのCMプランナーが在籍した会社に就職するようにしてください。

CMプランナーの平均給与

CMプランナーがどの程度の平均給与を受け取っているのでしょうか。CMプランナーはフリーランスとして活躍している方が多いため、細かい給与を算出することが難しい職業です。しかし、稼いでいる人であれば50~100万円、稼げていないCMプランナーでも25~40万円ほどは給与として受け取っています。

給与の差が激しい理由

CMプランナーの給与が差が激しい理由は、受注する仕事の予算が大きく関係しています。制作費が多い作品を手がけることになれば、報酬が自然と高くなるので、高い給与を受け取ることができます。一方で、安いCM制作しか受注していないと予算も必然的に安くなってしまうので、あまり稼ぐことができません。

また、広告代理店などに就職をしているCMプランナーは固定給になるため、いくら優秀な作品を手がけても給料が30万円前後になってしまうということも考えられます。一方で、フリーランスのCMプランナーとして働けば、給与を自由に設定することができるので、企業に就職するCMプランナーに比べると高い給与の人がいるケースもあります。

フリーランスとして必要なこと

フリーランスになると、給与があがるということは給与の違いを比較しても一目瞭然です。しかし、広告代理店などで働いていた人がフリーランスとしていきなり活躍することが容易なのでしょうか。フリーランスとして働くために必要なことを見ていきましょう。

過去の実績が豊富

フリーランスとして仕事をコンスタントに受注するためには、過去の実績が重要です。フリーランスのCMプランナーは、過去にどんな作品を手がけてきたかが重要な判断材料になります。感動系のCMを作りたいというクライアントであれば、感動系の作品が得意なCMプランナーに仕事を発注することになります。

過去の実績が豊富であれば、CM制作の依頼が舞い込んでくる可能性があるので、フリーランスとして活躍したいのであれば、社内で実績を積み上げてから目指すようにしましょう。

独創的なアイデアを持っている

CMプランナーは、CM作品のアイデアを提案する仕事でもあるので、独創的なアイデアは必要不可欠です。独創的なアイデアを持っているかどうかが、フリーランスのCMプランナーが仕事を多く受注できるかハッキリするポイントでもあるので、斬新なアイデアを日頃から蓄えておくようにしましょう。

異業種のコネクションが豊富

フリーランスのCMプランナーが活躍するためには、あらゆる業界とのコネクションをどれだけ持っているかということがとても重要になります。コネクションを多く持っていれば、さまざまな業種のCM制作に携わることができる可能性があります。

コネクションがなければ、仕事を受注するチャンスが減りフリーランスとして活動することができないので、まずは広告代理店に入社をして、さまざまな作品を手がけコネクションを作ることに力をいれましょう。

営業力がある

フリーランスをして独立したばかりの頃は、営業力が必要不可欠になります。営業力の弱いCMプランナーは仕事を受注する可能性が低くなってしまうので、これからフリーランスとして独立することを考えている方は、クリエイティブな能力だけでなく、営業力を身につけてから独立するように心がけてください。

CMプランナーの平均年収

各種求人情報などからCMプランナーの年収を統計すると、400〜600万円程度になります。フリーランスで稼いでいる人であれば、4,000万円以上稼いでいる方も少なくありません。CMプランナーとして年収をあげたいのであれば、会社で働くのではなく、フリーランスとして働くことをオススメします。

参考リンク:CMプランナー関連の求人|indeed

1,000万円以上を目指すために必要なこと

年収1,000万円以上稼ぐことができるCMプランナーになるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。年収1,000万円以上稼ぐCMプランナーになるために何が必要とされるのか、詳しく紹介していきます。

インプットを多くする

優秀なCMプランナーは、映画、テレビ、CMとさまざまなメディアから情報を得ています。インプットが多いと、演出のバリエーションが増え今までのCMにないアイデアを思いつく可能性があります。優秀なCMプランナーになればなるほど、インプットの大切さを理解しているので、インプット作業を積極的に行うようにしましょう。

SNSで注目される

最近では、仕事の受注窓口が代理店を通してだけでなく、さまざまな場所から仕事の話が舞い込んでくることがあります。仕事を多く受注するためには注目を浴びる必要があります。フリーランスとして活躍するCMプランナーの多くは、SNSを開設し多くのフォロワーを獲得しています。

フォロワーが多ければ、仕事を受注する可能性が高くなるので、積極的にSNSで情報を発信し注目を集めるようにしましょう。

新しいことに対して積極的に挑戦する

一流のCMクリエイターは、挑戦し続けている人が多く、失敗を繰り返しながら良い作品を生み出しています。これからCMプランナーとして活躍したいのであれば、チャレンジ精神を忘れずに挑戦しましょう。

一流のCMプランナーになるために必要なことは実績作りです。しかし、良い実績を作るためにはマインドが必要です。今回紹介したようなマインドを常に心がけておけば、1,000万円以上も夢ではないので、諦めずに挑戦をしていきましょう。

CMプランナーの給与・年収まとめ

独創的なアイデアが発揮される場所

CMプランナーは、最終的に独立し自分の力で稼ぐ人が多くいます。CMプランナーとして稼げる人とそうでない人の違いは、完成するCMの質です。

良い作品を多く生み出すことができるCMプランナーは、多くの顧客から注文が殺到し、収入面で困ることがありません。海外でも評価されるようなCMを製作できるプランナーは、1億円以上の収入を得ることも夢ではないと言えるでしょう。

このような優秀なCMプランナーになるためには、日頃からさまざまな作品に刺激を受ける必要があるので、これからCMプランナーを目指す方はぜひ参考にしてください。

CMプランナーの参考情報

平均年収400万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

CMプランナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB